• ワーキングホリデー

【たぶん1番わかりやすい】カナダ・ワーホリ申請完全ガイド2015!powered by ワーホリシロップ

   
  

00
ワーホリ カナダ 申請 2015
 
例年1月頃に出ていたカナダ・ワーホリ受付発表。2015年は遅れに遅れ、カナダ・ワーホリ受付発表。2015年は遅れに遅れ、4月23日から受付開始となりました!(カナダ東部時間 17:00 太平洋時間 14:00 日本時間では 24日 6:00(AMです!ご注意を!)となります)

でも、きちんと申請手順を把握していなかったり、いつでもできるだろうと思っていると、申請が取り消しになる可能性も!

そこで今回は、カナダワーホリ申請のプロ中のプロ「ワーホリシロップ」とタッグを組んで、1番わかりやすいワーホリ申請の仕方を皆さんにお届けします!
 

 

1. まずはワーホリ申請・全体の流れを把握しておこう!


ワーキングホリデーの申請は

【STAGE1】IEC申請(資格のチェック)→【STAGE2】MyCIC申請(ビザの申請)
 ※申請料金は【STAGE1】IEC 150カナダドル / 【STAGE2】CIC 100カナダドル かかります。

と、大きく分けて2段階となっています。どちらもインターネットでの手続きになっており、PDFの入力・保存、およびPDF・画像のアップロードが必要ですので、通常はパソコンが無いと出来ません。パソコンをお持ちでない方は、パソコンを持つ家族や友人の力を借りるか、またはネットカフェなどを駆使する必要があります。申請代行業者に有料で依頼する方法もあります。

 
 
type1type2

 

※2015年5月19日現在、STAGE2の申請はIECの許可が出て「7日以内」から「14日以内」に変更になりました。

ちなみにワーホリシロップのFacebookページでは、以下のように「今年のワーホリ申請最短プラン」が紹介されていますので、ぜひ参考にしてくださいね!

<ワーホリシロップ推奨>2015年度申請「最短」プラン日本のワーホリ解禁後は申し込みが殺到する事が予想されますので、少しでも効率よく準備を進めていきましょう。ここではわかりやすく呼ぶため、2段階の手続きを「ステップ1」「ステップ2」…

Posted by ワーホリシロップ on Sunday, 15 March 2015

 

2. 次にワーホリ申請の疑問を解決しておこう!

 

申請を始めてからビザが下りるまでは、どのくらいかかるの?
 

用意周到に進めても一ヶ月はかかると考えた方が安心です。申請のタイミングとしては出発から2、3ヶ月以上前にはスタートするのが理想。さらに申請がスタートする4月頃は応募が集中するので、処理時間が長くなると思われます。昨年度も、募集開始当初に申請をしてビザが下りるまでに、約2ヶ月かかったケースがありました。
※MyCIC申請で、用意するのに時間がかかる追加書類を求められるケースがあります。(例:オーストラリアにワーキングホリデー経験がある方が無犯罪証明を要求される、など)この書類は事前に用意しておかないと、IEC許可レターの期限までに準備できないケースもありますので、このような所要時間にもご注意下さい。

 

インターナショナル・エクスペリエンス・カナダ (IEC)とは?
 

ワーホリ申請でよく目にする「インターナショナル・エクスペリエンス・カナダ (IEC)」とは、就労や教育などの経験を通して海外と人材交流をするカナダのプロジェクトの事です。幾つかの手段が用意されていますが、ワーキングホリデーはその一つです。申請のプロセスではIECという言葉がよく出てきますが、日本人にとってはワーキングホリデーと同じ意味と捉えればわかりやすいでしょう。

 

ワーキングホリデーの許可を得た状態で、別のビザ(観光、学生)で入国しても大丈夫?
 

ワーキングホリデーの許可を得た状態で、別のビザ(観光、学生)で入国しないようご注意下さい。(入国時に問題になる可能性が高く、実際にトラブルになった方が多くいます)ワーホリの申請をしたにも関わらず、別のステータスで入国しようとすれば、審査官は当然その点に疑問をもちます。最悪、強制帰国という事も考えられますので、もし他のビザでの入国をお考えの方は、ワーキングホリデーの申請は入国後に行うなどの方法をとりましょう。

 

「ワーキングホリデービザ」=「就労ビザ」っていうこと?
 

カナダにはワーキングホリデーという名前のビザがある訳ではなく、ビザとしては「Work Permit(就労許可)」という一般的なビザを取得します。つまり、カナダで通常に雇われて仕事をする外国人と同じビザを申請する訳です。ただ入国時に最終的にもらえるビザの紙には、IECプログラムの許可である、という旨が書かれています。
 

 

3. 申請のためにまずは必要なものを準備しよう!

IECから許可レターが届いた日から14日以内に次のMyCICの申請をしましょう!準備に時間がかかる書類もあるので、できれば事前に全て準備するのがオススメです。
 
03
 

4.さっそくIEC申請をしよう!


疑問を解決して、書類の準備もできたら、さっそくIECの申請を始めましょう!
ちょっぴり長いですが、誰でもできるようにつくられていますので、英語が苦手という方も頑張りましょう!IECのビザ申請許可レターを手に入れたら、次のMyCICの申請に進むことができます!

type1type2


 

5. 準備が整ったらMyCICの申請をしよう!

準備が整ったら、次はMyCICの申請!こちらも少し長いですが、あともう一歩です!!

 
type1type2

 

6. ワーキングホリデー申請後にすること!

fin
 
そして全ての申請が終わったら、あとは結果を待つだけです!
 

7. ワーホリシロップについて


wa-hori
 
 

「ワーホリシロップ」は、カナダ留学エージェントの「マイルストーンカナダ」が運営するワーホリ申請の定番サイトです。カナダワーホリさん全体の2/3が利用しているという統計があり、利用者数に裏付けられた信頼抜群のガイドです。現地情報もFacebookページで発信中なので、ワーホリ申請が気になっている人はぜひフォローしましょう!

Topへ