バンクーバー国際空港の免税店で見つけた気になるカナダのお土産16選!

   
  

みなさん、日本に帰国 or 一時帰国する際に

「お土産事前に用意したけど、やっぱり足りないかも!」
「時間無くてお土産用意できなかったから、空港で買っとくか~」

という方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、LifeVancouverスタッフが先日、日本に一時帰国する際にバンクーバー国際空港の免税店で見つけたお土産を写真付きで紹介しようと思います。

バンクーバー市内では中々見かけないお土産などもあるので、ぜひ参考にしてみてください♪

 

1.ぬいぐるみ(熊、ムース、ビーバー)

まず見つけたのは、ぬいぐるみのコーナー。「カナダの動物といえば」の熊、ムース、ビーバーのぬいぐるみが多かったです。

LVスタッフのおすすめはやっぱり、騎馬警官デザインの赤い制服を着た動物たち。写真のとおりの可愛いさで、カナダ感も倍増です。

 

2.メープルシロップ

カナダといえばメープルシロップ!

空港では、カナダらしいメープルの葉をかたどったガラス瓶もオシャレ(使用後も洗って別のものに使いたくなりますよね)ですが、サ〇マドロップに似たカタチの缶タイプも可愛かったですよ。

日本でそこまで知られていない(はず)のメープルシロップのグレード情報をプレゼントといっしょに伝えると、さらに喜ばれるかもしれません。

 

3.メープルシロップクッキー

空港では、メープルシロップのクッキーが山積みでした(笑)見よ、このクッキータワー。

上の写真のようなクッキーは、ボリューム感がありつつひとつ7ドル(2019年8月時点)だったので、「お土産はたくさん買わないといけない。だから、なるべく10ドル以下の安いもの!でも、恰好がつくものがいい」、そうお考えの方にもオススメかもしれません。

ちなみに、イヌクシュクの写真がパッケージになったクッキーもありました。好みで選びましょう~!

 

4.ゴディバのチョコレート・カナダパッケージ版

空港のお土産屋さんにて、ゴディバ(英語だとゴダイヴァみたいな発音になるので注意)のチョコレートを発見!

なんとカナダを連想させるホッケー、トーテムポール、ムース、雪などが描かれたパッケージのゴディバが販売されていましたよ~。

他のお菓子より少しお値段が張っていましたが、特別な人への贈り物にぴったりではないかと思いました。

 

5.スモークサーモン

バンクーバーのお土産として人気のスモークサーモン。

LifeVancouverスタッフも大好きなメープルで味付けされたスモークサーモン(メープルサーモン・キャンディーともいう)も販売されていました。日本ではなかなかメープル味のスモークサーモンは無いのでは?

ちなみに、バンクーバーらしい風景や先住民アートがパッケージになったスモークサーモンもありましたよ。お土産に最適ですね!

 

6.ホッケーグッズ

カナダといえばホッケー!スポーツ好きの友達に贈りたいホッケーグッズがたくさん置いてましたよ~!

カナダの赤を基調としたTシャツをはじめとして、キャップ、冬に活躍しそうなマフラーやニット帽もありました。

ちなみに空港ではなく、バンクーバーの街にあるSport Chekなどスポーツ用品店に行くと、バンクーバーカナックスのグッズもたくさん品揃えされていますよ。

 

7.アイスワイン

自然に氷結したブドウから作られ、濃縮された甘みと芳醇な香りが特徴的なデザートワイン「アイスワイン」。
カナダは世界で最もアイスワインを生産している国といわれ、お土産にも大人気です。

お酒好き、ワイン好きの方にぜひ贈ってあげてください。

※アイスワインについては以前記事でまとめたので、こちらをチェックしてみてくださいね。


 

8.巣蜜(コムハニー)

「毎回帰省の際にメープルシロップをプレゼントしているので、今回は違うものにしたい」という方にオススメしたいのが、(LVスタッフ的に)カナダのお土産でけっこう人気があるように見える巣蜜(コムハニー)

蜂たちの巣がそのままケースに入ったものは、見た目のインパクトも大!丸ごと食べられます。友達を驚かせちゃいましょう。

 

9.カナダのマグネット

「何か小品でもいいからお土産を日本のあの人にあげたい!」という方は、カナダのマグネットはいかがでしょうか?

バンクーバー空港内の免税店には、カナダの国旗やムース、熊、メープルシロップなどたくさんの種類のマグネットがずらりと並んでいましたよ。

 

10.メープルバター

濃厚でクリーミーな味わいで人気のメープルバター。こちらも「メープルシロップはもう前にあげたしな~」とお考えの方にオススメです。

トーストはもちろん、ホットケーキやワッフルといっしょにいただいてみてください。

 

11.缶がカワイイお菓子

こちらはお菓子の入った缶なのですが、カナダ国旗がデザインされていて、お菓子を食べ終わった後も小物入れに使えそうなもの!

さらに、バンクーバーらしさのあるものがたっぷりプリントされたものもありました。こちらも自分用に買いたいくらいではないでしょうか。バンクーバーの想い出の品を入れたいですね~。

 

12.ウォーターボトル

写真右にあるウォーターボトル、可愛いと思いませんか?カナダの警官やビーバー、ムースやカナダグースなどが描かれていましたよ~。

自分用にカナダでの普段使いはもちろん、日本で使っても目立つこと間違いなしです。そして、贈り物にもぴったり。

 

13.コースター

こちらは、先ほど紹介したボトルに似たデザインのコースター。シンプルでカワイイデザインは、どんな場所にも合いそうですね。

 

14.トートバッグ

買い物袋に利用したり、日頃からなにかと便利なトートバッグ。なんとカナダデザインのものが販売されていました。このバッグの中にお土産を詰めてプレゼントするのもアリですね~。

 

15.カナダ先住民のアートグッズ

アート好きの方にお土産として日本にもって帰りたくなるアートマグも発見!太陽など描かれていました。
カナダの先住民の芸術を日本で楽しんでもらいましょう。

先住民アートのお土産はマグの他にもトーテムポールやマグネットなど色々あるので、ぜひ一番良さそうなものをお店で見つけてみてください。

 

16.マグカップ


(見づらいですが、写真中央にあるのがマグカップ)

最後に紹介するのは、カナダで有名なものがデザインされたマグもありました~。個人的に自分用に欲しい一品。

マグでいうと、スターバックスが世界に展開している地域限定マグもあるので、免税店ではなくカフェのマグを購入するのも手ですよね!Tim Hortonsのマグもオススメです。

 

まとめ:バンクーバー国際空港の免税店でお土産探しを!

ということで、「あ、これ良さそう!」とか「これロブソンストリートのお土産屋さんでは見たことないかも?」というものもあったのではないでしょうか?

普段は入念にお土産を購入してから準備万端の状態でバンクーバー国際空港に行く方も、次回はぜひ空港内の免税店でお土産選びをしてみてくださいね~!

▼あわせて読みたい

Topへ