バンクーバー国際空港がターミナル利用者にフェイスカバー着用をお願い。健康安全キャンペーン YVR TAKEcare 始まる

   
  


photo from Vancouver International Airport

新型コロナウイルスの影響を考えると、「今バンクーバー国際空港を利用するのはちょっと怖い」という方も多いのではないでしょうか?

そんな中、バンクーバー国際空港が空港利用者の安全性を高めるためのキャンペーンをスタートしましたよ!

今後、空港のパブリックスペースを利用する機会がある際は、フェイスカバーを着用するようにしましょう。

 

空港利用者の安心につながる。バンクーバー国際空港が健康安全キャンペーン YVR TAKEcare をスタート

2020年6月18日にバンクーバー国際空港が健康と安全のためのキャンペーン YVR TAKEcare を立ち上げました。

このキャンペーンでは、空港にいる人の健康、安全を確保し、不安なく時間を過ごしてもらえるようにすることが目的です。

YVR TAKEcareの一環として、空港のインフラを再構成することで、シームレスかつタッチレスな旅行体験を保証することがニュースリリースに記されています。

乗客のステップはYVRのページに分かりやすく記されているので、確認してみてください。

また、意訳になりますが、バンクーバー空港のOperations & Maintenance担当副社長であるロビンマクビッカー氏は「YVR TAKEcareの立ち上げを発表できることを嬉しく思います」と語り、「乗客、従業員を含めすべての空港訪問者の安全は私たちの最優先事項です。この多層的なプログラムを通じて、乗客と従業員が空港で不安のない安心した時間を過ごすことができるように、安全で摩擦のない空港体験を創りたい」と述べています。


photo from Vancouver International Airport

現在のYVR TAKEcareキャンペーンには以下が含まれています。ニュースリリースの内容を引用・意訳してみました。

Asking that face coverings be worn at all times while in the public areas of the terminal.

・Requesting that only travellers with a valid ticket and employees who work at YVR enter the terminal building, with exceptions made for those requiring extra assistance.

・Increasing cleaning across all high-touch areas.

・Providing additional hand sanitizer throughout the airport

・Installing plexiglass at counters to provide guests and employees with an additional layer of prevention.

・Placing TAKEcare team members at key locations throughout the terminal to provide assistance and answer any questions.

・Displaying clear in-terminal signage throughout the passenger journey that encourages physical distancing whenever possible.

・Facilitating temperature screening at the entrance of security screening for some travellers. This process will become standardized in the coming days for all passengers, as announced recently by Transport Canada.

引用:バンクーバー国際空港

(意訳)
・ターミナルのパブリックエリアでは常にフェイスカバーの着用をお願いします。

有効なチケットを所持している旅行者と、YVRで働く従業員のみがターミナルビルに入ることをお願いします。ただし、アシスタントが必要な場合を除きます。

・手が触れる可能性が高いエリア全ての清掃を強化します。

・追加のハンドサニタイザーを空港内全体で提供します。

・カウンターにはガラスを設置して、利用客と従業員の予防に努めます。

・ターミナルの主要な場所にTAKEcareチームメンバーが待機。支援を提供し、質問にも答えます。

・旅客の移動中に端末内に明確な標識を表示し、可能な限り物理的な距離を保つようにします。

・一部の旅行者はセキュリティスクリーニングの入り口で体温検査を行います。このプロセスは、Transport Canadaによって最近発表されましたが、近い将来すべての乗客に対して標準化されます。

 

引き続き安全第一にバンクーバー国際空港を利用してください


photo from Vancouver International Airport

ということで、このYVR TAKEcareは政府や専門家などからの追加の指示に従って、今後も改訂される予定です。

新型コロナウイルスの影響から現在のバンクーバー国際空港は利用客がとても少ないのが現状ですが、一日でも早く元の活気を取り戻せるようになるといいですね。

バンクーバー国際空港
【TAKEcareキャンペーンページ】

Topへ