日本企業?中国企業?日本人が知らない日本風雑貨店MINISOとは

   
  

最近、バンクーバーに続々とオープン中の日本風の雑貨屋さん「MINISO(名創優品)」
読み方はミニソウではなくて、メイソウです。

昨年5月にバンクーバーのウエスト・ブロードウェイに第1号店をオープンしたのご存知の方も多いかと思いますが、
今年の5月にはデルタのトワッセン・ミルズのショッピングモールにもオープン。
そして先日8月12日にダウンタウンのグランビルストリートにも新しいお店がオープンしました。

メディア向けに出された告知には、「Japanese lifestyle retailer MINISO」と書かれていますが、日本では見たことも聞いたこともない、という人が多いかと思います。

そこで今回は、日本人はほとんど知らないけど、なにやら日本っぽい雰囲気と日本推しなこのMINISO(名創優品)(以下MINISO)について、まとめてみました。

日本人がざわついた“日本風味”のお店の登場

2013年後半から広東の地方都市を皮切りに、中国で続々とオープンしたMINISO。

ロゴがユニクロ、名前や価格設定が日本の百円均一ショップのダイソー、ブランドコンセプトや名前、一部の商品が無印良品に似ていることから、現地の日本人の間で「あれは何だ」と注目されることに。

「日本の安くて可愛いお店」として中国の女性達の間でまたたくまに人気となったMINISOは、「ユニクロ、ダイソー、無印を足して3で割った日本っぽい中国のお店」として、日本人の間では違う意味でも話題に。

思わずツッコミたくなる変な日本語たち

特に商品や広告に書かれる変な日本語により、日本人の間で「ナニコレ面白い」現象が発生。

大真面目です。 #メイソウ

A post shared by Yoyomaster Taka (@taka_spingear) on

なお、現在の時点ではこうした変な日本語は大幅に見直されて、ちゃんとした日本語になってきている模様です。

そもそもMINISO(名創優品)ってどんな会社?


photo from MINISO

公式Webサイトによれば、MINISOは現在の時点で、アメリカ、カナダ、ロシア、シンガポール、韓国、香港、タイ、マレーシア、トルコ、アラブ首長国連邦など世界50以上の国と地域に出店3年で1000店以上をオープンし、2016年の売上高は約15億ドル(おそらくUSドル)毎月80〜100店のペースで店舗数を増やしているとのこと。(参照:全世界での店舗展開※2017年8月現在

ちなみに参考までに、国内約3000店、海外約1500店を展開する日本の100円ショップ最大手ダイソーの2016年売上高は3950億円(およそ36億USドル)です。


photo from MINISO

昨年2016年5月にバンクーバーにカナダ1号店をオープンした際、メディア向けの告知では今後カナダでの500店舗展開を目指していると発表しています。

ちなみにまたまた参考までに、カナダ国内にあるセブンイレブンの数は652店です(2017年6月末現在)。そう考えると、カナダのあちこちで目にする感がありますね。

A post shared by Miniso (@miniso.official) on


(2017年8月上旬にはイスラエルとも提携し出店決定。イスラエルの旗とともに日本の旗。)

実は日本にもある?

日本人があまり知らないこのMINISOですが、2014年7月にオープンした池袋店を筆頭に、東京に4店舗(池袋、高田馬場、原宿、渋谷)だけ存在します。

創業者の1人は日本人?


photo from MINISO
MINISOによれば、MINISOの始まりは中国人の葉国富さん日本人デザイナーの三宅順也さんとの共同創業とのこと。MINISOの公式サイトのプロフィールによると、三宅さんは日本の文化服装学院を卒業したデザイナーさんだそうです。

#2017augkorea #メイソウ おまえは誰だ… #MINISOU #JunyaMiyake

A post shared by aruko (@rkostory) on

三宅さんについての情報は上記以外に調べても見つかりませんでしたが、2014年上旬の日経ビジネスオンラインの記者のインタビューによると、その際のお歳が41歳とのことですので、現在44歳になられる方と思われます。

日本の企業?中国の企業?

A post shared by Miniso (@miniso.official) on

2017年8月現在のMINISOの公式サイトのブランド説明によれば「株式会社名創優品産業により2013年9月にMINISO名創優品は中国へ進出」とあります。

ただし、上記の創業者の三宅さんへの日経ビジネスオンラインのインタビューにて、「名創優品は中国の企業ですか? 日本発という触れ込みですが?」という記者の質問には、「資本、運営とも中国企業がやっている」と三宅さんは回答していらっしゃいます。

中国や日本で話題になった当初、その変な日本語や事実とは違う表記や広告に対して批判が相次ぎ、MINISOは謝罪文を出していますが、その表記によると、日本側の企業名は「株式会社名創優品産業」(商品に記載されている名称)、中国側の運営企業名は「株式会社葆扬」となっています。

ちなみにこの日本側の企業「株式会社名創優品産業」の代表取締役は、エン・ジャパンの求人サイトによると現在では三宅さんではなく違う方に変わっていらっしゃるようです。

中国国内ではMINISO自体の模倣店も続々

日本の企業を模倣する形で成功をおさめているMINISOも、今やその人気から逆に模倣される側の存在になり、中国国内にはMINISOの模倣店が続々。

A post shared by Yu Ohata (@blackyu) on

「山寨(サンサイ)精神」「山寨商法」と呼ばれる、模倣する商売がビジネス文化にある、いかにも中国らしい現象です。

グレーターバンクーバーに続々オープン

さて、いろんな意味で話題性のあるMINISOですが、昨年のウエスト・ブロードウェイ、今年5月のトワッセン・ミルズのオープンにつづき、先日8月12日にはダウンタウンのグランビルストリートにオープン。大々的にオープニングセレモニーが行われました。

A post shared by MINISO Canada (@miniso.canada) on

店舗面積は4900スクエアフィートの広さ
実際に行ってみましたが、店内は広々として、日本のお店のような整然とした商品の並べ方でした。

A post shared by TDR Electric Inc. (@tdrelectric) on

商品の価格帯は、安くて$1.99一番高いスピーカーが$36.99でした。メインの価格帯は$2.99〜4.99です。

化粧品や食器・キッチン用品や文具、インテリアなどの日用雑貨

(女性が好みそうな多色なペンなどは$2.99、フライパンは$14.99)

帽子、アクセサリー、アンダーウェア、スカーフなどのファッション雑貨から、

(ユニクロっぽい包装のTシャツやアンダーウェアは$7.99、キャップは$4.99)

スマホの充電器やヘッドホン、スピーカー、時計などの電子機器まで

(MINISOオリジナルの細長いスピーカーはは$36.99、時計は$7.99)

充実の品揃えです。

今後は、続いてリッチモンド (8010 Saba Road) とバーナビのSFUのキャンパス内(8920 University High Street)にもオープンする予定とのことです。

なんだかんだで便利

日本ブランドを模倣して商売を成功させている企業として、日本人としてはなんとも複雑な気持ちですが、
低価格で日本のような細やかな品揃えをカナダで手に入れられるのはとても便利。

A post shared by Miniso (@miniso.official) on

特に日本人に限らず、生活コストを抑えたいバンクーバー在住の留学生さんや一時滞在者の方々にとっても助かる存在になるのではないかと思います。

ビジネスのやり方はどうあれ、多くの消費者の生活ニーズに応え、海外にはない日本的な気のきいた商品が揃っていて、世界で人気なのもよくわかります。

A post shared by Miniso (@miniso.official) on

個人的には、なぜこれを日本の企業ができなかったのかなと、いろいろ考えさせられているこのMINISOの存在。
ただ、海外でのビジネスはたしかに「始めたもの勝ち」な傾向なのは事実。

異文化や多民族が交じる都市バンクーバーの中で生活する1人として、日本企業か中国企業かという事よりも、消費者としてその商品やサービスについてできるだけ正しく理解し、その上で自分に必要か合っているかで選んでいきたいなと、個人としては思っています。

さてさて、皆さんはこのMINISOのバンクーバー出店ラッシュ、どう受け止められているでしょうか。

MINISO(名創優品)公式日本語サイト
グレーター・バンクーバー圏の店舗
ウエスト・ブロードウェイ店 1256 West Broadway
トワッセン・ミルズ店 #317 Tsawwassen Mills
ダウンタウン – グランビル店 550 Granville
リッチモンド店(開店準備中)8010 Saba Road
SFUキャンパス店(開店準備中)8920 University High Street

Topへ