【うちの子は帰国子女になる?】帰国して日本の幼稚園、教育に馴染めますか?

   
  

子育て真っ最中というお母さんの頭の中の約80%は子どものことでいっぱいです。

そして、一つ解決しても次から次へと悩みは尽きないもの。

今回は「カナダで子育てをしているけど、日本への帰国が決まってどうしよう・・・」という方のために、MANABI(まなび)Learning Academy の安永先生にお話を伺ってきました!

 
anzai

半年後に日本への帰国が決まりました。両親共に日本人なので子どもの日本語での会話はそれなりに出来ています。
現在バンクーバーでプリスクールに通っているのですが、日本の幼稚園に馴染めるでしょうか?

A. 安永先生からのアドバイス

帰国後すぐにお子様が日本の園で馴染めるように準備を致しましょう。まずは、お子様の会話を確認して下さい。会話に英語が混じっていませんか?

子どもが何か手伝って欲しい時の「マミーヘルプしてよ。」という様な場合は、日本語の単語を(動詞)「手伝って。/手伝ってください。」などと教えてあげて下さい。

今までの癖や言葉を変えて行くわけですから、すぐには直りません。諦めず根気強く続けて下さいね。

 
IMG_1385

来年の4月から小学校に入学します。ちょうどそのタイミングで日本への帰国を考えています。
現在通っているキンダーではあまり勉強をしていないようですが1年生に向けて何をしたらよいでしょうか?

A. 安永先生からのアドバイス

文字や数字は、書き順を確認して一通り書ける様に練習していきましょう。

幼稚園年長(5歳児)だと、平仮名の読み書き、小学1年生(入学時)だと平仮名・カタカナの読み書きが出来れば大丈夫です。

簡単な赤ちゃん絵本を自分で読める様に音読の練習をしてみてくださいね。
数字も5歳児では1~100まで数えられる、小学入学時では、繰り上がりの無い足し算が出来るといいと思います。

 
 

「帰国子女」って一体どういう子?

ところで皆さん、帰国子女って一体どういう子か知っていますか?
Wikipediaで調べてみました。

帰国子女とは、保護者の赴任など、自らの意思でない理由で日本国外での長期滞在生活を経て日本に帰国した学齢期頃の子を指す。

ちなみに先日、バンクーバーで生まれ育った我が家の長女が、日本の小学校で体験入学を経験してきました。

小学校1年生になった彼女の最初の疑問は、

『どうしてピアスを外していかないといけないの?』
『どうしてマニキュアをして学校に行ってはいけないの?』
『どうして同じ帽子を被らないといけないの?』

などなど。。。

The 帰国子女!!の発言連発で『クラスで浮かないかなぁ。』といろいろ心配でしたが、母の心配をよそに、本人は楽しんで体験入学を終えました。

IMG_1691 (1)

今ではあまり珍しくない帰国子女ですが、少し前までは「華やかだけど協調性が無い」など、外人かぶれみたいなイメージもありました。

集団生活のルールや今までの生活リズムの違いがあるので、どれだけ出来れば安心と言うわけではありませんが、新しい環境で楽しく過ごせる事を第一に考え、帰国前に少しでも日本の幼稚園や学校の雰囲気を体験できれば『出来ない・知らない・わからない』という不安からは守ってあげられるのではないでしょうか?

 

日本に帰国してもすぐに馴染めるクラスがMANABI Learning Academyにはあります‼︎

安永先生によると、日本への帰国が予定されるお子様には
ももぐみ・いちごぐみ・りんごぐみがオススメとのことです!

ももぐみ 1、2歳児対象:集団生活(社会)の第一歩

集団生活でのルールを知り、また、人間の成長過程において大切な、人格形成の基礎をしっかり身に付けながら自立へ促します。

小さいから出来ないではなく、月齢にあった力を発揮させる環境で遊びを通じ、たくさんの『できた!』を一緒に共感していきます。

 

いちごぐみ 3、4歳児対象:根っこの教育

将来大輪の花を咲かせるためには、しっかりとした根っこが必要です。この時期に、土を耕し、根っこを育てます。
自分だけでなく周りの友達へ気遣い、思いやりを持って接する心や関わり方を学んでいきます。

覚える事が容易なこの時期に、平仮名・数字の読み書きも行い、吸収出来る事は全て吸収出来るように、遊びや経験を通して目標を達成する過程を学びます。

 

りんごぐみ 5、6歳児対象:多くの情報を得て、心も体も大きく成長

このクラスでは、思いを伝え、考え、解決していく方法を身に付けます。さらに、文字学習・数の概念・音読など、様々な角度からより効果的に学びます。

新しい情報を得て、自信を持って行動出来ると同時に何事にも一生懸命行う事・諦めずに頑張る心を育むことができるクラスです。

以上のように、日本の園と同じスタイルで授業をしているので、MANABI Learning Academy では、カナダに居ながら日本の教育を受けることが出来るんですね~!

2016-05-13_07-18-16-e1463123947951

ということで、MANABI Learning Academyの安永先生(写真左から2番目)はお父さん、お母さんからの子育てに関するご質問やお悩みに積極的にアドバイスをしてくださっています。

近々、ご両親からの相談会なども企画されている、とのこと。MANABI Learning Academyにご興味がある方やご相談も、以下のフォームからまずは問い合わせしてみてはいかがでしょうか?

学習指導はもちろんの事、日本の歌や工作や表現、躾(しつけ)まできめ細やかな指導で全てをサポートしてくれるので、安心して子どものことをお任せできそうね!

MANABI (まなび) Learning Academy お問い合わせフォーム

お名前 (必須) :

メールアドレス (必須) :

メールアドレス (確認用) :

ご連絡先電話番号 :

お問い合わせ内容

 

※留意事項(必ずお読み頂いた上で送信ボタンを押して下さい。)

 

本ページでお問い合わせ頂いた内容については、LifeVancouverではなく Manabi Learning Academy へ送信され、Manabi Learning Academy から連絡がございます。2営業日以上たっても返信や連絡がない場合は、メールアドレス間違いやエラーの可能性があります。直接 Manabi Learning Academy へご連絡いただくか、お手数ですがもう一度お問い合わせフォームの入力送信をお願い致します。

 

(免責事項)※ここでご紹介する内容・プログラムなどは Manabi Learning Academy によって提供されます。LifeVancouverでは上記でご紹介したすべての内容、プログラムの開催・参加の可否について一切の責を負いかねます。

 

安永直美(Naomi Yasunaga)先生のプロフィール

▪️幼稚園・保育園で指導経験を積み、その後、幼児教室を開講小学校受験等の幼児知能開発にあたる
▪️英会話教室で、多くの外国人講師を指導し、幼稚園・保育園への出張指導も行う
▪️サンフランシスコにある「SORA日本語教室」の立ち上げメンバーとしてアメリカへ移る
▪️2015年にMANABIをバンクーバーに開園し、子どもの教育・講師の育成に力を注いでいる
▪️教育・子育て支援のセミナーやコラム執筆、カウンセリングなども行っている
▪️バンクーバー在住、日本人家庭で子どもを日本語・英語のバイリンガルに育てた1児の母

資格・免許:▪️幼稚園教諭免許
      ▪️保育士資格
      ▪️チャイルドマインダー
      ▪️心理カウンセラー
      ▪️こども絵画インストラクター

MANABI (まなび) Learning Academy
住所:4376 West 10th Ave, Vancouver BC
【Webサイト】【Facebook】
※クラス中や手の放せない状況などの可能性がある為、電話でのお問い合わせ・対応はお控えください。E-mailでのお問い合わせにご協力下さい。

Topへ