バンディッツを今年も応援しよう!CEBL2021シーズンのスケジュールとダニエル・アデドラン選手へのインタビュー

   
  

2020年に、BC州唯一のプロバスケチーム Fraser Valley Bandits公式日本語メディアパートナーにLifeVancouverが就任したことは、皆さんもうご存知のはず!(知ってて欲しい!)

そんな我らのバンディッツですが、2021年のレギュラーシーズンのスケジュールが既に発表となっているので、今回はその情報をシェアしたいと思います。

さらに記事後半では、バンディッツのダニエル・アデドラン選手へのインタビュー内容もお届けするので、ぜひチェックしてみてください!


 

今年もフレイザーバレーバンディッツを応援するぞぉお!!我らがバンディッツの2021年スケジュールは?

カナダのプロバスケットボールリーグCEBL所属のバンディッツ。

2019年の初シーズンは予選敗退、そして翌年2020年はなんと準優勝を飾りましたが、2021レギュラーシーズンのスケジュールが既に発表されていますよ!

バンディッツの初試合は、ホームコートにて2020シーズン王者であるエドモントンスティンガーを迎えて、6月5日(1PM)に始まります。

今シーズンは14試合が行われる予定で、ファン達が試合会場を訪れることができる可能性をより高めるために、当初の5月中旬ではなく、6月5日までシーズン開始日が延期されました。

バンディッツのバイスプレジデントであるDylan Kular氏は、ニュースリリースの中で以下のように語っていますよ。

私たちが2021年のスケジュールを決める際、ファン、選手、役員、スタッフの健康と安全が最優先事項として、今年の夏にできるだけ多くのファンがホームであるアボッツフォードセンターで試合を観戦することができる可能性を高めるための検討を行ってきました。

今年の夏までに、私たちの地域とコミュニティがCOVID-19との戦いでより良い状況となり、公開集会の制限緩和により、一部のファンが試合に参加できるようになることを願っています。

ライブイベントとエンターテインメントは、コミュニティの活性化に不可欠な役割を果たしており、バンディッツはできる範囲でコミュニティに貢献したいと考えています。

また、「もし会場で応援できるようになったとしても、新型コロナウイルスの影響を考えると、まだ会場に行くのはちょっと・・・」という方もいるかと思います。

そんな方は、CBCSports.ca CBC Gemのアプリでも試合観戦できるということなので、ぜひ事前にチェックしてみてください!

 

注目したいダニエル・アデドラン(Daniel Adediran)選手のインタビュー

ここからは、 freelance writer & FIBA agent Teru Ikedaさんによるバンディッツのダニエル・アデドラン選手へのインタビュー内容をお届けします!

LifeVancouverスタッフは、今シーズンで特に活躍してくれるのではないかとかなり期待している選手なので、ぜひインタビュー内容を確認してみてください。

ちなみにダニエル選手は現役大学生の選手で、バンディッツではいわゆるインターン的なカタチで活動していますよ。


同じバックコートのポジションをプレーしていたベテラン選手と一緒のチームになり、ジュニア、マルコムとジャヘンズ選手をベンチから見る事が出来て、何を学びましたか?
彼らだけじゃなくて、僕はチームの皆さんからたくさんのことを教えてもらいました。バスケの知識を僕に共有してくれて、そのことにとても感謝しています。
僕はただのU SPORTS選手だったのに、自分のためにみんな貴重な時間を割いてくれて、プロとしての知識を与えてくれました。その知識を僕は大学チーム、そして今後にも生かしていきたいと思っています。

バンデッツでの経験は、プロバスケを目指している貴方にどのような影響を与えたのでしょうか?
プロバスケリーグでプレーするということで、モチベーションが劇的に上がりました。プロになる道は厳しいため、僕の能力に足りないところや、忍耐力の必要性も教えてもらいました。
高校卒業後、プロバスケ選手になるのがずっと目標でしたが、大学でプレーし始めてから思うようにプレー出来なかったり、シーズンが思うようにいかなくてプロになる夢を諦めかけたこともありました。でも、バンディッツの一員になれて、一緒に練習させてもらって、プロになりたいという想いが蘇り、より強くなりました!

プロ選手と一緒にプレーして学んだ事で、何が一番大切だと思いましたか?将来に、そのことをどのように生かしますか?
プロの世界にはベースライン(必要とされる一定のスキル)があり、プロとして持つべきメンタリティーとフィジカル(身体能力)があると思いました。そして、今自分が持っている技術をより磨くことも大切だと思いました。
また、ヘッドコーチのカイル・ジュリアス氏から、プロの選手達は自分が出来るベストをコートの中で尽くしているだけだと聞き、プロのゲームは意外にシンプルなんだと学びました。
だから今の自分に何が出来るかを探して、それを世界に通用するレベルにもっていくべきだと思いました。3ポイントシュート、ジャンプ・シュート、リバウンド、チャージをもらうことなど、何でもいいと思います。
プロの世界では、みんな各々が特別な「武器」を持っています。そして、僕も何か自分だけの武器を持たなければいけないと感じています。

 

バンディッツをみんなで応援しよう!

ということで、新型コロナウイルスの影響の不安はあるものの、今からシーズン開始が楽しみですね!

繰り返しとなりますが、バンディッツのシーズン初試合は6月5日(1PM)です!

今年のバンディッツは優勝をしっかり狙うぞぉおお!!!!!!!

Topへ