•      
  • mobi bike

バンクーバーの自転車シェアサービス「mobi」完全ガイド!これを読めば全て分かる!

   
  

mobi-title

※2023年6月に情報をアップデートしました

世界一「エコ」な都市への更なる一歩!
遂にバンクーバーでも「自転車シェアサービス」が始まりました!

観光客向けの自転車レンタル屋さんはたくさんある中、観光者だけでなく地元に住んでいる人、ワーホリや学生さんも使えるレンタルサービスが導入されました。その名も

「mobi」(モービー)!

 

 

1.自転車シェアサービス「mobi(モービー)」って何?

自転車シェアサービス「mobi」は、Shaw GOが運営する一種の自転車レンタルサービスみたいな感じです。(当初は Shaw GO によるものでは無かったので、自転車のデザインが今は異なっています)
一般の自転車レンタル屋さんと違うのは、店舗に自転車を借りに行かなくてもいいところ。

バンクーバーのダウンタウン周辺各所にmobi専用の駐輪場があり、そこに止めてある自転車を自由に使えるシステムなんです。しかも借りた駐輪場に返却する決まりはないので、他の場所に返すのもOK!

2022年8月には合計500台のE-Bikeに加え、50ヶ所の駐輪場(その内30ヶ所はE-Station)が新たに追加され、現時点でレンタル可能な自転車は約2,500台、駐輪場は約250ヶ所となっています。

坂などが多いところに行くときは、 E-Bike が大活躍しそうですね!

2.mobi bikeの大きなメリット

1. レンタルが早くて簡単!専用の駐輪所に行ってコードを入力するだけ!

13645185_1814174265477139_2395510551916917784_n
photo from Mobi by Shaw Go

mobi専用の駐輪場は駅前や大通りにあります。そこに行き、自分のコードを入力するだけで使用可能。
バスで通勤・通学もいいですが、満員だったときのことを場合を考えると、mobi の方が快適に通学・通勤できそうですね。

2. 24時間365日いつでも借りられる!返却場所も多数!

13662229_1817713768456522_87615877571328856_o
photo from Mobi by Shaw Go

24時間365日いつでも気兼ねなく使えます。そして返却場所もダウンタウンにたくさんあるので、普通の自転車レンタルショップと比べても便利かもしれません。
・ちょっとしたサイクリングに行きたくなったとき
・急なおつかいを頼まれたとき
・用事で近場に出かけることになったとき

など、使える頻度は高そうですね。

3. シェアサービスだから維持費不要=邪魔にならない!

13876482_1821531664741399_4427680689277023435_n
photo from Mobi by Shaw Go

カナダ留学中に自転車を購入する方も多いですよね。ただ、パンクなど自転車が故障することも考えられ、盗まれたという話もちらほら。
mobi はシェアサービスなので、維持費がかかりません。家の中に入れて保管する必要もないので、けっこう便利。
そしてエコで健康的なメリットも大きいですよね。

 

3.プランの種類(料金形態)

通常のレンタルプランは合計5種類あります。
ちなみに、パスの場合だと利用回数は無制限。一回ごとの連続利用時間が異なりますが、返却時間ギリギリに駐輪場にmobiを戻し、そこからすぐに借りれば、またカウントが始まる仕組みです。

プラン名 内容
使った分だけ
1回1ドル、1分25¢。ちょこっとだけ使いたいときに。
E-bikeは1回$1.50。1分35¢。
※どちらも最低$3ドルから利用可能。
24時間パス
1日乗り放題。19ドル支払うことで、24時間有効。1回あたりの利用は30分限定。
E-bikeは30分以内の利用なら1分25¢。30分を超えると1分35¢。
※制限時間を超えると1分あたり25¢の追加料金がかかります。
30日間パス
39ドル支払うことで、30日間乗り放題。1回につき、30分限定で使えます。
E-bikeは30分以内の利用なら1分25¢。30分を超えると1分35¢。
※制限時間を超えると1分あたり25¢の追加料金がかかります。
365日パス(スタンダード)
139ドル支払うことで、365日間乗り放題。1回につき、30分限定で使えます。
E-bikeは30分以内の利用は1分15¢。30分を超えると1分35¢。
※制限時間を超えると1分あたり25¢の追加料金がかかります。
365日パス(プラス)
169ドル支払うことで、365日間乗り放題。1回につき、60分限定で使えます。
E-bikeは60分以内の利用は1分15¢。60分を超えると1分35¢。
※制限時間を超えると1分あたり25¢の追加料金がかかります。

photos from mobibikes.ca

上記の他に、企業用の365日プランが2種類あります。

 

4.会員登録方法

po
photo from mobibikes.ca

1:PCまたはスマートフォンで、まずは公式サイトへ

●WEBサイトで登録
https://www.mobibikes.ca/en/offers-subscription

●アプリをダウンロード

photo from mobibikes.ca

2:5つのプランの中から好きなものを選んで、SIGN ME UP! をクリック


photo from mobibikes.ca

※24 HOUR PASSは購入後からカウントが始まりますのでご注意ください。
30 DAY PASS、365 DAY PASS STANDARD、365 DAY PASS PLUSは自動で更新されます。

3:プロフィール、クレジットカード番号など必要な情報を入力

Eメール / 4桁のパスワード / 姓 / 名 / 住所 / 郵便番号 / 携帯番号 / 住んでいる市 / 住んでいる国 を入力

利用規約に同意

クレジットカード情報を入力

4:7桁のコードがメールで届くので、大事に保管!登録完了!

こちらのコードが自転車をレンタルするときに必要!

 

5.mobi bikeの乗り方

usecode
photo from mobibikes.ca

ユーザーコードをお持ちの方は以下の手順です。

1:レンタルしたい自転車を決め、画面の指示に従ってください
2:7桁のユーザーコードを入力してEnter
3:登録時に決めた4桁のパスワードを入力する
5:「ピー」という音が鳴ったらロック解除が成功!ここから時間カウント開始!
利用プランによると思いますが、User Card または RFID card をお持ちの場合は、以下の手順で自転車を使うことができます。(新しい RFIDカードを有効にすると、7 桁のユーザーコードでは乗車を開始できなくなります)

1.画面の指示に従う
2.RFIDカードをスキャン
3. 4桁の PIN を入力して Enter を押す
4. 音がしたらバイクを降ろしてドライブを楽しみましょう!

 

6.mobi bikeの一時駐輪方法

mobi2
photo from mobibikes.ca

途中で買い物をしたいとき、専用の駐輪場で止められないときなどは、以下の方法で。

1: Enter を押す
2:登録時に決めた4桁のパスワードを入力し Enter を押す(RFID カードをある人は、それをスキャン)
3:ワイヤーを引き出してロックすれば完了!再度使うときはパスワードを入力→ Enter を押す→ロックを外してケーブルを戻せばOK!

※自転車が駐輪ドックを離れている間は、トリップタイマーは作動しているので、途中でどこか立ち寄った際などもそれを考慮しておきましょう。途中どこかに寄りたい場合でも、利用可能な駐輪ドックを見つけるのがコスト的にベストです。

 

7.mobi bikeの返却方法

zitensya
photo from mobibikes.ca

1:駐輪ドックに自転車をきちんとはめ込む
2:一回ビープ音がすれば、返却完了!3回ビープ音がしたら、もう一度トライ!

 

8.駐輪場はどこ?今使える台数は?


photo from mobibikes.ca

駐輪場に止めてある現在の自転車の数は、こちらから見ることができます!

自転車が豊富にあるところは緑、少ないところは赤で表示されています。

 

9.カナダで自転車を使用する際注意しないといけないこと。ここが日本と違う!

★安全第一!ヘルメット着用は義務
自転車を乗っているときは必ずヘルメットをかぶりましょう。ヘルメットの着用は州の法律で義務付けられています。かぶっていなところを見つかると、罰金を徴収される場合もあります。

★車道や自転車専用レーンを走りましょう
自転車は法律上、車と同じ扱いなので、ちゃんと車道を走りましょう。歩道は歩道者、または歩いて自転車を押す人のためにあります。

★飲酒走行は厳禁!

★歩行者が優先

★信号などの交通ルールを守りましょう。曲がったり止まったりするときの合図を忘れずに!
手信号2


ということで、まだ利用したことが無い方にとって、この記事が少しでも参考になれば幸いです。

皆さんもぜひ利用してみてください。

参照元:公式サイト
https://www.mobibikes.ca/

Topへ