バンクーバーの日本人によるマイクロブレーディング Yukibrowsで手入れが楽な眉毛

   
  

「毎日の眉メイクの手間が無くなればいいのにといつも思う」「自分の眉が一部薄くて気になる」「マイクロブレーディングをしたいけど迷っている」という方、実はたくさんいるのではないでしょうか?

LifeVancouverスタッフの周りでも「マイクロブレーディングに興味があるけど、安心して頼める人がバンクーバーにいるのか分からない」という方がちらほら。

そこで今回は、カナダBC州バンクーバー在住の日本人の間で最近口コミ人気が広がっている Yukibrows のYukiさんを紹介!

マイクロブレーディングについてYukiさんに質問してきた内容や、実際の施術の様子も見学・撮影してきたので、まとめてお届けします。

はじめに:マイクロブレーディング(Microblading)についてYukiさんに5つの質問

「眉毛が無かったらメイクがすぐに終わるのに・・・」「その日の顔のコンディションで眉毛がうまく描けなくて辛い」、そんな悩みを抱える人の強い味方であるマイクロブレーディング。

ただ、マイクロブレーディングの名前だけは聞いたことがあるけど、実際どんなものなのか分からないというバンクーバー在住者の方もいるかと思います。

そこで、Yukiさんにマイクロブレーディングについて聞いてみたので、5つの項目にまとめて解説します。

 

Q1. そもそもマイクロブレーディングとは何ですか?

マイクロブレーディングは、日本では「3Dアートメイク」とも呼ばれている技術のことを指します。細い針を使って1本1本手彫りで肌に細かい傷をつけてそこに墨を入れる眉毛のタトゥーです。

立体的な毛並みを再現できて、とても自然に仕上がるため、施術後に驚かれる方も多いですよ。

また、Yukibrowsでは基本的に2回の施術が1セットになります。

1回目:メインの施術(約2.5時間)
2回目:タッチアップ(1回目から5週間~2か月後くらいに色味などを微調整するためのもの)(1.5時間~2時間)

※肌質によっては稀に3回の施術が必要な場合があります

 

Q2. マイクロブレーディングのメリット・デメリットは何ですか?

マイクロブレーディングの魅力は何といっても、すっぴんでも違和感が無く、本当の眉毛が生えているかのような自然な仕上がりになること。

日々の眉メイクアップの手間が無くなるので、時間も節約できることに大きなメリットを感じる方も多いと思います。ビーチやプールで泳いだり、汗をたくさんかいても眉毛がちゃんとあるのも嬉しいですよね。

年齢とともに視力が落ちてきた方にとっては眉を描くのも一苦労ということで、マイクロブレーディングを選択される方もいます。

さらに、マイクロブレーディングはセミパーマネントの入れ墨なので、1~3年ほど持ちます。つまりコミットメントが無く、従来のタトゥーより気軽にできることも人気が出た理由の一つだと思います。(1~2年に1回タッチアップをすることで、眉毛が色褪せないように調整も可能です)

逆にデメリットとしては、墨を入れるために肌に傷をつけるので、施術中とダウンタイムは少し痛みがあります。

施術中チクチクとした痛みはあるかもしれませんが、できるだけ快適にするために、施術前と施術中には皮膚に麻酔を塗布しているので、安心してください。今まで90%くらいの人が「思っていたより痛くなかった」と感想をくださっています。

 

Q3. ダウンタイムについて詳しく教えてください

1回目の施術から7~10日くらいはダウンタイムがあります。個人差はありますが、腫れや赤みは1〜2日以内に消えるので、安心してください。

ダウンタイムの間でもシャワーは普通に浴びることはできますが、タトゥーをした部分が治るまでは長いシャワーや入浴、そしてタトゥーをした部分への保湿液、化粧、ワセリンなども治るまでは避けてください。ベビーソープなどの無香料で優しい石鹸のみの使用をオススメします。

また、ダウンタイム中は水泳やホットヨガなどのアクティビティーも避ける必要があります。最終的な結果が出るまで、通常3週間ほどかかります。

 

Q4. 日本よりカナダでマイクロブレーディングする方が安いって本当ですか?

マイクロブレーディング、実は日本よりカナダで施術を受ける方が一般的に費用が安くなる場合も多いです。日本だと10万~12万、高いところでは15万円くらいになるかもしれません。けっこう高額なものですよね。

Yukibrowsでは、カナダの平均的な価格でマイクロブレーディングを提供していると思います。

-Microblading $490
-Blade & Shade (Microblading + Shading) $540
-Follow-up/Perfecting appointment $120

※Shadingは眉毛の間の皮膚に陰影をつけることで、マイクロブレーディングでつくった眉をより自然に見せるための施術です。

※2021年11月現時点となります。最新の価格は公式サイトで確認してみてください。

※キャッシュ or デビットでの支払いが可能です。

 

Q5. Yukibrowsの利用者層はどんな感じですか?

20代前半~80代の方と、いらっしゃる方は年代様々です。若い女性だと流行に敏感な方が多いかもしれません。

また、マイクロブレーディングは男性にも人気が出てきていて、特に日本だと男性のモデルや俳優さんが最近よくやっているイメージです。実際私のところにも男性のお客様も多くいらっしゃるので、男性の方で興味がある方は気軽にお問い合わせしてください。

ちなみに先日、マイクロブレーディングの施術を受けた女性のお客様が「良かったから、うちの旦那も連れてこようかな」といって、本当に旦那さんを連れてきてくださったこともありました!

施術の工程は?実際にマイクロブレーディング+シェーディングの様子を見学してきた

Yukiさんが施術を実際に見せてくれるということで、先日イエールタウンにある Studio Glow へ行ってきました。(Yukiさんはこちらのスタジオを借りて施術を行っています)

イエールタウン・ラウンドハウス駅から徒歩約4分という便利な場所で、迷わず到着!


開放的で清潔感のある店内には、ずらりと施術台が並んでいました。

そしてこちらが、今回実際にマイクロブレーディング(+シェーディング)の施術を受けるMaiさんです。(快く取材を引き受けてくださり、ありがとうございます!)

早速Maiさんになぜマイクロブレーディングをしようと思ったのか聞いてみると、「時間短縮のために、できれば毎日の眉メイクを省きたいと思っていました。」とのこと。

どうやってYukiさんのことを知ったのかも尋ねてみたのですが、美容業界で働くMaiさんのコミュニティの中でYukiさんの評判がとても良かったため、Yukiさんに任せたいと思ったそうです。

それではここからは、施術の流れを5項目に分けて写真といっしょに紹介していきます。

 

1.カウンセリング

施術の前にまずはカウンセリング。Maiさんがどんな眉を希望しているのか等、ここでしっかりと確認していました。セミパーマネントといっても眉のタトゥーのため、最初のカウンセリングがしっかりしていると安心ですよね。

Maiさんも「日本語できちんと全て理解できるのは、やっぱり安心だし助かります。」と言っていました。

Yukiさんによると、以前マイクロブレーディングの施術を受けたことがある人は、必ず事前に申し出て欲しいとのことでした。

デスクでのカウンセリングの後はMaiさんに施術台で仰向けで寝てもらい、直接麻酔を施術部位の皮膚に塗ってラップで浸透させていました。

麻酔が効くようになるまで約10分程待つ必要があり、その間にMaiさんの額を使って数パターンの色合いを提示して、眉の色を相談して決めていました。

ちなみにYukiさんの今までの経験上、日本人を含めてアジア人は「焦げ茶色」が似合う人が多いそうです。また、基本的に自分の眉の色に合わせた方が、より自然でキレイに見えるとのこと。

Yukiさんは「マイクロブレーディングに使用できる色は13種類あってミックスできるので、人種問わず対応可能です」と言っていました。

 

2.マッピング(眉の外枠づくり)

カウンセリングが終わると、マイクロブレーディングをする眉の形を決めていく外枠づくり「マッピング」の作業に入りました。

糸などを使って少しずつ眉のカタチをつくっていくのですが、Yukiさんは全工程の中でも、マッピングに全神経を注ぐそうです。その理由を聞いてみると、以下の通りでした。

マイクロブレーディングはマッピングがすごく大切なので、焦らず惜しみなく時間を割きます。

アーティストによってはラフにマッピングをする方もいるのですが、マッピングが全てのガイドとなるので、線が滲んだものにならないようにする等、全神経を集中して行っています。

バランスが取れているものに仕上がるように、何度も確認してマッピングを修正していきます。

マッピングの作業の合間にはMaiさんに鏡を渡して、起き上がってちゃんと自身の顔をチェックしてもらっていたりもしました。Yukiさんによると、「必ずご本人にも鏡で確認してもらいます。」とのことでした。

そして、Yukiさんが真正面からMaiさんの顔をチェックして、マッピングの線がズレていたら修正を行ったり、表情によっては眉が不自然に見えてしまうときもあるので、そこも少しずつ修正して完成に近づけていきました。

ちなみに左右対称の眉のカタチにしようとすると、顔のバランスが合わなくなることもあるため、眉毛はツインではなくてシスターと考えているそうです。

1. 片方の眉で理想に近いカタチをつくる
2. お客様に鏡で見てもらう
3. 修正

上記の工程を何度も繰り返し、片方の眉のカタチが完成したら、もう片方の眉の外枠もつくっていくという流れでした。

最終的なマッピングを見たMaiさんは、「マッピングをここまでしっかりしてくれたので、その後の墨入れも安心して身を任せることができました。マッピングの時点でもう出来上がっていました(笑)」と言っていました。

 

3.マイクロブレーディング(墨入れ)


マッピングが無事に終わると、いよいよ肌に小さな傷をつけて墨を入れる「マイクロブレーディング」です。

施術を見ている間、Maiさんが全然痛そうにしていなかったので聞いてみると、「痛みはピリピリするくらいで、燃えているような感じではないです。麻酔のおかげもあって、すぐに傷みの大部分が消えました。」とのことでした。

Yukiさんも「そんなに痛くないはずですが、痛みを感じる場合は、施術中に随時麻酔を足していきます。」と言っていました。地眉毛のようなストロークを描くときは、細部に注意を払うようにしているそうです。

また、傷をつけながら墨を入れていく過程で、綿棒で眉をなぞってより墨をより肌に染み込ませていました。墨入れと浸透させる作業を何回か繰り返すことで、しっかり墨を入れるとのことです。

ちなみに、マイクロレーディング施術直後は通常の眉より濃く見えるのが一般的とのことでしたが、それは一過性なので心配ないそうです。

「彫る過程で血が少し出るものなのかな?」と思う方もいるかもしれませんが、出血はほぼ無く、眉の周りの肌が一時赤くなる程度でしたよ。

 

4.シェーディング(より眉を自然に見せる陰影づくり)

ここで終わりかと思ったのですが、よりマイクロブレーディングを施した眉を自然に見せるために、「シェーディング(眉毛の間の皮膚に陰影をつけること)」も行われました。

眉の生え方に合わせてよりナチュラルに見えるように少しずつ調整していったのですが、Maiさんによると「全然痛くないです。カミソリで毛並みを反対に剃ったような、ちょっとチクッとする感覚です。」と言っていました。(※痛みの感じ方には個人差があります)

この工程でも、Yukiさんが何回か立ち上がってMaiさんを正面から見て、必要であればシェーディングを足していたりしました。そしてついに・・・

 

5.施術終了

施術終了!完成したMaiさんの新しい眉をご覧ください。まずは近距離から撮らせてもらったものです↓

続いて遠距離からもどうぞ。

施術直後なので眉が一時的に濃く見えるかもしれませんが、既に眉メイクしたかのような自然さではないでしょうか?

Maiさんに施術の感想を聞いてみると、以下のように言っていました。

大満足です!明日から眉を書かなくていいと思うと、素直に嬉しいです。朝起きる時間が変わります。

Yukiさんは質問にも全部丁寧に答えてくれて、とても安心した気持ちで施術を受けることができました。

人によってだとは思いますが、痛みは耐えられないものではなかったです。悩んでいるのであれば、まずは一度Yukiさんのようなプロに相談することをオススメします!

 

最後に:バンクーバー在住の方で興味のある人はYukibrowsに相談

いかがでしたか?

施術の工程をすべて見学していたのですが、Yukiさんの気さくな人柄のせい or プロのオーラのせいか、安心して任せられる感がすごかったです。(語彙力低め)Yukiさんは、

・いかにお客様より細かくなれるか
・眉の生え方に合わせて、少しでもよりナチュラルに見える眉づくり

を心掛けているそうで、その信念が見学を通して伝わってきました。

ということで、マイクロブレーディングが気になる方は、まずは気軽にYukiさんに相談してみてください。Yukibrows の Instagram に今までの施術を受けた方の写真・動画もあるので、チェック!

最後にYukiさんからのメッセージです。

眉のタトゥーで不安を抱えているという方もいるかと思いますが、無料カウンセリングでしっかりと話し合って不安や疑問を解消してから、予約を取っていただいているので、安心してください。

私も実際にマイクロブレーディングの施術を受けた経験があるので、まずはぜひ一度皆さんの不安や疑問を聞かせてください!お会いできるのを楽しみにしています。

また、2022年の初めには Lip Blush(リップセミパーマネントタトゥー|落ちないリップ)のサービスも開始するので、こちらも楽しみにしていてください。

 

お問い合わせフォーム

※集中力を伴う施術で毎回ベストを尽くすために、Yukiさんは1日3人のクライアントしかとらないので、早めの施術を希望する方はお問い合わせもお早めに。

お名前 (必須):

メールアドレス (必須) :

お電話番号(必須):

 

お問い合わせ内容

※留意事項(必ずお読み頂いた上で送信ボタンを押して下さい。)

 

本ページでお問い合わせ頂いた内容については、LifeVancouver ではなくYukibrows へ送信され、Yukibrows から連絡がございます。2営業日以上たっても返信や連絡がない場合は、メールアドレス間違いやエラーの可能性があります。直接 Yukibrows へご連絡いただくか、お手数ですがもう一度お問い合わせフォームの入力送信をお願い致します。

 

(免責事項)※ここでご紹介する内容・プログラムなどは Yukibrows によって提供されます。LifeVancouverでは上記でご紹介したすべての内容について一切の責を負いかねます。

 

Yukibrows
住所:1011 Cambie St, Vancouver, BC V6B 6J6
【公式サイト】【予約はこちら】【Instagram】

Yukiさんのプロフィール

神奈川県出身のNatural Look Brow Specialist。約20年前にヘアスタイリストとして美容業界でキャリアをスタート。東京で大人気のヘアサロンでヘアメイクを学ぶ。約10年前に日本からバンクーバーに引っ越した後、マイクロブレーディングの施術を見た際、いかに自然で美しく見えるかに感銘を受け、アートメイクアーティストになる道を志す。

その後、BioTouch Canadaでマイクロブレーディングの技術を身に付け、現在は日本人だけでなく、人種問わずバンクーバー在住の人たちにマイクロブレーディングの施術を行っている。日本人ならではの丁寧な施術から、口コミで人気になっている。

Topへ