イエローナイフ・オーロラ鑑賞ツアーで私が体験した全て!最高レベルの神秘に感動

   
  

2016年9月下旬、LifeVancouverスタッフが日系旅行会社ナビツアーさんのオーロラツアーに申し込んで、3泊4日でイエローナイフに行ってきました!

今回は、実際にイエローナイフへ行ってきた人間だからこそ語ることができるツアー体験記をたっぷりお届けします。

 

夏秋オーロラツアー3泊4日スケジュール例


(上空から見たバンクーバーとイエローナイフ / イエローナイフ空港の様子)

まずは、Lifevancouverスタッフが旅行した際のスケジュールをご紹介します。

頼りになるNaviTourさんに全てお願いして、以下の3泊4日のスケジュールを立ててもらいました。

9月23日(金)
7:30am バンクーバー発(6時にチェックイン)
9:57am / 11:25am エドモントン着(一旦着陸し、機内で待機) / 発
1:09pm イエローナイフ着(到着後ホテルへ案内してくれる)
3:00pm オプショナルツアー:犬ぞり訓練体験
夜・深夜 オーロラ鑑賞ツアー(出発10pm頃 約5時間/送迎込)
9月24日(土)
1:00pm オプショナルツアー:イエローナイフ市内観光
夜・深夜 オーロラ鑑賞ツアー(出発10pm頃 約5時間/送迎込)
9月25日(日)
2:00pm オプショナルツアー:キャメロン滝ハイキング
夜・深夜 オーロラ鑑賞ツアー(出発10pm頃 約5時間/送迎込)
9月26日(月)
6:00am イエローナイフ発(ホテルから空港まで送迎あり)
8:05am / 9:30am カルガリー着(乗り継ぎが必要) / 発
9:59am バンクーバー着

それでは早速、Lifevancouverスタッフがイエローナイフで体験した各種ツアーについて、ひとつずつご紹介します!!

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%ad%e3%83%a9

 

レベル5のオーロラが出現!
初めてのオーロラ鑑賞に心が震えるほど感動!

3泊4日のオーロラツアーに参加した結果は・・・オーロラを観ることができました!しかも、最高クラスのレベル5キタ━━(゚∀゚)━━!!

 

体験して分かったオーロラ鑑賞のポイント7つ

1.肉眼でのオーロラはまるで白い雲!
オーロラは肉眼では白い雲みたいに見えます。なので、晴れた夜空に雲みたいなものを見つけたら、それがオーロラかもしれません!写真に撮ると神秘的な色合いが写し出されます。レベルが高いものであれば、肉眼でもうっすら緑に見えますよ。

2.イエローナイフの天気はとても変わりやすい!
オーロラツアー前に雲が空を覆っていても、その後は晴れてオーロラが見られる可能性は十分にあります。

3.レアなピンクや赤のオーロラが観られるかも!?

ガイドブックで見るような白っぽい緑、続いて青が一般的ですが、運が良ければ、珍しいピンクや赤のオーロラが観られる可能性もあります!

4.オーロラのレベルは1~5!
オーロラのレベルは1~5まであり、ガイドさんによると写真を撮るのに一番向いているのはレベル3~4だそうです。逆に5は明るすぎて写真がボケやすいので注意してください、とのことでした。

5.三脚は必須!デジカメでもOK!?
オーロラの写真を撮る場合は、三脚が必須です!また、カメラの性能にもよるかと思いますが、デジカメの夜景モードを使ってすごく綺麗に撮影している方もいました!

6.オーロラ鑑賞用の待機キャビンの中は快適!

待機キャビンの中は広くて快適!LifeVancouverスタッフが訪れた際は、先住民が食べていたというバノック(スコーンみたいな感じ)や暖かいスープ、ホットチョコレートなども用意されていましたよ。

7.イエローナイフは世界で一番オーロラが見える場所
イエローナイフに長年住む方から、「イエローナイフはオーロラベルト直下にあること+晴れの日が非常に多いから、世界で一番オーロラが見える場所と呼ばれている」と教えてもらいました。

以下、冬季のデータですが、参考にしてみてください。せっかく行くのであれば、個人的にも3泊4日がオススメです。

イエローナイフでのオーロラ観測実績(2015/16年冬期)
レベル2以上が1日でも観れた:98%
レベル3以上が1日でも観れた:80%
レベル4以上が1日でも観れた:42%

 

人生初!レベル5オーロラでテンション限界突破

それでは、実際にレベル5のオーロラに出会ったときの話をお届けします。

1日目・2日目とオーロラを観ることができず、涙を大量に飲んだLifeVancouverスタッフ。ラストチャンスの3日目は、一目でもいいからオーロラを観たいと思い、外で曇り空をずっと眺めていました。それからしばらく経った頃でしょうか。

オーロラらしき白いものを発見したんです!写真を撮ってみると、

%e3%81%8a%e3%83%bc%e3%82%8d%e3%82%89
オーロラ・・・・・・!!!!!

この一枚が撮れた瞬間に、「イエローナイフに来て本当に良かった」と思いました。心、震えました。

northernlights22
(色の強いオーロラが雲に隠れている)

その後、また雲が空一面を覆ってしまい、「さすがにもう無理か・・・」と諦めかけていました。しかし、午前12時半頃、急に空が晴れてきて・・・

 

レベル5のオーロラ、どわ~~~~ッ!!!!!!
空一面がオーロラというレベル5が出現!!オーロラが爆発!

オーロラが現れたときの気持ちをその場でメモしていたのですが、

これは本気ですげええええええええええええええ!

とだけ書いてました(恥)テンションが変になるほどの興奮、伝わるでしょうか。

レベル5だと肉眼で白いモヤモヤのオーロラが見えるのですが、写真を撮らなくても若干緑がかっているのが分かり、

1.最初はカーテンのようにユラユラと揺れて(カーテン型オーロラ)
2.その後ドーナツみたいなカタチになって(コロナ型オーロラ)
3.今度は蛇みたいにうねうねして直線状(帯型オーロラ)

こんな感じに次々とカタチを変えていく生き物みたいなオーロラに魅了されっぱなしでした。ほんとに神秘的で、「空から降ってくるようなオーロラ」と呼ばれる意味がやっと分かりました。

一緒にツアーに参加していた皆さんも「すごすぎる・・・」「日本からわざわざ来て本当に良かった」「もう泣きそう・・・」など、感動でいっぱいいっぱいになっていたご様子。

結局、午前12時半頃から2時半頃までずっと外でオーロラを眺めて、最後は惜しみながら帰りのバスに乗り込みました。中では、みんなでオーロラが見えたことをお祝いする拍手!感動の余韻も冷めないまま、ホテルへと戻ったのでした。

 

LifeVancouverスタッフにとって人生初のオーロラ。この感動は一生忘れないというか、一生忘れられないと思います。
それくらい素晴らしい経験でした。

※参考までに今回オーロラ撮影に使ったカメラとレンズ情報
Canon EOS REBEL T5(日本名:EOS Kiss X70)
Canon EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM(広角レンズ)
Canon EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II(標準レンズ)

※デジカメでも、三脚があれば夜景モードで十分オーロラは撮影可能みたいです。(性能によりますが)一緒にツアーに参加した女の子の写真を見せてもらったら、一眼レフより鮮やかに撮れていて若干嫉妬しました(笑)

 

世界チャンピオンによる犬ぞり訓練体験ツアーで大興奮

実は、今回お世話になった現地ツアー会社「ベックス・ケンネル・オーロラツアー」のオーナーは、犬ぞり世界チャンピオン!

つまり、NaviTourさんを通してオーロラツアーに申し込めば、世界最高の犬ぞりが体験できるということです!
(夏・秋は雪がないので、ジープを使った訓練ツアー。価格が冬より安め+ツアー時間も長くてお得。)

 

犬ぞり訓練体験ツアーの流れ

まずはホテルのフロントにガイドさんが迎えにきてくれ、郊外にあるベックス・ケンネル・オーロラツアーのオフィスまで車で移動。200匹以上のアラスカン・ハスキーが元気にお出迎えしてくれました。

そして、犬ぞり訓練体験ツアーは2組に分かれて行われました。以下、簡単ながらLifeVancouverスタッフが体験した犬ぞり訓練ツアーの流れです。

犬ぞり訓練ツアーの流れ
1. 1組目がまずジープに乗り、片道約6kmの折り返し地点まで犬ぞり訓練を体験。
2. 2組目は1組目を車で追いかけ、折り返し地点でバトンタッチ。ツアー会社のオフィスまで犬ぞり訓練で戻る。

 

実際に犬ぞり訓練ツアーを体験して大興奮!

LifeVancouverスタッフは2組目で、車に乗って早速出発!

レース用にブリーディングされた犬たちが公共の道路や専用のトレイルを走る姿を後ろから見ていて、早くジープに乗ってみたくてウズウズ!途中何度か車で先回りして、写真や動画を撮影するチャンスもありました。

実は先頭の2匹が道を覚えているリーダー犬で、その他の犬もみんなそれぞれ役割があるとのこと。どの犬がどこのポジションに向いているのかをこのトレーニングで見極めているそうです。

そして、ガイドさんに犬ぞりの豆知識を聞いているうちに、ついにジープ交替のときがやってきました!

実際にジープに乗って犬ぞり訓練を体験したときの映像がこちら!

どうですか?楽しそうじゃないですか?
超楽しかったです。すいません、一人だけ楽しい思いをして。

しかも、ダウンタウンでは見られないイエローナイフの雄大な景色も一緒に楽しむことができて、なんだかすごいお得な気分になりました。

犬ぞり訓練も終わりオフィスに戻ると、あったかい紅茶をいただきながら犬ぞり世界チャンピオンでオーナーのグラント・ベックさんのお話しを聞きました。

なんと、ジャスティントルドー首相第28代カナダ首相スティーヴン・ハーパー、そして日本から俳優の大沢たかおさんも取材で犬ぞりを体験しに来たそうですよ。

オーロラ鑑賞と合わせてすごく想い出に残る経験になり、バンクーバーに戻った後は友達に自慢しまくりました(笑)
 

キャメロン滝ハイキングツアーでイエローナイフの自然を満喫!

続いては、キャメロン滝ハイキングツアーについてご紹介します!

イエローナイフから車で約1時間の道中ではガイドさんにイエローナイフの歴史を聞いたり、ダウンタウンやオールドタウン周辺とはまた違った景色を車の中から楽しむことができたり、ツアーに一緒に参加した方たちとお話ししたりで1時間があっという間でした。

 

片道約20分!初心者でも安心のコース!

ハイキングコースは片道約20分程度!運動靴さえあれば大丈夫なレベルで、ガイドさんによると「今までリタイアした人はいないので、初心者の方でも安心して参加できます!」とのことでした。

澄んだ空気と適度な運動を楽しむとともに、中ではクリスマスツリーに使用される「トウヒ」や「コットン」、そして「白樺」など様々な植物を見ることができたので、植物が好きな方にもオススメ!

 

いい汗をかいてキャメロン滝に到着!

そして、キャメロン滝に到着!快晴の中、キャメロン滝を目の前にまずは記念写真。その後、皆さん思い思いに壮大な景色を楽しんでいました。

さらに、この日は運が良かったのか、間近で鳥やリスも見ることができましたよ。
 

たっぷりと滝を楽しんだ後は、帰るだけ!

帰りの道もそこまで険しくなく、いい汗をかいてハイキングが終了!自然を満喫できる大満足のツアーでした!

 

イエローナイフをもっと深く知ることができる市内観光ツアー!

最後にお届けするのは、市内観光ツアーについて!

「市内観光は自分ですればいいじゃん。」と思っている方にこそ体験して欲しいツアーだと思いました。なぜなら、

プロのガイドさんにイエローナイフの歴史や、隠れスポットなどを教えてもらいながらする観光は、ガイドさんがいないときよりも何倍も楽しいものだったから!

ここでは、市内観光ツアーで訪れた合計7ヵ所を紹介します。写真からイエローナイフの雰囲気も伝わるかと思います。

 

アイスロード(グレートスレーブ湖)

例年11月始めから全面凍結するアイスロードの入口。このアイスロードの正体は、世界で10番目(カナダで2番目:四国の約1.5倍)に大きな湖「グレートスレーブ湖」!
冬は観光バスやトレーラーなどが走る6車線になるそうです。壮大!

 

ブッシュパイロットモニュメント

続いて連れてきてもらったのは、ダウンタウンから少し離れたオールドタウンにある小高い丘の上にある展望台「ブッシュパイロットモニュメント」。イエローナイフを開拓するために飛行機で降り立った人々を称える碑があります。

そして何より、グレートスレーブ湖が一望できる景色は最高に素晴らしかった
です。翌日にも一人で来て写真を撮るほどお気に入りのスポットになりました。空気もすごく美味しいと思いました。

 

ギャラリー「Mother Earth Rocks」「Gallery of the Midnight Sun」

次に訪れたのは、ギャラリー2つ。オールドタウンにはギャラリーが集中しているので、アート好きの方は特にオススメのエリアです。

1.「Mother Earth Rocks」
昔、日本に住んでいたというオーナーさん(相撲を見て日本語を勉強したそう)が経営するギャラリー。ユニークな手作りのアクセサリーが手に入ります。

2.「Gallery of the Midnight Sun」
お土産の種類がかなり豊富。ギャラリーの隣には1930年代に金を掘っていた人たちが住んでいたという古家もあり、歴史が感じられる場所でもあります。

 

州議事堂+プリンス・オブ・ウェールズ博物館

次に、1993年に建てられた州議事堂とプリンス・オブ・ウェールズ博物館に連れていってもらいました。

州議事堂は写真の通り、広々とした屋内になっています。2階からは中に入ることができ、傍聴席から見下ろせます。中央には白熊のはく製があったり、別の場所にはバッファローのはく製もありました。

博物館は入場料無料で、先住民の歴史や北国の動物に関する展示されていたり、ゴールドラッシュで栄え、現在はダイヤモンド採掘で有名なイエローナイフの歴史も知ることができました。

博物館ももちろん良かったのですが、そばのビジターセンターへと通じる歩道の景色がとても美しかったです。個人的にここは逃さないで欲しい写真スポットです。

 

ビジターセンター

ビジターセンターでは、観光記念バッジが無料でもらえました。お土産も多数販売されていて、バンクーバーでもあまり見かけない白樺シロップが販売されていました。夏季限定で自転車を借りることもできるそうです。

また、ビジターセンターの外の景色も圧倒的に美しかったです。オーロラだけじゃなくて、イエローナイフの景色のためだけでも来る価値があると思いました。

ということで、イエローナイフの知識が豊富なガイドさんが傍にいると、歴史や知らないことをたっぷり教えてくれるので、参加して本当によかったです。

また、車でいろんなところに連れて行ってくれるので、限られた旅の時間の節約になったのも助かりました。おかげで、イエローナイフでやりたかったことを3泊の間で全部することができました。

 

まとめ:イエローナイフはオーロラだけでなく見どころいっぱい!

帰りの空港では、キャメロン滝ツアーでたまたま一緒になったお姉さんと再会!そこで、お姉さんがLifeVancouverスタッフとは別の場所から撮影したオーロラ写真を見せてくれたのですが、


(Canonのデジカメで撮影)

ダブルオーロラ(別名:逆さオーロラ)!!!!

夏と秋の湖は氷が張っていないので、オーロラが湖面に反射するんですよね。見る場所によってオーロラのカタチが全く異なることも写真から分かります。

お姉さんからは、後日オーロラの感想までメールでいただきました。

お姉さんからいただいたオーロラの感想

“湖上一面、私の頭上の空ぜんぶを何枚ものオーロラのカーテンが覆い尽くし、そのカーテンが激しく揺れて乱舞した時は、足がガクガクして立っていられないほどでした。

夢中でシャッターを押しはしましたが、写真で切り取るのは空のほんの一部ですし、動きが激しくとても写真で捕えるのは不可能で、途中からは写真を諦めて目に焼き付けようと、せいいっぱい目を凝らしました。

いろいろな色の光のカーテンが天から降りてくるのが本当に美しく、激しく揺れる姿は本当に神秘的なものでした。

あの日のオーロラは、夜の早い時間からイエローナイフを去る直前まで、長い時間いろいろな姿で楽しませてくれて、ずっと抱いていた十数年来の夢が充分に満たされ本当に幸せでした。

新しいステキな出会いがあるのも旅の醍醐味ですよね!


(イエローナイフ・ダウンタウンの様子)

ということで、いかがでしたか?

・360度の星空のキャンバスを自由に動き回るオーロラ
・季節によって表情を変える美しい街の風景とゆっくりと流れる時間
・世界チャンピオンによる大興奮の犬ぞり訓練ツアー
・イエローナイフの自然が満喫できるキャメロン滝ツアー

など、イエローナイフの魅力はオーロラだけじゃありませんでした!

オーロラ鑑賞ツアーに興味がある方は、LifeVancouverスタッフがお世話になったNaviTourさんにまずはお問合せしてみてはいかがでしょうか?
きっと皆さんの力になってくれますよ。

夏・秋オーロラ鑑賞ツアーの詳細は、こちらを確認してみてください。


イエローナイフでレベル5オーロラを見た私だから語れる冬より夏秋を推薦する理由12

NaviTour お問合せフォーム

お名前 (必須):

メールアドレス (必須) :

メールアドレス (確認用):

お電話番号(必須):

 

お問い合わせ内容

※留意事項(必ずお読み頂いた上で送信ボタンを押して下さい。)

 

本ページでお問い合わせ頂いた内容については、LifeVancouverではなく ナビツアー・カナダ(Trans Orbit Canada Tours, Inc.) へ送信され、ナビツアー・カナダから連絡がございます。2営業日以上たっても返信や連絡がない場合は、メールアドレス間違いやエラーの可能性があります。直接ナビツアー・カナダへご連絡いただくか、お手数ですがもう一度お問い合わせフォームの入力送信をお願い致します。

 

(免責事項)※ここでご紹介する内容・プログラムなどは ナビツアー・カナダ(Trans Orbit Canada Tours, Inc.) によって提供されます。LifeVancouverでは上記でご紹介したすべての内容、プログラムの開催・参加の可否について一切の責を負いかねます。

 

NaviTour(ナビツアー)について

NAVI-TOURlogoNavi TOURは世界各地に展開している日系旅行会社で、カナダではバンクーバー・ダウンタウンに支店をもちます。
バンクーバーをはじめ、ビクトリア、トロント、モントリオールなどカナダ全土において、豊富な種類のツアーを、と〜ってもリーズナブルな価格で提供しています(^^)!

NAVI TOUR オフィシャルサイトはこちら
Facebook ページはこちら

Topへ