ナビツアーさんが総力をあげて送る「2015〜16 冬のカナダ・オーロラ特集」

   
  

紅葉もピークを迎え、いよいよ秋らしい景色になってきました。

そして来月11月からはついに「冬オーロラ」のシーズンが始まります。

待っていました!という方も多いのではないでしょうか。

大きく鮮明なオーロラを見たい方!世界で最もオーロラが見える場所、カナダに来たからには滞在中にオーロラを見に行きましょう☆

今回はオーロラの神秘と、ナビツアーさんの「オーロラツアー」をご紹介します。

____________

また、このページでもオーロラツアーについて詳しく紹介しますが、もっと知りたい!という方のために、
ナビツアーさんが11月16日(月)の18時から、
ダウンタウンの YWCA Health + Fitness Centre にて

「イエローナイフ・オーロラツアー説明会」
を開催します!!(予約制で入場は無料です)

当日はオーロラの魅力、そしてイエローナイフについて詳しく説明してくれますよ。(オーロラの名所、ホワイトホースについての説明も少しあるとのこと!)

そしてなんと、オーロラ鑑賞ツアーが当たる抽選会もあります!

説明会の詳細と申し込みは、このページの最後にある開催概要をご覧下さい。

オーロラ説明会

オーロラとは?

Aurora3

この発光現象を初めて「オーロラ」と呼んだのは、地動説で有名な17世紀のイタリア人、ガリレオ・ガリレイだったそうです。
オーロラの語源は古代ローマ神話の「夜明けの女神」に由来します。

また、北米では「ノーザンライト」とも呼ばれます。

オーロラはオーロラ・ゾーンといわれる地磁気緯度65〜70度の所で見られる大気の発光現象で、太陽から降り注ぐ太陽風に含まれるプラズマ粒子が空気中の酸素や窒素などの原子と衝突する際にに起こされる放電現象です。

オーロラの色は?

オーロラの色は、ガイドブックで見るような白っぽい緑、続いて青が一般的です。ピンクや赤も稀に見ることができます。

オーロラの色は、宇宙からの粒子が大気中に衝突する際にぶつかる成分やその際の高度、頻度、時間、エネルギー量などの様々な要因が複雑に絡みあって決まります。

オーロラの形は?

オーロラは極地に集まります。従って、オーロラの形はどの角度から見るかによって形が変化します。

観測地点や活動レベルによって次の3つに分類できます。

  • 帯型
  • aurora_ribbon2
    オーロラのカーテンは、東西方向には地平線から地平線まで1000km以上にわたって長く延びているのに対し、南北方向には非常に薄い形をしており、遠くにあるときは帯のように見えます。
    最も顕著なオーロラで,一般にオーロラといえば帯型オーロラを指します。

  • カーテン型
  • aurora_curtain3_mini
    はっきり見えるオーロラのときに出現するのがカーテン状のもので、非常によく見えるときには布の裾にあたる部分の発光が強く、それが上空に向かってしだいに暗くなっていくという形になっています。

  • コロナ型
  • aurora_corona2_mini
    地上に降り注いでくる磁場を真下から眺めているときに見えるもので、ぼんやりと渦巻くような形状で頭上にグラデーションを作ります。
    コロナ型に見えるオーロラでは渦の中心にゆくほど赤みが強くなり、外側に向かうほど緑や青が強くなっていきます。

オーロラ説明会

オーロラが出現する高さは?

オーロラは地上から100km~500kmの位置に現れます。

因みに、雲がかかるのが10km以下、飛行機は高度10km、スペースシャトルは高度600km、オゾン層は10-15kmに位置します。

オーロラが見られる条件とは?

オーロラの発生条件については未だにはっきりとは解明されてないようですが、オーロラが地上から見れるのは雲一つない晴れの日だけです。

極寒の真冬の深夜が年間で最大のチャンスです!

オーロラと言えばイエローナイフとホワイトホースが有名ですが、今回は特にイエローナイフについて説明します!

yk_mini

イエローナイフはノースウエスト準州の州都で、北極圏からは約400km南に位置しています。

19世紀に金の鉱脈が発見されるとゴールド・ラッシュで人口が増え、都市としての成長を始めました。
人口は約19,000人の小さな都市で、地名はこの土地の先住民「イエローナイフ」に由来しています。

イエローナイフはオーロラ発生率が非常に高い地域、「オーロラベルト」のほぼ真下に位置している上晴天率も高いので、世界で最もオーロラが見える場所として知られています。

オーロラ説明会

オーロラレベル

オーロラが見える度合いは1~5まであります。

level 1
レベル1:見えるけど微妙で、肉眼では見えない人もいる

level 2
レベル2:オーロラであることが分かるがあまり鮮明ではない

level 3
レベル3:ここまでくると鮮明で、動きまで確認できる

level4
レベル4:色も鮮明で動きも活発

level5
レベル5:オーロラ爆発現象(ブレークアップ)で、感動の嵐

特に見て欲しいのは4以上。

レベル4以上では動きのあるオーロラが身近な角度で確認でき、あまり興味のなかった人でも思わず叫んでしまうほどの感動ものです!!

最上級のブレイクアップは、空の四方八方から緑・黄色・オレンジ・紫など色とりどりのオーロラが出現し、天空で花火のように爆発します!

現地で観測された、3日間を通してのオーロラ観測実績(2014/15年冬期)こちら↓

レベル2以上が1日でも観れた:95%
レベル3以上が1日でも観れた:80%
レベル4以上が1日でも観れた:42%

実際に観測されたオーロラの映像を見てイメージを膨らませましょう!

さて、オーロラツアーと言えば、どこにも負けないディスカウント価格で充実したツアーを提供し、カナダをはじめ世界各地において海外在住の日本人の方を中心に圧倒的な支持を得ているナビツアーさん
logo-navi-large

そのオーロラツアーどどーん!!と紹介します!

オーロラ説明会

ここが違う、ナビツアーのイエローナイフ・オーロラツアー

ナビツアーさんのイエローナイフ・オーロラツアーで是非見てほしいポイントは8つもあります!

その1 人気の犬ぞり体験込み!

極寒地域ならではのエキサイティングな体験はオーロラツアーの目玉。

通常はオプションなのですが、
これがかなり面白く、これだけでも貴重な旅の思い出になるほどなので込みにしました!!

白銀の世界をアラスカン・ハスキーとともに駆け抜けましょう〜!!
犬たちとの記念撮影も忘れずに!

その2 $10追加するだけで、犬ぞりを操縦できます!
dogsled1_mini
因みに他社さんだと、$50かかります。(ライフバンクーバー調べ)

その3 豊富なオプショナルツアー (追加料金)
Ice_20Road_205
①イエローナイフ市内観光 $73.50(現地申込は $5.25 追加)
市内観光のルート中で、一番の見どころはアイスロード!
夏の間は湖が冬になると凍って、氷が一定の厚さになると国道になります。
(12月中旬位から4月上旬位まで)

その他プリンス・オブ・ウェールズ博物館や州議事堂などを観光します。

snowmobiling
②スノーモービル体験ツアー $99.75(現地申込は $5.25 追加)
イエローナイフではスノーモービルが移動の手段として利用されている位身近な乗り物です。
周りに何もないところで乗車するので、運転免許がなくても簡単に乗ることができます。

icefishing_mini
③先住民のアイスフィッシングのデモンストレーション $99.75(現地申込は $5.25 追加)
先住民の伝統的な漁法で、網で予め罠を仕掛け、捕獲します。
フィッシングの後は、獲れた魚をランチにします。
(魚が獲れなくてもランチ付きます。)
 

オーロラ説明会

その4 防寒具込み!
clothes_mini
イエローナイフの冬の気温は常に氷点下で防寒具は必需品。
でもツアーのためだけに購入するのは気が引けますよね。

そこで、このツアーでは極寒仕様の防寒具4点セット
(ジャケット、パンツ、ブーツ、グローブ)
を提供します!

提供される防寒具は南極探検隊も使っているカナダグース社製なので安心です。
この防寒具があれば、寝転んで空を見上げてのオーロラを観賞も可能ですよ。

因みに冬の最高気温と最低気温はこちら↓

12月:最高-20℃ / 最低-28℃
 1月:最高-23℃ / 最低-31℃
 2月:最高-19℃ / 最低-28℃
 3月:最高-11℃ / 最低-23℃
 4月:最高0.4℃ / 最低-11℃

数字を見ただけでもぞくっときますね。ここまで気温が下がると、バナナで釘が打てる(はず)。是非現地で体験してみて下さい。

その5 オーロラ鑑賞時間が長い!

ツアーはオーロラが発生しやすい深夜、22時~3時(5時間)に設定されていますが、時間を過ぎても、オーロラが発生しそうなときはお客様のご様子を見て延長する場合もあります。
延長しても延長料金はいただきません!

その6 鑑賞中の夜食込!
bannock_mini
カナダの先住民が食べていたパン・バノック (Bannock)、クッキー、温かいスープとお飲物をお召し上りいただけます。
寒いとお腹がすくので、真夜中に軽食がでてきたら有難いですね☆

その7 日本語ガイド付

折角イエローナイフに来たのだから、この地域のことやオーロラの達人になって帰りたいですよね。
母国語だと100%理解できるし、気軽に質問もできます。そして日本人スタッフのホスピタリティ精神はやっぱりピカイチ!
※日本人以外の方がいる場合は、英語での説明があるので他の国の友達と参加しても安心です。

その8 ホテルのタイプはスタンダードからコンドミアムまで豊富な品揃え!

滞在先はニーズや予算に合わせて選べます。

パッケージは 2泊3日3泊4日がありますが、
2泊だとオーロラが見える確率は68%、3泊だと95%にまで上がります。
折角なので3泊以上したいですね。

ツアーは一人からでも参加できます。
一人でも気軽に参加できるし、参加している人も多いのです。

現地で友達もできるし、色んなアクティビティを体験できるので、一人で参加しても予想以上に楽しめます。
ストレスを感じている方、神秘的な体験をしたい方は是非この冬参加してみましょう。

世界観が変わるかもしれませんよ!

※イエローナイフ オーロラツアーの詳細や費用などについては、こちらもご覧下さい。
 

オーロラ説明会

現地までの交通手段と所要時間

現地までの交通手段は通常飛行機を使います。
航空券は日本から来るより数倍安い料金で手に入るし、短時間で到着できます。

バンクーバー⇔イエローナイフは、エア・カナダとウエスト・ジェットが運行しています。

主なダイヤは以下のとおりです。
※以下の時刻は現地時刻です。バンクーバーとカルガリー・イエローナイフは1時間の時差があります。
CRJ_mini
エア・カナダ
往路:
AC 202便 バンクーバー 6:30 カルガリー 8:57
AC 8233便 カルガリー  11:10 イエローナイフ 13:51

AC 214便 バンクーバー 13:00 カルガリー 15:17
AC 8223便 カルガリー  16:50  イエローナイフ 19:31

復路:
AC 8234便 イエローナイフ 14:10 カルガリー 16:21
AC 223便   カルガリー 17:15 バンクーバー 17:49

WestJet
ウエスト・ジェット
往路:
WS108便  バンクーバー 7:45  イエローナイフ 12:53
乗り継ぎ不要!(エドモントン経由便)
WS212便 バンクーバー 18:15 カルガリー 20:36
WS607便 カルガリー 21:50 イエローナイフ24:01

復路:
WS109便 イエローナイフ 13:35 バンクーバー 16:39
乗り継ぎ不要!(エドモントン経由便)
WS606 イエローナイフ 6:00 カルガリー 8:00
WS419 カルガリー 9:00 バンクーバー 9:30

※上記以外のフライト時間もあります。
所要時間は5-6時間で、金額は平均 $650.00 ですが、旅程によって変わってきます。

オーロラ説明会

さて、忘れてはいけないのは記念撮影!

navitour2_mini

オーロラを背景に撮影した写真は是非フェイスブックのプロフィール写真や携帯の待ち受け画面に設定しましょう。ご利益ありそうです!

撮影ポイントは?

オーロラの撮影は暗い場所で動くものを撮影するという特殊な環境で行います。
オーロラは絶えず動いているので、シャッタースピードを上げて、瞬間で撮影しないと、ブレてぼやけた写真になってしまいます。

撮影には一眼レフデジカメを使いましょう。

撮影の際、特に注意することは4つ。

  • フラッシュは使用しない。ストロボをOFFにしておきましょう。
  • バッテリーの消費が早いので、予備を準備しておきましょう。
  • ブレを最小限に抑えるために、三脚を用意しましょう。
  • カメラを一度外に出したら、撮影が終了するまで屋内に持ち込まないようにしましょう。
  • 温度差でレンズが曇り、カメラ本体に水滴がついて、壊れてしまいます。
    これを防ぐためには、ジップロックが有効です。
    ジップロックにカメラ本体を入れることで少しずつ室内の気温に慣らしてから取り出しましょう。

オーロラ説明会

防寒対策は?

iceroad1_mini
オーロラツアーでもっとも気がかりなのが、服装です。
防寒のコツは、薄手の衣装を重ね着することです。ユニクロのヒートテックの重ね着は効果的です。
凍傷にならないように、なるべく皮膚を露出しないようにしましょう。
また、ハンドクリームやボディローションを持参しましょう。
靴はスノーブーツなど、滑り止めがついた靴が必要です。
さらに、犬ぞりツアーの際に寒すぎて目を開けていられなくなるので、ゴーグルを持参すると便利です。
カイロもあると重宝しますよ。

次の6つは必須。

上着:丈の長いダウンジャケット
ズボン:防寒・暴風効果の高い厚手のもの、タイツや靴下の重ね着もお薦め
帽子:フェイスマスクや耳あても有効
首回り:マフラー、ネックウォーマーは必須
手袋:普段使いの5本指の手袋に厚手の手袋を重ねる
靴:スノーシューズなど、底が厚く滑り止めがついた靴が必要

オーロラ説明会
 

オーロラフォトコンテスト(Facebook)開催!

そして 2015/2016 冬・春 オーロラシーズン中、オーロラフォトコンテストが実施されます! あなたの素敵な写真・動画をFacebookに投稿することで豪華景品プレゼントGETのチャンス!

【期間】2015年11月1日~2016年5月15日まで※当日投稿有効

【対象者】2015年11月1日~2016年4月30日までにナビツアー/トラベルドンキーのオーロラツアーに参加された方限定。

【対象画像・動画】ツアー参加中に応募者ご本人が撮影されたものなら大丈夫!オーロラだけでなく、犬ぞりなどのツアー・町の風景・ホテルや食事などなんでもOKです。ただし、応募内容に人物が写っている場合は必ず被写体の方に応募の許可を得てから応募してくださいね。
※ご応募いただく作品については、著作権侵害、名誉 毀損またはプライバシー侵害等を考慮した上での投稿をお願いします。
※ご応募の際に提供いただいた個人情報は応募作品の特定、応募者へのご連絡や賞品の発送など、本コンテストの運営に必要な範囲内で利用されます。
※ご応募いただいた作品は、ナビツアーさんのホームページなどに使用される場合があります。

【審査方法】2016年5月31日時点でfacebookに投稿された画像・動画の”いいね!”の数を参考に、厳正にナビツアーのスタッフさんが選定します。

【商品】商品券
オーロラ大賞・・・ $100 相当 / 1名
ベックス大賞・・・ $ 50 相当 / 2名
ナビツアー大賞・・・ $ 10 相当 / 5名

【発表】2016年6月10日 当選者にはナビツアーさんからfacebookより連絡があります。

【応募方法】
ご自身のウォールから、応募したい画像と一緒にコメント欄に #naviauroraphotocon を追加して投稿ください。

オーロラ説明会

 

オーロラについてもっと知りたい人は説明会へ!

以上、オーロラについて触れましたが、オーロラは奥が深い。
まだまだ語りきれないことが沢山あります。

そこで、オーロラツアーについてもっと詳しく知りたい方は、
ナビツアーさんが主催する「イエローナイフ・オーロラツアー説明会」に足を運んでみましょう!

「どれくらい寒いんですか?」
「寒さに耐えられるんですか?」
「夏か冬かどっちに行ったらいいですか?」

などなど。

そして当日はイエローナイフ・オーロラ鑑賞ツアーパッケージが当たる抽選会もありますよ!!

説明会の参加は予約制なので、気をつけてくださいね!

 

ナビツアー イエローナイフ・オーロラツアー説明会 開催概要

日時:2015年11月16日(月)18時~(1時間半程度)
費用:無料
場所:YWCA Health + Fitness Centre
535 Hornby St. Vancouver BC (Welch Room)
※ナビツアーから徒歩数分の場所です。
[map addr=”535 Hornby St, Vancouver, BC V6C 2E8″ infowindow=”open”]YWCA Health + Fitness Centre[/map]

イエローナイフ・オーロラツアー説明会 お申し込みフォーム

お名前 (必須):
First:Last:

 

メールアドレス (必須) :

メールアドレス (確認用):

 

当日連絡がつくお電話番号(必須):

 

※当日都合が合わない場合や個別のご相談、お問い合わせは下記の空欄へお書き下さい。

 

その他内容やご質問などがあれば

 

入力頂いたメールアドレスへ確認のメールが送信されますのでご確認下さい。もしメール届かない場合はアドレスの入力ミスなどが考えられます。もう一度確認の上、入力下さい。

 

Navi TOUR(ナビツアー)について

NAVI-TOURlogo
Navi TOURは世界各地に展開している日系旅行会社で、カナダではバンクーバー・ダウンタウンに支店をもちます。
バンクーバーをはじめ、ビクトリア、トロント、モントリオールなどカナダ全土において、豊富な種類のツアーを、と〜ってもリーズナブルな価格で提供しています(^^)!

NAVI TOUR オフィシャルサイトはこちら
Facebook ページはこちら

Topへ