【保存版】日本では習わなかった!カナダ人が使う英語(前編)

   
  

みなさーん!

カナダで生活をしていると、
日本の学校やテキストでは習わなかった英語をよく耳にしませんか?

今回は、
カナダ生まれ、日本、オーストラリア、アメリカ育ちで
東京とバンクーバーで活躍される人気バイリンガル英語講師、
リチャード川口先生 (RK English School代表)

Richard Kawaguchi

に監修頂き、
[カナダ人がよく使う英語]をまとめました!

前半・後半の2回に分けてご紹介したいと思います。

「カナダだけで使われる英語」、「カナダで生まれた英語」も
どんどん紹介していきますよー!!


■ Awesome! いいね!

eng06 カナダに来たら、”Awesome.”を耳にしないことはないでしょう。
「すごい!」「かっこいい!」「いいね!」という意味のスラングです。
“That’s great!””That’s cool!”などの代わりに”That’s awesome!”を使うと、一気にネイティブっぽくなります。
Richard先生(以下R): これはホントによく使うね!”Awesome!”一言だけでもいいよ。
ただ発音注意ね。<オウサム>だと思いがちだけど、最初の音だけ口を大きく開けて<アースム>と言ってみよう!

■ No worries! 大丈夫!心配しないで!

engl09
“Don’t worry.”のカジュアルな言い方で、日常生活でもよく使います。
R: 「ドンマイ」”Don’t mind.” は和製英語よん。

■ Eh? でしょ?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA カナダで一番有名なスラングではないでしょうか。
注意してカナダ人の会話を聞いていると、確かによく使ってます!!
「~だね」「~だよね?」という意味で、同意を求める時に文末に付けます。
“Eh!”と書かれたTシャツやマグカップは、定番のカナダ土産です。
【例文】
It’s cool, eh? (それかっこよくない?)
R: これぞカナダ!って感じ笑。〈エイ〉って発音します。
アメリカだとha?〈ハァ?〉って言うけど、気恥ずかしさを考えると”Eh?”の方が言いやすいか?
「自分の英語はカナダ英語なんだ!」ってプライドのある人はどんどん使おう!

■ ish 〜くらい

eng02 「~頃」「~くらい」「~みたいな感じ」という意味で、友達同士の間ではよく使われるスラングです。
【例文】
I’ll get there at 5-ish. (5時頃に着くよ)
I think he is 30-ish. (彼は30歳くらいだと思う)
She is boy-ish. (彼女は男の子みたい)

■ Oki-Doki オッケ〜

engl05
一部のカナダ人は「古い」と言ってますが、冗談っぽく使っている人は未だに結構いる気がします。了解だよ~!オッキドッキー!という感じです。
R: たしかに使うか使わないかは好みだね。「はいはーい」みたいなお気楽な感じ。

■ Hammered 酔っぱらった

eng03 泥酔した、酔っぱらったという意味の俗語です。
【例文】
He seems pretty hammered. (彼は結構酔っぱらってるようだ)
Look how hammered you are! (どれだけ酔っぱらってるの!)
R: ぐでんぐでんに泥酔してたら”He is wasted.” 笑

■ I got this. 任せろ

eng08 喧嘩してる人達の仲裁に入るときや、レストランの会計時に「ここはおれが。」ってときは ”I got this.” と一言。かっこいい〜☆
R: チャンスがあったらすかさず使いたい一言!

■ Get carded 身分証明書(年齢確認)を求められる

engl07
女性のみなさん、年齢認証のために身分証明書の提示を求められるのは、嬉しいことですよね♡特に日本人は若く見られるので、いくつになっても”We get carded.” です。

■ Pop 炭酸飲料

eng01 コーラやジンジャーエールなど、「炭酸飲料」のことをカナダでは”Pop”と言います。アメリカ英語では”Soda”です。
R: 炭酸飲料は”Juice”ではなく”Pop”だね。発音は口を大きく開けて〈パァッ〉。

■ Ride 車

eng07 車のことは”car” ”vehicle” “automobile” といろいろな言い方がありますが、”ride”を使ってみましょう。バンクーバーは交通機関も充実しているけれど、それでもやっぱり車社会。たくさん使う機会がありますよ。
【例文】
Nice ride!(いい車乗ってるねー。)
Do you need a ride?(送っていこうか?)
R: 送って欲しいときは”Can you give me a ride?” 、丁寧に聞きたかったら ”Do you think you could give me a ride home?”
よっしゃ!これでスカトレ(バンクーバーを走る電車)の終電を気にせず遊べるぞ!

■ Timmy’s ティムホートンズ(Tim Hortons)

eng14 ご存知、カナダを代表するコーヒー&ドーナッツショップの愛称。
Timsとも呼ばれます。
R: ほんとどっこにでもあるもんね。マックより数多いんじゃないか?発音こだわると意外とむずい。ネイティブと同じ発音がしたかったら〈ティムハーッンンズ〉。発音できるかな?

■ Double-Double ダブル・ダブル(クリームと砂糖をスプーン2杯ずつ)

engl12
「ダブル・ダブル」は、コーヒーに入れるクリーム&シュガーをそれぞれスプーン2杯ずつという意味。
Tim Hortonsでは、オーダーの時にコーヒーに入れるクリームとシュガーの量を聞かれますよね。多くの人が2杯ずつを好むことから、この言葉が生まれたそうです。・・それにしても、クリーム&シュガー2杯ずつはかなり甘そうです(++)

■ Weed, Pot, Chronic マリファナ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA Marijuana(マリファナ)を表す英語は色々あります。この3つの言い方が、主流です。最近バンクーバーにマリファナの自動販売機ができて話題に。
R: いっつも草ばっか吸っているやつのことを ”pot head”〈パッヘッ〉と言うよ。
おれは違うよ!あとマリファナの発音も〈メェリゥワァナ〉です。
バンクーバーは日本と比べて扱いがゆるいとはいえ、国境などで持ってたらどえらいことになるので気をつけて!

■ hydro BCハイドロ、電気代

engl02
辞書でhydroを調べると「水力電気/水力発電所」と載っていますが、
BC州でhydroと言えば、電気などを提供している”BC hydro(BC Hydro and Power Authority)”のことを指します。
アパートや家探しをしていると目にする”hydro included”は、「電気代込み」という意味です。
R: 3ヶ月滞納したら、一回止められたことあります。みんなも気をつけよう!笑

■ Canuck カナダ人、カナダ人の

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 「カナダ人」を表すスラングです。
辞書にもちゃんと載っていたのでビックリ!
元々はフランス系カナダ人を指していたようですが、今はカナダ人全ての呼称となっています。アイスホッケーの”Vancouver Canucks”というチームもありますし、カナダ人は愛着のある呼び方と捉えているようです。
R: We are all Canucks!

【監修】リチャード川口
日本人のためのネイティブ英語「RK English(Facebook)」代表。
東京に拠点を構える総合英語学校「RK English School(Website)」校長。
明治大学卒。日英の言語の特徴を熟知しているバイリンガル日系カナディアン講師。
バンクーバーのTOEIC攻略の老舗校、99 Instituteの名物講師として7年半活躍していた経緯があり、TOEIC990点(満点)は複数回取得。TOEICはもちろん、日本人の発音を効率よく上達させるコツや、表現力をネットワークで増やす術、英語順の思考法など、ピンポイントでコツを教えるセミナーは面白くてわかりやすいと大好評。独自開発したオリジナル教材やその画期的なメソッドも目からウロコと感動を呼んでいる。
様々な大学や企業を始め、個人・団体向けに日本人に特化した様々な英語セミナーや独自の発音コースなどを日本とカナダでグローバルに手がける。

リチャード先生の「バンクーバー 発音の鬼が日本人のためにまとめた ネイティブ発音のコツ33」は、各書店にて絶賛発売中です!

書籍のご案内-サイト用-6271

●Amazonでの購入は、こちらからどうぞ!

CD BOOK バンクーバー 発音の鬼が日本人のためにまとめた ネイティブ発音のコツ33 (アスカカルチャー)

●ダウンロード版はこちら!
バンクーバー 発音の鬼が日本人のためにまとめた ネイティブ発音のコツ33(honto電子書籍)



contactlens_600px

Topへ