バンクーバーの「ヒト」に注目!第7回目、ヨガ講師/歌手、ウィル・ブランダーフィールドさん

   
  

バンクーバーのこの「ヒト」に注目!

第7回目は、ヨガ講師、そして歌手でもある、ウィル・ブランダーフィールドさんです。

IMG_0246ウィル・ブランダーフィールドさんは世界が注目するバンクーバー出身のヨガ講師、同時に、歌手としても活躍。2010年バンクーバー・オリンピックではテーマソングを聖火台の前で発表。2011年発表のデビューアルバム”ハレルヤ”がiTunesの世界チャートで第1位を記録。音楽とヨガを融合した独特のスタイルで世界から注目。
ウィルさんはバンクーバーのヨガスタジオを中心にヨガを指導。
日本大好きのウィルさんは、日本でも精力的に活動。毎年日本各地でワークショップを開催されています。


Q.ウィルさんがヨガを始めたのはいつからですか?

僕がニューヨークに行った17才のとき。ブロードウェイに憧れて演劇学校に入ったんだけど、そこで出会ったいろいろな先生、生徒たちの影響を受けてヨガを始めたんだ。
すぐにのめり込んだね。初めてしたときから、ヨガは体、心を自由にする力があると強く感じたよ。

Q.ダンスと音楽が加わったウィルさんのヨガスタイルは世界でもすごく注目されていますね。僕は先日ウィルさんのヨガレッスンを受けましたが、典型的なヨガとは違ってすごく新鮮でした!ウィルさんの今のスタイルはどのように生まれたのですか?

IMG_0211ヨガに興味をもって以来、僕はいろいろな種類のヨガを学んできた。ホットヨガ、陰ヨガ、パワーヨガなどなど。またたくさんのすばらしい先生の下でヨガを受けてきた。そして僕が学んできたことすべて、音楽、心理学、宗教学などなど、全部が僕のヨガを形成しているよ。レッスンの中で生徒たちからも毎日すごくいい影響を受けているね。

Q. ウィルさんのレッスンで特に印象的だったのがすばらしい歌声!日本の歌をとても流暢な日本語で歌われたのにはすごく驚きましたよ。

ありがとう!僕は日本の歌も大好きだからよく練習しているんだ。喜んでくれてすごくうれしいよ。
音楽にもヨガと同じように人々のストレス、憤りを開放させる大きな影響力がある。ヨガに取り入れることでさらにその効果がさらに大きくなると僕は思っているんだ。

Q.ヨガを教える時はどんなことを心がけていますか?

IMG_0217レッスンで生徒たちには、
型にとらわれない自分だけのヨガ”をしてほしいと思っている。
よくある一般的なヨガレッスンでは、生徒が先生のポーズを真似るのが当たり前だよね。僕のレッスンではその必要は全くないと思ってる。それぞれの生徒が心地よく感じる、自由なヨガをしてもらいたいんだ。

普段僕たちはみんな無意識に
“期待された自分”を演じていると思う。「これはこうあるべき」、「この時はこうするべき」みたいにね。僕のクラスではそんな考えをストップしてほしい。カッコいいヨガをする必要なんて全くないんだ。僕のレッスンでは、自分自身を自由に表現、そして自分自身を心の底から開放して、日常では感じることの出来ない内の深い部分から出てくるエネルギーをぜひ感じてほしい。

僕がヨガをするときはいつも体から強い情熱(Passion)、インスピレーション、そして強いエネルギーが自然と沸き上がってくるんだ。

Q.ウィルさんは日本に何度も行かれていて、各地で精力的にワークショップを開いていますよね。日本のどんなところが好きですか?

japanすべてさ!
僕は子供の頃から日本にすごく興味があって、ずっと行きたいと思っていたんだ。その夢が叶ったのが2006年。
日本の雰囲気、食事、人、文化、慣習、ファッションなど、すべてが本当に素晴らしいものだね。日本に行くたびに毎回そう思うよ。

日本人は素直でまじめ、そして感謝の気持ち(Appreciation)を多くの人がもっている。ヨガを教えていてもそれを強く感じる。
それと日本のお寿司は本当においしいよね〜。バンクーバーにはとても多くのお寿司屋さんがあるけど、あんなにおいしいお寿司はここじゃなかなか食べれないと思うよ。ちなみに僕が一番好きなネタはウニだよ。
あと僕は納豆も大好き!

natto

Q.日本での一番の思い出はなんですか?

yogafes2012年の横浜ヨガフェスティバルが一番の思い出だね。
カナダでは味会えない素晴らしいヨガショーだった!ダンサーが音楽に合わせて踊ったりして、新しいヨガの世界があって本当に感動したよ!自分がテーマソングを歌った時も会場に沢山の人が集まってくれて、みんな真剣に聞き入ってくれたんだ。思わず涙がでてきたね。あれは間違いなく僕にとって一生忘れられない思い出。

Q.ウィルさんは2011年東日本大震災を受けて、
Fukushima Yoga Project」を起ち上げカナダでチャリティー活動、現地でワークショップを行なっているそうですね。

IMG_02252011年日本であの悲劇が起きた時、とても大きなショックを受けた。テレビで見た津波が街を破壊する光景は今でも目に焼き付いている。
日本は僕にとって第2の故郷。大切な友達もたくさんいる。その中には大きな被害を受けた友達もいたんだ。僕は何もせずには絶対にいられなかった。

日本のために自分にできることは何か?
それを一生懸命考えたよ。それでいろいろな人たちの協力を受けて、チャリティーコンサートをバンクーバーで開催してお金を集めたり、日本に行ってワークショップを始めたんだ。
あれから2年。福島は本当に良くなってきたよね!これからも僕は「Fukushima Yoga Project」の活動を通して福島の復興支援に貢献していきたいと思ってる。

Q.ウィルさんはバンクーバーのどんなところが好きですか?

yoga美しい自然だね。バンクーバーの海、山、空、すべてが本当にすばらしい。それもあって、多くの人々がゆったりとしていて穏やかであるように感じる。バンクーバーでヨガが人気なのは美しい自然のおかげじゃないかな。雄大な自然があってリラックスできるこの環境は、ヨガをするにはピッタリだと思うね。

Q.日本とバンクーバーで、一番の違いはなんだと思いますか?

ん〜なんだろうね〜?
あえて言うなら、僕は日本では多くの人がすごくストレスを抱えているように感じるんだ。東京の人混みなんかでは特に強くね。

IMG_0228日本でヨガを教えるときにも「こうしなきゃいけない」みたいな概念にとらわれている人が多いと感じる。

その気持ちは僕もすごくわかるんだ。
僕がヨガを始めたとき、鏡に移った自分を見ていつも自分自身を評価していた。「先生みたいにもっと良くみせなきゃ。カッコよく見せなきゃ。」みたいにね。でも、みんな一緒である必要なんて全くないんだよ。人は誰しも世界でたった1つの個性がある。僕は「こうあるべきだ」なんてものは何もないと思っている。そんな“ノン・ジャッジメント”(Non-Judgment)の考えを多くの人にわかってほしい。もし僕のヨガと音楽で少しでも多くの日本人にそれを与えることができたら本当にうれしいね!

Q.ウィルさんの次の目標はなんですか?

1つ目は、秋以降に新しいCDをリリースする予定なんだけど、それを成功させること。実はそれにともなって、日本でのイベントも考えてるんだ。僕の歌を聴いて、多くの人に生きる活力、エネルギーを感じてもらいたい。ぜひ楽しみにしててね!

akira-willもうひとつは、この夏7/29〜31にバンクーバー・リトリートを開くことになったんだけど、それを成功させること!
僕の親友、Akira(綿本 彰)も参加してくれることになったんだ。彼との共演は本当に楽しみ!参加してくれた人たちにはぜひ思う存分ヨガを楽しんでもらいたい。

Q.最後に、ウィルさんの好きな日本語はなんですか?

「おつかれさまー!」だね。
レッスンが終わった後は、一生懸命ぼくのレッスンを受けてくれた生徒たちにいつもそう言いたくなるんだ!

 


ウィルさんはバンクーバーを起点として、
主にYyogaWestcoast Hot YogaYogapodChopra Yogaなどでワークショップ、レッスンを行っています。
will

ダイナミックでパワフルなウィルさんのヨガレッスンは多くの方に大好評です!興味のある方はぜひ実際にレッスンを受けてみてはどうでしょうか(^^)?

◯ウィルさんが参加するバンクーバー・ヨガリトリート:
ウィルさんを含め豪華講師4人が参加する、“バンクーバー・リトリート”がこの夏、7/29~31に開催します。LifeVancouverだけの早期特典ありです!
ぜひこの夏はバンクーバーでヨガ・リトリートを受けて心も身体もスッキリさせませんか?
詳細、お申込み/お問い合せはこちら

ウィルさんのWebサイトはこちら
Facebookページはこちら

Topへ