•      

今年はいつ?起源は?カナダの感謝祭(サンクスギビングデー)知っておきたいこと6つ

   
  

カナダでは10月に祝日が一つあります。それは、感謝祭!英語ではサンクスギビングデーと呼ばれています。

カナダに初めて来たという方は、「ん?感謝祭って何?そもそも何に感謝するの??」という方も多いかと思います。そこで今回は、サンクスギビングデーがいつなのか、一体どういう日なのか、何を食べるのが一般的なのか等を6項目に分けて紹介します。

1. 今年のサンクスギビングデー(Thanksgiving Day)はいつなのか?

カナダだけでなく、アメリカでも祝日としてサンクスギビングデーがあります。2021年のサンクスギビングデー(感謝祭)は両国で以下のようになります。せっかくなので、2022年、2023年の日付もお伝えします。

2021年
カナダ : 10月11日(月)
アメリカ:11月25日(木)

2022年
カナダ : 10月10日(月)
アメリカ:11月24日(木)

2023年
カナダ : 10月9日(月)
アメリカ:11月23日(木)

日付は毎年異なるのですが、決まりがあって、

カナダ⇒10月第2月曜日
アメリカ⇒11月第4木曜日

となっています。これを覚えておくと、季節が近づいてきたとき「あれ?サンクスギビングデーいつだっけ?」となっても、すぐに正確な日付が分かるかと思います。

サンクスギビングデーには、どちらの国でも政府機関や会社・学校などが休みとなります。(後述しますが、祝日になっていないカナダの州もあります)お店も閉まっているところが多いので、注意しましょう。公共交通機関も土日または祝日のスケジュールで運行される可能性があります。

アメリカではサンクスギビングデーの翌日は年に1度の大セールの日「ブラックフライデー」となっているので、木・金・土・日と休みになる人も。サンクスギビングデーの後も3日間休みというワクワクが待っているのは、カナダ在住者からすると、ちょっとうらやましい?!

ちなみに、感謝祭はセントルシア(東カリブ海に浮かぶ島国)、グレナダ(カリブ海の小アンティル諸島南部の島国)、リベリア(西アフリカに位置する共和制国家)など他の国でも国民の祝日となっています。

 

2. 感謝祭っていうけど、そもそも何をお祝いして、どんなことをするの?

カナダではサンクスギビングデーには、秋の収穫に感謝をささげる日となっています。

余談ですが、似たような名前の祝日で日本には「勤労感謝の日」があり、こちらももともとは農作物の収穫を祝うための祝日として始まったといわれています。(今は農作物に限らず、「勤労を尊重して、生産を祝って、国民がお互いに感謝し合う」ことを趣旨にしています)

感謝祭の日に何をするかというと、家族や恋人、親しい友人などといっしょに感謝祭の定番の食事をするのが一般的となっていますが、特に「これをしなくちゃいけない」と決まったものはありません。日本のお正月みたいな感じでしょうか。

カナダにお住まいの皆さんの周りでも、「サンクスギビングデーには故郷の家族の元に帰省する」という方も多いかもしれません。そのため、多くのお店が閉まっていることも含めて街がいつもより静かになったりします。

 

3. アメリカとカナダのサンクスギビングデーの日付はなぜ違う?感謝祭の起源は?

アメリカとカナダでサンクスギビングデーの日付が違うことに「なんで??」と疑問に思う方も多いかと思います。その理由の一つは、カナダでの初期の感謝祭のお祝いは北部での冬の早い時期の始まりに起因しており、「収穫期が早く終了した」ことだといわれています。

感謝祭の起源は諸説あって、「カナダの感謝祭の日付の起源についての正確な情報はない」と一部の研究者は語っていますが、ここではCBC Kids のこちらの記事「How did we get Thanksgiving and turkeys?」の情報を参考までにお届けします。

上のCBC Kidsの記事によるとカナダの感謝祭は、イギリス人探検家マーティン・フロビッシャーが1578年に北極圏の荒れた海から無事にカナダに到着することができたことに感謝する饗宴を開催したのが始まりとなります。

この饗宴の食事は船の貯蔵庫のものを使ったとされていて、ほとんどがエンドウ豆をマッシュしたものと塩漬けの牛肉で、味はそこまで美味しくなかったとか(汗)

しかしこれが伝統となり、マーティン・フロビッシャー(Martin Frobisher)がカナダで感謝祭を行った最初のヨーロッパ人入植者といわれるようになりました。

ただ、実はこれより前からカナダの先住民族は秋の収穫を祝う長い歴史があったともいわれています。

 

4. 過去には感謝祭の日付が違ったってほんと?

感謝祭は1879年以前までは毎年恒例のカナダの祝日にはなっていなかったんですね。

また、カナダでは19世紀後半まで感謝祭の決まった日付がありませんでしたが、それでも19世紀終わりまでサンクスギビングデーはたいてい11月の第1週にあったそうです。

1920年以降はリメンバランスデー(カナダの戦没者の追悼の日)と同時になることがよくあったため、2つの日の衝突を避けるべく、1957年にカナダ議会が感謝祭が10月の第2月曜日に行われることを宣言したといわれています。

その宣言以来、現在まで10月の第2月曜というのは変わっていません。

 

5. カナダの一部ではサンクスギビングデーは祝日ではないって知ってた?

バンクーバーやトロントにお住まいの方は知らない方も多いかもしれませんが、実はサンクスギビングデーはカナダ全土の祝日というわけではありません。

以下のカナダ東部にある州ではサンクスギビングデーは祝日になっていないため、任意の休日となっています。

・ニューブランズウィック州(New Brunswick)
・ノバスコシア州(Nova Scotia)
・プリンスエドワードアイランド州(Prince Edward Island)
・ニューファンドランド&ラブラドール州(Newfoundland and Labrador)

6. 感謝祭ディナーは、何を食べるのが一般的?

先ほどもお伝えした通り、サンクスギビングデーは多くの人が家族や友人と過ごしたりするのが一般的です。そしてサンクスギビングデーのディナーには定番メニューがあります。


(※以前LifeVancouverスタッフがいただいたサンクスギビングデーディナーはこちら)

ここでは、どんなものがよく食べられているのか紹介します。(※以下紹介するものがすべてでは無く、秋に収穫されるものが多く使われている印象です)

①七面鳥(ターキー)の丸焼き

例年サンクスギビングデー前になると、スーパーなどで冷凍の七面鳥が大量に並びます。七面鳥の中には、野菜や食パンを使った「スタッフィング」という詰め物などを入れて一緒に焼くのが一般的で、メインディッシュとなります。

「ターキーはパサパサしていてあんまり得意じゃない」という人もいますが、「上手に焼けばジューシーになってうまい!」という人も多々います。

②グレービーソース

七面鳥や他の野菜にかけていただくグレービーソースも、サンクスギビングデーディナーの定番です。

グレービー(gravy)とは「肉汁」を意味していて、グレービーソースは肉汁を使って作られるソースのこと。

スーパーでもパウダータイプの便利な商品もあるので、「七面鳥の出汁でグレイビーソースまでつくるのはめんどくさいかも」という方は、利用してみてください。

③クランベリーソース

グレイビーソースとともに七面鳥に合わせられるのが、秋に収穫される果物クランベリーのソースです。

サンクスギビングデー前になると、多くのスーパーなどで生のクランベリーもたくさん売られていますが、缶詰のクランベリーソースも売っているので、ぜひ。

最初は「え?クランベリーソースをターキーといただくの?!合うの?」と驚く方もいるかもしれませんが、LifeVancouverスタッフ的にはクランベリーソースの酸味がかなり合うと思っています。

④マッシュポテト

サンクスギビングデーには、マッシュポテトも欠かせません。前述したグレービーソースをかけても美味。

⑤さつまいも

カナダで主流のオレンジ色果肉のさつまいもを使った料理も定番です。さつまいもも秋の味覚ですよね。

黒糖やマシュマロを絡めた「candied yams」などがよく食べられているのではないでしょうか?

⑥芽キャベツ

こちらも秋に特に出回る芽キャベツ。LifeVancouverスタッフは以前カナダの八百屋で働いていたのですが、サンクスギビングデー当日は芽キャベツが飛ぶように売れるので、すぐに売り切れになって「もう芽キャベツ無いの?」と何度も聞かれた苦い想い出があります。

半分に切ってローストしていただくことも多いようです。

⑦いんげん

いんげんを使ったキャセロール(green bean casserole)も人気のサイドディッシュです。キャセロールは、サンクスギビングデーだけでなく、ポットラックでも人気ではないでしょうか?

ちなみにfoodnetwork.caによると、インゲンの旬は7月~9月でした。

⑧パンプキンパイ

カナダでは秋に各地でパンプキンパッチも行われ、10月末のハロウィンも一大行事ですよね。サンクスギビングデーにもパンプキンパイがよく食べられています。

「パンプキンパイの味があんまり得意じゃない」という方は、同じく秋の味覚であるりんごのパイをデザートにいただくのもいいかもしれません。

以下、CBCがコロナ禍におけるサンクスギビングデーディナーレシピを提案していたので、シェアします。

 

最後に:レストランでサンクスギビングデーディナーも全然アリです

ということで、いかがでしたか?

最後になりますが、「サンクスギビングデーは料理もせず家でゆっくりと過ごしたい」「いつもターキー焼いても余って困っている」「ターキー用意してサイドディッシュも用意していると、全然時間が無い」という方もいるかと思います。

そんな場合は、レストランがサンクスギビングデーディナーを期間限定で提供しているところもあるはずなので、お住まいの場所周辺で探してみるのもいいかもしれません。

それではみなさん、コロナ禍なので安全面も考慮しつつ、良いサンクスギビングデーをお過ごしください!ハッピー・サンクスギビング!

Topへ