バンクーバーの「ヒト」に注目!第4回目、葉っぱ居酒屋オーナー・ジャスティン・オルトさん

   
  

バンクーバーのこの「ヒト」に注目!

第4回目は、葉っぱ居酒屋(Hapa Izakaya)オーナー、
ジャスティン・オルトさんです。

justin1ジャスティンさんはバンクーバー出身の日系4世。
バンクーバーの大学を卒業後、日本文化を学ぶため日本の大学に入学。その後、日本の外資系商社で7年間ブローカーとして勤務。2003年、バンクーバーに戻ってきて葉っぱ居酒屋(Hapa Izakaya)をオープン。現在オーナーとして、バンクーバーに4つ、トロントに1つの店舗を経営されています。

今回初めての英語でのインタビューとなりました。 (緊張した〜! フー( ̄‥ ̄)=з)


Q.小さい頃から日本に興味があったんですか?

そうだね。僕の祖先のルーツは日本だから、幼い頃から親が日本のことをよく話してくれたよ。それで自然と日本文化や日本人のことをもっと知りたいと思うようになったね。いつか実際に行って、どんなふうなのかこの目で確かめてみたいと思っていたよ。

それに僕がティーネージャーの頃、ちょうど日本がバブル期で経済、技術ともにものすごく発展していた。世界中が日本に注目していたよ。
日本という国への興味はどんどん大きくなっていったね。

Q.大学卒業後、日本で10年間過ごしたそうですね。日本での生活はどうでしたか?

justin4すごく楽しかったよ!
日本にいた時はいろいろな場所に行った。九州、四国、東北などなど。どこも魅力的で素晴らしい場所だったね。
たくさん日本人の友達もできた。週末は彼らといろいろなお店にいっておいしい料理を楽しんだんだ。
日本には本当においしい料理が多いよね。
日本での日々は今でもとてもいい思い出だ。また戻りたいなぁ〜。

Q.バンクーバーに戻ってきた理由はなんでしたか?

日本での生活はとても良かった。日本で大学卒業後、外資系商社に就職できた。とても給料が良くて、会社ではいい上司、同僚がいた。すごく恵まれた環境だったと思う。
でも、だんだん仕事がつまらなく感じていったね。誰かに役に立っているという実感もあまりなかった。

バンクーバーに戻ることは本当に悩んだよ。でも、僕自身、新しいことにチャレンジしてみたかったし、妻もずっとバンクーバーに住んでみたいと思っていたんだ。そこで僕らは思い切ってバンクーバーに戻ることに決めたんだ。

Q.居酒屋をオープンしようと思ったキッカケはなんだったんですか?

日本の居酒屋がすごく好きだったのが一番の理由だね。

justin4仕事では接待でよく高級レストランに行く機会があったけど、それはあまり楽しめなかった。高くて気取った店は僕の性には合わなかったね。
でも、友達とよく行っていた日本の居酒屋は大好きだった。カジュアルで和やかでとてもリラックスできた。そんな居酒屋をバンクーバーでも開けたらいいなぁと思ったんだ。
それに僕は大学生の頃、ホテルのベルボーイとして働いていて接客業がとても好きだった。お客さんが 笑顔で「Thank you!」と言ってくれた時なんかはとても大きな喜びを感じたね。誰かの役に立っているということが実感できた。

Q.バンクーバー、特にダウンタウンには日本食店だけでなく、いろんな種類のレストランがたくさんありますよね〜。その中でも葉っぱ居酒屋の人気すごいです。日本人だけでなく地元の人にも。人気の理由はなんだと思いますか?

え〜、それは言えないなぁ〜。企業秘密だよ(笑)

一番大きな理由は、ウチの店は優秀な人材が揃っていることだと思う。
僕らの店は基本的に短期間しか働かない人は雇わない。できればワーホリの人ではなくローカルの人を雇うようにしているよ。なぜなら長く働いてもらいたいから。キッチンにしろホールスタッフにしろ、僕は最低1年以上は働かないとお客さんを満足させられる料理、サービスを提供できるようならないと思ってる。短期間4〜5ヶ月だけ働いただけじゃ何も身につかないよ。だからウチはしっかりとしたトレーニングをキッチン、ホールスタッフともに必ずするようにしてる。
justion2あと僕はすべての社員が満足して働けるように心がけている。彼らのおかげでウチの店はうまくいっているわけだからね。感謝の気持ちは忘れないよ。社員の満足度もお客さんの満足度と同じくらい大事!ありがたいことにウチの店は長期間働いてくれている社員が多いよ。

Q.バンクーバーの特徴はなんだと思いますか?

バンクーバーは移民の集まり。誰もがカナディアンさ。中国、韓国、日本、どこの出身だろうと関係ない。僕らは誰に対しても外国人という意識はもってないね。だからこそ、他の国から移り住む場所として最高だと思う。

それが日本との一番の違いかな。日本にいた時は、僕がどれだけうまい日本語を話しても“外国人”として扱われていた気がする。どれだけ長く住んでも、外見が白人だと日本人として見られるのは難しいと感じたね。

Q.ジャスティンさんのこれからの目標はなんですか?

“世界制覇を実現させる!”
ハハハ(笑)、冗談、冗談!

justin3葉っぱ居酒屋をカナダでもっと大きくしていくことだね。もっと多くの人にウチの店で楽しい気分、リラックスした気分を味わってもらいたい。
2003年に1号店をオープンして以来、多くのお客さんが来てくれるようになって、今ではバンクーバーに4つ、トロントに1つ店舗を開くことができた。
順調に成長していると思う。これからも徐々に大きくしていきたいね。
でも、僕は急いで店舗を増やしていくようなことは絶対にしない。1つの店で、お客さんを満足させるためにはしっかりした人材と入念な準備が必要だからね。お金を増やすことよりもお客さんの満足を優先させることが成功の秘訣だと思う。

Q.最後に、ジャスティンさんの好きな日本語はなんですか?

もったいない
これが僕が一番好きな日本語さ!

僕は日本にいた時、ものを大事に扱うこと、ひとを大事にすることの大切さを学んだ。それの気持ちをいつまでも忘れずにいたいね。
お客さん、社員、家族、すべての人たちにAppreciation(感謝の気持ち)を持ち続けていくよ。

 


ジャスティンさんがオーナーを務める葉っぱ居酒屋
(Hapa Izakaya)
について:

バンクーバーで人気の日本居酒屋。海鮮石焼ビビンパ、カキフライ、鯛のハーブサラダ、あげエビのマヨネーズあえなど日本から仕入れた新鮮なシーフードを使ったメニューが絶品です。ドリンクはワインやビール、焼酎、カクテルなど各種を取りそろえ、日本酒(7カナダドル~)は20種類以上を用意しています。(※店舗によってメニューは異なります)

【ロケーション】
・イエールタウン店:1193 Hamilton St Vancouver
・ロブソン店   :1479 Robson St, Vancouver
・キツラノ店   :1516 Yew St, Vancouver
・コールハーバー店: 909 West Cordova St,Vancouver
・トロント店   : 602 College St,Toronto

【Webサイト】
http://hapaizakaya.com/

Topへ