カナダ統計局、新型コロナウイルスの影響によるビジネスの現状・調査結果 日本語訳

   
  

2020年3月中旬から新型コロナウイルスの影響が一気に拡大したカナダ。

7月に入り各地で経済が少しずつ再開しつつありますが、新型コロナウイルスがビジネスに及ぼす影響は非常に大きいものとなっています。

そんな中、スタティスティクス・カナダ(カナダ統計局)が景気が回復し始めたときのビジネスへの新型コロナウイルスの継続的な影響をよりよく理解するために、カナダ企業のビジネス状況に関する調査を実施しました。

そこで今回は、カナダ統計局が7月14日に発表した「Canadian Survey on Business Conditions: Impact of COVID-19 on businesses in Canada, May 2020」の内容を日本語でお届けします。

目次

(本記事についてのご利用免責事項)これはカナダの現状により日々アップデートされる政府の情報が英語の為、 LifeVancouver/LifeTorontoが、ひとりでも多くの日本語の方に届くように意訳し、皆さんをヘルプするものです。本英訳(意訳)の内容から起こったトラブルについてはLifeVancouver/LifeTorontoは一切責任を持ちません。本記事(ページ)のご利用はこの免責事項に同意したものとみなされます。

以下、カナダ政府または公式発表の参照サイトを掲載しておりますので、最終的にはサイトを確認の上、ご自身の責任で確認ください。また、本件に関するお問合せは受けかねます。もし誤訳や解釈などが間違っている場合はご指摘頂いた後、できるだけ速やかに修正するように致します。皆さまどうぞご協力ください。

 

企業のほぼ3分の2は、今後3か月間は従業員数が変わらないと予想
(Nearly two-thirds of businesses expect their number of employees to remain the same over the next three months)

Through the month of June, businesses were asked what their expectations were over the next three months on the number of employees they employed. Nearly two-thirds (65.8%) of businesses expect their number of employees to remain the same over the next three months. Overall, 15.1% of businesses expect their number of employees to increase over the same period. Nearly one-quarter of businesses in the accommodation and food services sector (24.4%) and in the manufacturing sector (23.9%) expect to increase their number of employees over the next three months.

引用:スタティスティクス・カナダ

(意訳)

6月に、スタティスティックスカナダは企業に雇用者数に対する今後3か月間の期待値を尋ねました。 企業のほぼ3分の2(65.8%)は、今後3か月間は従業員数が変わらないと予想しています。

また、全体の15.1%の企業は、同期間に従業員数が増加すると予測しています。

宿泊およびフードサービス部門(24.4%)と製造部門(23.9%)のほぼ4分の1の企業が、今後3か月で従業員数を増やすと予想しています。

 

企業の5分の4は個人用保護具(マスクや手袋など)or消耗品を必要とする or 今後必要とすると予想
(Four-fifths of businesses need or expect to need personal protective equipment or supplies)

Four-fifths (80.5%) of businesses need or expect to need personal protective equipment or supplies as physical distancing measures are relaxed. Businesses in the health care and social assistance sector (93.0%), the accommodation and food services sector (92.9%) and the retail trade sector (91.9%) were most likely to need equipment or supplies. Over two-thirds (68.1%) of businesses reported that they need or will need masks and eye protection, while over three-fifths (64.4%) need or will need cleaning products. Two-thirds (66.5%) of businesses indicated they were likely or very likely to provide facemasks, gloves, and other personal protective equipment to employees. Three-quarters (74.8%) of businesses reported they were likely or very likely to increase sanitization of the workplace. Over one-fifth (22.0%) of businesses were experiencing or expect to experience difficulty procuring personal protective equipment or supplies.

Due to the COVID-19 pandemic, 5.0% of businesses indicated they had started manufacturing new products. Businesses in the manufacturing sector (15.5%) were most likely to shift production. Nearly two-thirds of businesses shifting production had started manufacturing masks and eye protection (66.0%) and hand sanitizer (62.0%).

引用:スタティスティクス・カナダ

(意訳)
企業の5分の4(80.5%)は、物理的な距離の測定が緩和されているため、個人用保護具または消耗品が必要である or 今後必要であると予想しています。

また、ヘルスケアおよび社会支援部門(93.0%)、宿泊施設およびフードサービス部門(92.9%)、および小売業部門(91.9%)の企業は、保護具または消耗品を必要とする可能性が最も高いことが分かりました。

さらに、3分の2以上(68.1%)の企業がマスクと目の保護が必要 or 今後必要であると報告し、5分の3以上(64.4%)がクリーニング製品が必要or今後必要になるだろうとしています。

企業の3分の2(66.5%)は、フェイスマスク、手袋、その他の個人用保護具を従業員に提供する可能性が高い、または非常に高い可能性を示しています。

企業の4分の3(74.8%)が、職場の消毒を増加させる可能性が高い、または非常に高い可能性があると報告しています。 5分の1以上(22.0%)の企業が、個人用保護具または備品の調達に困難を経験している or 今後困難を経験すると予測しています。

 

新型コロナウイルスパンデミックの前、最中、後の在宅勤務またはリモート勤務について
(Teleworking or working remotely before, during, and after the COVID-19 pandemic)

Teleworking and working remotely have become more prevalent since the start of the crisis. Nearly one-third (32.6%) of businesses reported 10% or more of their workforce was teleworking or working remotely on May 29, 2020. This was almost twice the level reported as of February 1, 2020, when 16.6% of businesses reported 10% or more of their workforce was teleworking or working remotely.

Once the COVID-19 pandemic is over, close to one-quarter (22.5%) of businesses expect that 10% or more of their workforce will continue to telework or work remotely. Over two-fifths of businesses in the information and cultural industries sector (47.2%) and in the professional, scientific and technical services sector (44.5%) expect that 10% or more of their workforce will continue to telework or work remotely once the COVID-19 pandemic is over.

For businesses that indicate teleworking as potentially applicable to their workforce, just over one-quarter (25.2%) reported being likely or very likely to offer more employees the possibility of teleworking or working remotely once the COVID-19 pandemic is over, while 14.3% were likely or very likely to require it.

引用:スタティスティクス・カナダ

(意訳)
新型コロナウイルスによる危機の発生以来、在宅勤務や遠隔地での勤務が広まっています。

約3分の1(32.6%)の企業が、2020年5月29日に従業員の10%以上が在宅勤務またはリモートで働いていたと報告しました。これは、2020年2月1日時点で報告されているレベルのほぼ2倍でした。(16.6%の企業が従業員の10%以上が在宅勤務またはリモートで働いていました。)

新型コロナウイルスのパンデミックが終わっても、企業の4分の1(22.5%)近くが、従業員の10%以上が在宅勤務またはリモート勤務を継続すると予測しています。

情報および文化産業部門(47.2%)および専門的、科学的および技術的サービス部門(44.5%)の5分の2以上の企業も、新型コロナウイルスのパンデミックが終わっても、10%以上の従業員が遠隔勤務または在宅勤務またはリモート勤務するであろうと予期しています。

在宅勤務を従業員に適用できる可能性があるとしている企業の4分の1(25.2%)が、パンデミックが終了後もより多くの従業員に在宅勤務または遠隔勤務の可能性を提供する可能性が高い or 非常に高いと報告しています。

 

企業の半分以上が、2020年4月の収益は前年(2019年4月)と比較して約3分の1以上減少したと報告
(Over half of all businesses report that revenues fell by about one-third or more in April 2020 compared with April 2019)

Over half (51.6%) of businesses reported that their revenues for the month of April were down 30% or more compared with April 2019. More than one-third (35.3%) of businesses reported that revenues were down by half or more.

While revenue was down sharply, just over two-fifths (40.9%) of businesses reported that their expenses (excluding salaries and wages) have stayed the same year over year, while close to one-third (32.4%) saw expenses decline by 10% or more.

Over three-quarters of businesses in the arts, entertainment and recreation sector (80.3%) and in the accommodation and food services sector (78.1%) experienced revenue drops of 30% or more. In contrast, nearly three-fifths of businesses in the agriculture, forestry, fishing and hunting sector (59.0%) and just over two-fifths of businesses in the professional, scientific and technical services sector (41.4%) and in the finance and insurance sector (41.3%) reported either no change or an increase in revenue.

引用:スタティスティクス・カナダ

(意訳)
企業の半分以上(51.6%)は、4月の収益が2019年4月と比較して30%以上減少したと報告しました。企業の3分の1以上(35.3%)は、収益が半分以上減少したと報告しています。

収益は大幅に減少しましたが、企業の5分の2(40.9%)が経費(給与と賃金を除く)は前年同期と同じであるとしていて、逆に3分の1(32.4%)近くの企業が経費は10パーセント以上減少したと報告しています。

芸術、エンターテインメント、レクリエーション部門(80.3%)の4分の3以上の企業、および宿泊施設とフードサービス部門(78.1%)の売上高は、30%以上減少しました。

対照的に、農業、林業、漁業、および狩猟のセクターの約5分の3の企業(59.0%)、および専門的、科学的および技術的サービスのセクター(41.4%)の2/5強の企業、および金融および保険 セクター(41.3%)は、収益に変化がない or 増加を報告しています。

 

約3分の2の企業が政府のプログラムからの資金提供、または外部プロバイダーからの信用供与を承認された
(Nearly two-thirds of businesses were approved for funding from government programs or credit from external providers)

Nearly two-thirds (63.7%) of businesses reported being approved for funding from government programs or credit from external providers in light of the COVID-19 pandemic. Businesses in Quebec (72.0%) and Prince Edward Island (67.0%) were most likely to be approved for funding or credit. Over three-quarters of businesses in the accommodation and food services sector (84.2%) and in the arts, entertainment and recreation sector (75.2%) were approved for funding.

The Government of Canada has implemented measures to support businesses through the COVID-19 pandemic. These measures included the Canada Emergency Business Account (CEBA), which provides qualifying businesses with a loan of up to $40,000, and the Canada Emergency Wage Subsidy (CEWS), which provides a subsidy to support businesses in paying wages.

Over two-fifths (43.1%) of businesses applied for and were approved for the CEBA, led by businesses in Quebec (51.1%) and British Columbia (43.8%). Businesses in the accommodation and food services sector (61.0%), the transportation and warehousing sector (53.5%) and the arts, entertainment and recreation sector (51.8%) were most likely to be approved for the CEBA.

Nearly one-quarter (22.6%) of businesses reported being approved for the CEWS. Two-fifths of businesses in the accommodation and food services sector (40.8%) and in the arts, entertainment and recreation sector (40.5%) were approved for the CEWS. Of businesses that were approved for the CEWS, over half (53.0%) reported that the subsidy allowed them to hire back 30% or more of their workforce. Almost one-quarter (23.2%) of businesses approved for the subsidy reported that the subsidy allowed them to hire back 100% of their workforce.

引用:スタティスティクス・カナダ

(意訳)
企業の3分の2(63.7%)近くが、COVID-19パンデミックに照らして、政府のプログラムからの資金提供または外部プロバイダーからの信用供与の承認を報告しています。

ケベック州(72.0%)とプリンスエドワードアイランド州(67.0%)の企業は、資金調達または信用供与が承認される可能性が最も高かったです。

宿泊およびフードサービス部門(84.2%)および芸術、エンターテインメント、レクリエーション部門(75.2%)の4分の3以上の企業が資金提供を承認されました。

カナダ政府は、COVID-19パンデミックを通じて企業を支援するための対策を実施しています。 これらの措置には、適格企業に最大4万ドルのローンを提供するカナダ緊急ビジネスアカウント(CEBA)と、企業が賃金を支払うことを支援するための補助金を提供するカナダ緊急賃金補助金(CEWS)が含まれます。

5分の2(43.1%)の企業がCEBAに申請して承認されています。(ケベック州では51.1%、ブリティッシュコロンビア州では43.8%の企業が申請)また、宿泊施設およびフードサービス部門(61.0%)、輸送および倉庫部門(53.5%)、芸術、エンターテインメントおよびレクリエーション部門(51.8%)の企業がCEBAに承認される可能性が最も高かったことが分かりました。

企業のほぼ4分の1(22.6%)がCEWSの承認を報告しています。宿泊およびフードサービス部門(40.8%)および芸術、エンターテインメント、レクリエーション部門(40.5%)の5分の2の企業がCEWSに承認されました。

CEWSに承認された企業のうち、半数以上(53.0%)が、補助金により従業員の30%以上を再雇用することができたと報告しています。補助金の承認を受けた企業のほぼ4分の1(23.2%)が、補助金により従業員の100%を雇うことができたと報告しました。

 

カナダの企業のほぼ4分の1は、家賃または住宅ローンの支払いを繰り延べ
(Nearly one-quarter of Canadian businesses had their rent or mortgage payments deferred)

Nearly one-quarter (23.6%) of businesses that make rent or mortgage payments had their rent or mortgage payments deferred, while 5.7% of businesses had their request to defer payments rejected. Three-fifths (60.1%) of the businesses that make rent or mortgage payments had not asked or been offered the option to defer payments owed.

引用:スタティスティクス・カナダ

(意訳)

家賃または住宅ローンの支払いを行う企業のほぼ4分の1(23.6%)は、家賃または住宅ローンの支払いを繰り延べました。一方、5.7%の企業は支払いを延期する要求を拒否されました。

家賃や住宅ローンの支払いを行う企業の5分の3(60.1%)は、支払い義務を延期するオプションを要求していないか、提供されていませんでした。

 

企業の4分の1以上がCOVID-19の流行によりスタッフを一時解雇したと報告
(Over one-quarter of businesses report laying off staff due to the COVID-19 pandemic)

Two-fifths (39.9%) of businesses reported reducing staff hours or shifts due to the COVID-19 pandemic, while over one-quarter (28.4%) laid off staff. Close to one-fifth (17.4%) of all businesses laid off half or more of their workforce. Of the businesses that laid off at least one employee, over three-fifths (61.3%) laid off 50% or more of their workforce. Over 80% of businesses that laid off staff in the arts, entertainment and recreation sector (89.6%), the agriculture, forestry, fishing and hunting sector (83.0%), and the accommodation and food services sector (80.3%) reported layoffs to 50% or more of their workforce.

Despite the disruption caused by COVID-19 to the overall economy, close to one-quarter (22.9%) of businesses reported having implemented no changes with regards to staffing in light of COVID-19. Notably, nearly half (47.9%) of businesses in the agriculture, forestry, fishing and hunting sector reported they had implemented no changes to staffing as a result of the crisis. Nevertheless, almost all businesses in the arts, entertainment and recreation sector (94.3%) and in the accommodation and food services sector (94.1%) reported having taken some staffing action, as well as nearly all (90.9%) businesses with more than 100 employees.

引用:スタティスティクス・カナダ

(意訳)
5分の2(39.9%)の企業がCOVID-19の大流行によりスタッフの時間やシフトを削減したと報告し、4分の1(28.4%)以上がスタッフを一時解雇しました。すべての企業の5分の1(17.4%)近くが、労働力の半分以上を一時解雇しました。
また、少なくとも1人の従業員を一時解雇した企業のうち、5分の3以上(61.3%)が従業員の50%以上を一時解雇しました。

芸術、エンターテインメント、レクリエーション部門(89.6%)、農業、林業、漁業、狩猟部門(83.0%)、宿泊施設と食品サービス部門(80.3%)のスタッフを一時解雇した企業の80%以上が、従業員の50%以上を一時解雇したと報告しました。

逆に、COVID-19が経済全体にもたらした混乱にもかかわらず、企業の4分の1(22.9%)近くが、COVID-19の影響による人員配置に関して変更を実施していないと報告しました。

特に、農業、林業、漁業、および狩猟部門の企業の半分近く(47.9%)は、人員配置に変更を加えていなかったと報告しています。

逆に芸術、エンターテインメント、およびレクリエーションセクター(94.3%)のほとんどすべての企業(94.1%)は、いくつかの人員配置措置をとったと報告していて、100人以上の従業員がいるほとんどすべての企業(90.9%)も同様に人員配置措置をとりました。

 

約5分の1の企業は、今後の人員配置、閉鎖、破産を検討する前に、現在のレベルの収益と支出で6か月未満の運用を継続可能
(Almost one-fifth of businesses can continue to operate at current level of revenue and expenditures for less than six months before considering further staffing actions, closure or bankruptcy)

Almost one-fifth (19.3%) of businesses reported they could continue to operate at their current level of revenue and expenditures for less than six months before considering further staffing actions, closure or bankruptcy. Over three-tenths of businesses in the accommodation and food services sector (34.7%) and in the information and cultural industries sector (31.5%), and over one-quarter of businesses in the arts, entertainment and recreation sector (26.8%) reported they could continue to operate at their current level of revenue and expenditures for less than six months before considering the same.

引用:スタティスティクス・カナダ

(意訳)

約5分の1(19.3%)の企業が、今後の人員配置、閉鎖、破産を検討する前に、現在のレベルの収益と支出で6か月未満の企業運用を継続できると報告しています。

宿泊およびフードサービス部門(34.7%)および情報および文化産業部門(31.5%)の3分の1以上の企業、および芸術、エンターテインメント、レクリエーション部門の4分の1以上の企業(26.8%)が同様に、6か月未満の間であれば現在のレベルの収入と支出で閉鎖、破産を検討する前に運用を続けることができるであろうと報告しています。

 

データが入手可能に
(Data are now available)

Data from the Canadian Survey on Business Conditions are now available. The tables provide data at the national level, as well as by province and territory, by industrial sector, by employment size, by type of business and by majority ownership.

引用:スタティスティクス・カナダ

(意訳)
カナダのビジネス状況に関する調査のデータが利用可能になりました。 これらの表は、国レベルのデータと、州および準州、産業セクター、雇用規模、ビジネスのタイプ、および大多数のオーナーシップによるデータを提供します。

★表へのリンク

 


以上となります。

ということで、カナダ統計局による新型コロナウイルスの影響下におけるビジネスの現状調査結果をお届けしました。

カナダ統計局のウェブサイトでは他にも有益なグラフなどがあるので、興味のある方はぜひ確認してみてください。

Topへ