30日間グルテンフリーに挑戦中のひと。マリエさん第4回 おやつもグルテンフリー

   
  

バンクーバーで「Gluten Free(グルテン・フリー)」って目にされたことありますか?健康志向や食べ物に気を使う人が日本よりも多いここカナダ。いったいどんな事なんだろう?どういった効果があるんだろう・・そもそもグルテンって何?と気になる方がいるのではないでしょうか?

ちょうど、この週末バンクーバーでは Gluten Free Expo 2014 in Vancouver が行われています。どんどんポピュラーになってきましたね。

Gluten Free Expo 2014 in Vancouver

バンクーバーに住んで今はこちらでお仕事をされているマリエさんが、実際にグルテンフリーに挑戦!ということでやっていただきました。皆さんにもグルテンフリーの効果やよさ、実際にどうなの?っていうのを分かってもらえたらいいなぁ。ということで 今回は第4回。

第1回はこちら 第1回 足のむくみがなくなる?!
第2回はこちら 第2回 肌の調子が良いです。
第3回はこちら 第3回 外でもグルテンフリー

第4回 間食編 おやつもグルテンフリー

LifeVancouverをご覧の皆さん、こんにちは 原田真理恵です。

グルテンフリーのスイーツ専門店やオーガニック系スーパーに行くと、グルテンフリーのクッキーやマフィンなどがたくさん並んでいます。でも、ちょっとお高いんですよね。それに、敷居が高くて、なかなか気軽に買いに行けなかったり… 。

ということで、今回は、特別なお店に行かなくても買えるグルテンフリーのおやつをご紹介します。

LARA BAR

IMG_6987-600x277

LARA BAR はドライフルーツとナッツでできているバータイプのお菓子です。小麦由来の成分はもちろん、添加物も砂糖も使われていません。
これは、家の近くのドラッグストアでグルテンフリーのお菓子はないかな?と探していた時に見つけました。お店にはアップル味とピーナツバター味が置いてあったので両方買ってみました。

IMG_6990-600x489

ナッツがぎっしりで食べ応え十分、腹持ちもとても良いです。忙しいときの朝ご飯にもいいかもしれません。

 

お煎餅

お米でできているお煎餅やおかき。味付けに使われるお醤油やアミノ酸系の調味料は小麦が使われていることが多いので、少しのグルテンでも体調が悪くなってしまう場合は避けた方が良さそうです。でも、健康目的でグルテンフリーを試してみようと思っている人、自分の食生活からグルテンの量を減らしたいという人なら問題ありません。

写真のお煎餅は日本からバンクーバーに遊びに来た友達がお土産に買ってきてくれたものですが、お店で手焼きしているだけあって、とても美味しくて、もったいないので本当に少しずつ大切に大切にいただいています。
バンクーバーでもアジア系スーパーや日本食品を取り扱うお店でいろんなお煎餅が比較的気軽に購入できるのが嬉しいですね。

 

ポテトチップス

photo5

ポテトチップスはカロリーが高く、ジャンクで不健康なイメージが強いですが、グルテンを含まないじゃがいもからできているのでグルテンフリーです。
調味料にもよりますが、グルテンフリーのものはパッケージをよく見てみると「Gluten Free」と書いてあります。

写真は厚切りで美味しいKettle というポテトチップス、いろんな味がありますが、スーパーで見てみたところ全種類のパッケージに「Gluten Free」と書いてありました。カナダならではの味(?)ということで、メープルベーコン味なんていうのもあるんですね。
無性にジャンクなものが食べたくなってしまったら、グルテンフリーのポテトチップスをおすすめします。ただし、ダイエット目的でグルテンフリーに挑戦する場合は、辞めておいた方が無難です。

 

ビール

IMG_7012-600x450

最後に、これは間食とはちょっと違いますが、グルテンフリーのビールを紹介します。

お酒が好きな私にとって、このグルテンフリーで何が一番つらいかってビールが飲めないことなんです。

でも、パスタとかクッキーとか、グルテンフリーのものが色々あるんだから、きっとグルテンフリービールもあるだろうと探してみたら、意外と簡単に手に入ることがわかりました。

写真の Omission というビールは BC リカーストアで購入できます。6本でおよそ$17とちょっと高めなところがネックですが、味の方はかなり美味しいです。

ただし、このビールは大麦から作られていて、製造の過程でグルテンを取り除いているそうなので、セリアック病の患者さんたちの間では本当に安全なのかどうか疑問の声もあがっているようです。

こちらのブログ記事では150以上のコメントが寄せられて大きな議論になっています。→ Should Celiacs Drink Omission Beer?

ということで、グルテンで体調が悪くなってしまう方は慎重になった方がいいかもしれません。

以上、グルテンフリーでも楽しめるおやつ(とビール)をご紹介しました。

私は普段からどちらかというと辛口のものが好きで甘いものはあまり食べないので、しょっぱいものを中心にご紹介しました。バンクーバーにはグルテンフリーのスイーツが食べられるお店もたくさんありますし、チェーンのコーヒーショップでもグルテンフリーのお菓子を取り扱うお店もありますので、甘い物が気になる方はぜひ試してみてください。

さて、次回は最終回です。お楽しみに!

この記事を書いて頂いたのは、

marie

原田真理恵(はらだ まりえ)さん

2012年に東京からバンクーバーへ移り、現在はスタートアップ企業でプロジェクト管理の仕事をしています。

マリエさんのブログ: mariedesu blog
Twitter:@mariedesu

【過去の記事】
第1回はこちら 第1回 足のむくみがなくなる?!
第2回はこちら 第2回 肌の調子が良いです。
第3回はこちら 第3回 外でもグルテンフリー

Topへ