カナダでは定番!?ジェンダーリビール、ベビーシャワー、マタニティフォトとは?

   
  

日本でも少しずつ浸透しつつある、「ジェンダーリビール」「ベビーシャワー」「マタニティフォト」

カナダでは定着していて、カナダに来て初めて参加した、開催した・・・という人もいるのではないでしょうか?

カナダで妊娠が発覚すると、周りから「ジェンダーリビールのパーティーするの?」「ベビーシャワーはいつ?」と聞かれることもあると思います。

今日は、それぞれの内容について、自身の経験も含めてご紹介したいと思います。

■ジェンダーリビール(Gender Reveal)

Gender Reveal Cake
ジェンダーリビールは、ジェンダー(性別)をリビール(明らかにする)という名前の通り、「男の子?それとも女の子?」を家族や友人の前で発表するイベントです。

ピンクか青の紙吹雪が入った風船を割ったり、中身がピンクか青になっているホールケーキを夫婦揃って入刀するのが定番です。

Gender Reveal party cupcakes

カナダでは、医師に「性別を知りたいですか?」と確認されます。夫婦揃ってジェンダーリビールパーティーで性別を知りたい場合は、性別を紙に書いてもらい、中身を見ずにイベントを開催してくれる友人や家族、もしくはケーキ屋さんに渡すと良いでしょう。

旦那さんにだけサプライズしたい場合は?

大きなパーティーはしたくないけれど旦那さんにはサプライズで教えたい、という方は、”It’s a boy” “It’s a girl”と書かれたアイテムを旦那さんにプレゼントしても良いかもしれませんね。
ちなみに、最近では「赤ちゃんが生まれてくるまで性別を知らないでおく」という夫婦も増えているそうです。

風船やケーキは、どこで購入できる?

ジェンダーリビール用の風船「Gender Reveal Balloon」は、パーティーショップやAmazon.caなどで購入できます。また、バンクーバーでは、「Pink Ribbon Bakery」「Cake Conspiracy」をはじめ、多くのケーキ屋さんでジェンダーリビールのケーキをオーダーできます。

■マタニティフォト(Maternity Photography)


マタニティフォトは、間もなく生まれてくる赤ちゃんとの初めての記念撮影

お腹がふっくらしてきて赤ちゃんへの愛おしさが増す時期に写真を撮ってもらうと、女性の神秘的な姿や夫婦で誕生を待ちわびる表情が残せると人気です。

撮影場所や金額は?

日本ではスタジオ撮影が定番ですが、カナダでは屋外で撮影することも多いです。
屋外よりもスタジオでの撮影の方が通常は価格がお手頃になっていて、1時間前後のスタジオ撮影で300~600ドル前後が多いようです。屋外撮影や有名写真家による撮影の場合、1000ドル近くすることもあります。
オプションがたくさんあるので、オンラインで是非好きな写真家を見つけて連絡をしてみてください。

撮影は妊娠何週目?

マタニティフォトを撮る時期は、お腹が大きくかつまだ身動きがとりやすい妊娠28週~35週くらいが良いと言われています。多胎児を妊娠されている方は、それより前に撮れると良いですね。

■ベビーシャワー(Baby Shower)


よくアメリカのテレビドラマでも見かける、ベビーシャワー。
赤ちゃんが生まれる前、もしくは生まれた後に開催します。ほとんどの場合は女性のみのパーティーで、妊婦さんの母親や義理母、姉妹も参加します。

赤ちゃん誕生前のベビーシャワーとは?

赤ちゃんが誕生する前のベビーシャワーでは、「Baby Registry(赤ちゃん誕生後に必要なものを予め妊婦さんがピックアップしたリスト)」が、参加者に共有されることがあります。
参加者はそのリストに載っているものの中から商品を購入して、ベビーシャワーでプレゼントします。新生児の誕生前には購入・準備するものが山ほどあるので、その一部をベビーシャワーでいただけるのは、とっても有難いですよね。

開催時期は、妊婦さんの体調が安定している可能性が高い妊娠24~30週ごろが良いとされています。

赤ちゃん誕生後のベビーシャワーとは?

一方で、生まれてからベビーシャワーを開催する人もいます。カナダにいてもみなバックグラウンドは違うので、「私の国のカルチャーでは、元気に赤ちゃんが誕生するまでは盛大に祝うのはNG」「新生児に必要なものを友人たちに買ってきてもらうのは気がひける」という意見も聞きました。
そういう方には、赤ちゃん誕生後のベビーシャワーがお勧めです。

赤ちゃん誕生後にベビーシャワーを開催する最大のメリットは、なんといっても生まれた赤ちゃんを皆にお披露目できること。
ただし、新生児誕生後はとにかく睡眠時間も短くバタバタしているので、しばらくはベビーシャワーをできなかった・・ということもあり得ます。


いかがでしたか?
「ジェンダーリビール」も「マタニティフォト」も「ベビーシャワー」も、やるかやらないかは、あなた次第です。
できるタイミングは限られているので、後悔がないようにパートナーと話し合って決めたいですね。

友人知人のジェンダーリビールやベビーシャワーに参加・主催される方、思いっきり楽しんでください!

Topへ