【閲覧注意】カナダで注意したい!ベッドバグ(トコジラミ)対策、症状、駆除方法について

   
  

カナダの旅行者や居住者が気をつけなければいけないことの一つに、
ベッドバグ(トコジラミ/南京虫)があります。

ベッドバグは、その名の通りベッドに潜んでいることが多く、
滞在先のホテルやシェアハウスで被害に遭う人が絶えません。

つい最近も、バンクーバーのモーテルComfort Inn & Suites North Vancouverで宿泊者がベッドバグの被害に遭い、ニュース(CTVNews)になりました。


↑被害に遭ったKerrie StewartさんのFacebookへの投稿より

ベッドバグに噛まれてしまうと、尋常ない痒みに加えて貧血やアレルギー反応などを引き起こしてしまうことも。

また、非常にしぶといベッドバグは、旅行カバンにくっついてホテルから自宅へ移動するなど、さらに繁殖をしていきます。

photo from Health Canada

 
一度発生すると、その除去作業は容易ではありません。

 
だからこそ!

被害に遭う前に、ベッドバグについて知識を身につけ、十分に対策を取っておきましょう。
また、万が一被害に遭った場合の駆除方法もご紹介します。

 

1. ベッドバグ(トコジラミ)とは?

ベッドバグは、カメムシ目トコジラミ科の昆虫です。
日本語でトコジラミ、もしくは南京虫(なんきんむし)、床虫(とこむし)とよばれることもあります。
 
▶︎大きさと色

photo from Avon Pest Control

大きさは通常5-7mmほどで、小さいベッドバグは1-4mmほどになります。
成虫は茶色ですが、血を吸うと色が濃くなります。
平らな楕円形で、小さめの顔に触角があります。

▶︎繁殖
メスのベッドバグは生涯で最低200の卵を産むと言われ、約6〜17日で孵化します。
卵は1mmほどの大きさで、肉眼では見つけにくいでしょう。

ベッドバグは21°C〜28°Cの場所を好みます。

ベッドバグの平均寿命は10ヶ月、長い時は1年以上生き続けます。

▶︎生息場所と活動時間帯
ベッドバグは集団で生息をしていて、ベッドだけでなく、家具や壁と天井の隙間、カーテン、壁にかけてある絵の裏など、様々な場所に潜んでいます。

以下の写真を元に、自宅に発生していないか確認してみてください!

photo from Government of Canada

ベッドバグは、深夜になると活発に活動をします。
私たちが呼吸をする二酸化炭素に引き寄せられ、私たちが睡眠中に血を吸います。

人間だけでなく、ペットも被害に遭うことがあるので、注意が必要です。

 

2. ベッドバグに噛まれた際の症状

Pests - Bed Bugs

ベッドバグに噛まれた際には、症状が出るまでに最大14日かかることがあります。
多くの場合、二日目以降に痒みが増します。

肌のいかなる部分も噛まれる可能性はありますが、とくに顔、首、腕、足、胸辺りを噛まれることが多いです。
痒みが全くない人もいますが、深刻なアレルギー症状を発症する人も稀にいます。

ベッドバグに噛まれたら、
●噛まれた部分をかかない
●噛まれた部分を清潔に保つ
●医師に相談し、殺菌クリームやローション、抗ヒスタミン薬などを使う

ことが重要です。

 

3. ベッドバグの駆除方法

Beg bugs - house pests

最初にもお伝えしましたが、
ベッドバグが一度発生したら、その駆除は容易ではありません。

自宅で発生した場合は、ライセンスのあるプロの害獣駆除の会社(Pest Control Operator)に駆除作業をお願いしましょう。

賃貸アパートやシェアハウスに住んでいる場合は、まずは管理会社や大家さんに連絡をしてください。

バンクーバーで信頼できる害獣駆除の会社の一例です。

IPM PEST CONTROL
http://www.ipmpestcontrol.co/

RESPONDERS PEST CONTROL
http://respondersbc.ca/

AVON PEST CONTROL
http://www.avonpestcontrol.ca/

 


自分で出来る主な作業は、以下の通りです。

●スチームアイロン ベッドバグは50度で死ぬため、スチームアイロンの温度は最低でも100度に設定しましょう。
湿気を残さないために、ドライスチームの設定が良いです。蒸気と熱がしっかりベッドバグに届くように、スチームアイロンはゆっくり丁寧にかけましょう。
●掃除機 ベッドバグは布や木材などにピタッとくっついていて、卵も粘着力があるので落としにくいです。
掃除機の先に剛毛のブラシをつけて、前後に動かしながらベッドバグや卵を剥がすようにし、掃除機で吸い込みましょう。
ベッドのマットレスだけではなく、フレームの部分やサイドテーブルの引き出しなどもしっかり掃除機をかけましょう。
掃除機を使い終わったら、掃除機の各パーツを熱湯を使って洗剤で洗いましょう。
●洗濯 洗濯は「hot water」の設定で、乾燥機は最も高温の設定で行います。
●破棄 洗濯や掃除機がけが不可能なものは、密封をして破棄するという選択肢もあります。
●駆除剤/殺虫剤

駆除剤/殺虫剤は、Health Canada(カナダ保健省)認定の商品のみを選び、使用上の注意を守って使いましょう。
※カナダ政府からも、注意喚起(こちら)がされています

 

旅行先でベッドバグに噛まれた可能性がある場合は、以下を行ってください。

1.すぐにステイ先に連絡をしましょう
2.旅行先に持って行った全てのアイテムを洗濯しましょう。靴やカバンも熱湯で洗う必要があります。
3.ベッドバグを自宅に持ち帰った可能性が高い場合は、ライセンスのあるプロの害獣駆除の会社(Pest Control Operator)を利用しましょう。

 

4. ベッドバグの被害に遭わないために

Bedroom

●ベッドバグを自宅で発生させないためには、ベッドバグが生息しやすい場所を作らないことが重要です。

・家の中を片付けましょう
・掃除機を頻繁にかけましょう(ベッドの下や裏を忘れずに!)
・剥がれかかった壁紙は剥がすか貼り直しをし、電気コンセントの面板もしっかり壁についているか確認しましょう
・壁や天井、窓やドアの近くに小さな隙間や穴がある場合は、しっかりと塞ぎましょう
・中古の商品を購入する際は、使用前に洗浄・洗濯をしましょう。
・カナダでは、中古のマットレスの購入は、避けた方が無難です。

●カナダでベッドを購入される場合は、ベッドバグ防止(bed bug proof)のマットレスやボックススプリングカバーを選ぶことをお勧めします。


●カナダのホテルに宿泊する際は、利用者のレビューを参考にしましょう。

※参照
Government of Canada | Pest Control Tips
https://www.canada.ca/en/health-canada/services/pest-control-tips.html

Topへ