• クラフトビール

【制覇しよう!】イースト・ビレッジのクラフトビール醸造所10+蒸溜所2

   
  

世界中の経済も注目しているほどの熱気を帯びているのが、北米で盛り上がっているクラフト・ビール文化。バンクーバーもその例にもれず、大小含め様々なクラフトビールの醸造所、いわゆる「ブリュワリー」があり、今なお増えていると言われています。

そして、そのバンクーバーのクラフトビールの最初の中心地と言われるのが、バンクーバーの東側の商業エリア、イースト・ビレッジエリアです。

今回は、ビール好きなLV読者の皆さんのために、このエリアに生息するLVスタッフがこのエリアのビール醸造所(ブリュワリー)10ヶ所と、おまけとして蒸留酒を作っている蒸溜所2ヶ所をご紹介します。

ちなみに、ビールの種類などの基本情報については下記の過去の情報を参考にしてくださいね。
ビール好きによるバンクーバー・ビール事情まとめ!

イースト・ビレッジ(East Village)とは


photo from The East Village Vancouver

イースト・ビレッジとはバンクーバー市の東エリア、イースト・バンクーバーと呼ばれるエリアの中心にある商業エリア。ざっくり言うと、東西はRenfewストリートからClarkドライブまで、南北はPowellストリートからPenderストリートまでの区域になります。
このエリアには560のレストランやサービスのお店と、140の会社があり、キツラノやメインなどのオシャレなエリアに比べて話題になることは少ないながら、実は隠れた魅力あるお店やスポットが点在する場所です。

ビール醸造所(ブリュワリー)10ヶ所

1: Parallel 49 Brewing Company


バンクーバーの先駆けブリュワリーのひとつでもある、Parallel 49。多くのバーやレストラン、リカーショップ(酒屋さん)で取り扱われるので、ビール好きならかならず一度は飲んだことがあるのではないでしょうか。
ちなみに、同じバンクーバーにある、オリジナルコーヒーとドーナツで有名な 49th Parallel Roastersとは違う会社です。
ここにはテイスティングルームがあるのですが、2017年5月現在は改装中で閉まっていますが、オープンしたらぜひ訪れてみてください。
普段ラガー(Lagar)派のLVスタッフのオススメは、定番のCRAFT LAGERか、苦みが少なめなのにコクがあるGYPSY TEARS Ruby Aleです。



場所:1950 Triumph Street,Vancouver, BC V5L 1K5
TEL:604.558.2739
Webサイト:parallel49brewing.com

2: Coal Harbour Brewing Company


こちらは2010年にオープンしたブリュワリーで、メインのビールは311 Helles Lager。2014年のカナディアン・ブリュワリー・アワードで金賞、2013年にBCビールアワードで3位を受賞したラガービールです。バンクーバーや近郊のリカーショップで缶スタイルで売られているので、ラガー好きさんは一度試してみてくださいね。購入できる場所はこちらからチェックを。こちらのブリュワリーでは普段は購入やテイスティングができませんが、イベントがある際には限られた量だけテイスティングができる時もあります。



場所:1967 Triumph Street,Vancouver, BC, V5L 1K6
TEL:604-215-7471
Webサイト:coalharbourbrewing.com

3: Doan’s Craft Brewing Company


ドイツスタイルのビールを醸造しているこちらでは、オシャレな雰囲気のテイスティングルームがあり、Tap(ビールサーバーから注がれるビール)を飲むことができます。またここのビールだけでなくメニューには「GEST TAP」と書かれたオーナーのドーンさんの友人である他のブリュワリーのビールが提供されることも。軽めの味わいが好みの方は、ドイツのケルン地方のスタイルビール、Kolschを試してみるといいですよ。



場所:1830 Powell Street,Vancouver, BC V5L 1H9
TEL:604.559.0415
Webサイト:doanscraftbrewing.com

4: Storm Brewing Ltd.

A post shared by Storm Brewing (@stormbrewing) on


バンクーバーでも歴史が長い1994年創業の小さなブリュワリー。外側からみると怪しい工場にしか見えないので、入り口の看板には「So scketchy but great beer!(超あやしいけど、美味しいビールあります!)」と書かれています。中に入るといかにも自家製醸造所といった雰囲気ですが、こちらではボトルでの量り売りで購入できます。バンクーバーのブリュワリーではよく「growler bottle」というボトルでビールが量り売りされますが、どこのブリュワリーも自分のところのボトルではなくても、もちろんそれに入れて売ってくれます。テイスティングルームはありませんが、その日に購入できるビールは、壁のメタルボードに書かれているので、そのメニューからブリュワリーの方に好みを伝えてみてください。バニラ・ウィスキーや、ローズレモネードなど名前もユニークなので、それも味のヒントになるかと思います。こちらのビールは他にバンクーバー市内や郊外のレストランで飲むことができますので、こちらからチェックを。



場所:310 Commercial Drive,Vancouver, BC V5L 3V6
TEL:604.255.9119
Webサイト:stormbrewing.org

5: Powell Brewery

A post shared by Powell Brewery (@powellbeer) on


上記でご紹介したDoan’s Craft Brewing Companyがあった場所にもともとあった小さなブリュワリーですが、2014年に今の場所に移転しテイスティングルームを併設してリニューアル。ここでは、Tapで飲むことや、「growler bottle」に入れて量り売りでの購入が可能。
このブリュワリーではたくさんの種類のビールが作られていて、バンクーバー市内や近郊のリカーショップや瓶や缶で購入できるビール、バーやレストランでTapで飲めるビールなど様々。
こちらのブリュワリーでまず試すのであれば、カナダ国内や海外で様々な賞を受賞しているのOld Jalopy Pale Ale(イングリッシュペールエールタイプ)がおすすめです。



場所:1357 Powell Street,Vancouver, BC V5L 1G8
TEL:604.558.2537
Webサイト:powellbeer.com

6: Callister Brewing Company


2015年にオープンしたこちらのブリュワリーはちょっとユニークで、個人のブリュワー(醸造家)やブリュワリー会社が、互いにコラボレーションしてビールを作ることをコンセプトにしています。2017年現在の今年は、Boombox Brewiing、Lighthouse Brewiing、Real Caskといったブリュワーが参加しています。
こちらでつくられたビールは、バンクーバーの地ビール専門バー・レストランでのみ提供されているほか、ここのテイスティングルームで楽しむことができます。今年は主にIPAタイプのビールが多いようですよ。



場所:1338 Franklin Street,Vancouver, BC V5L 1N9
TEL:604.569.BREW (2739)
Webサイト:callisterbrewing.com

7: Off the Rail Brewing Company


2015年にオープンしたこちらのオーナーさんは、もともとは80年代からヨーロッパやアメリカ各地の醸造所を巡るほどのビール醸造ファン。家族経営していたTheRailwayClubという音楽バーでお気に入りの地ビールを出していたのだとか。
満を持してオープンしたこちらには、テイスティングルームがあり、10〜12種類ほどのTapで飲めるビールのほか、growler bottleでの量り売りでの購入も可能。現在は、バンクーバーのダウンタウンを中心としたバーやレストラン、リカーショップで取り扱われています。ラガー好きさんはPSYCLE PATH LAGERが、IPAが好きな方は、2016年のカナディアン・ブリュワリー・アワードで金賞をとったCLASSIC PALE ALEがおすすめです。



場所:1351 Adanac Street,Vancouver, BC V5L 2C3
Webサイト:offtherailbrewing.com

8: Bomber Brewing


ホッケーファンの仲間で2014年にオープンしたこちらは、実はビール会社リーグのホッケーチームもやっているいかにもカナディアンなブリュワリー。テイスティングルームではTapで楽しめるほか、Growler Bottleでの量り売りや、缶や瓶のパッケージでも購入できます
いろんな種類のビールがありますが、中でもこのブリュワリーで試して欲しいのは黒ビール。黒ビールのタイプのひとつのPoterとして、チョコレート風味のCHOQLETTE PORTER、ビールとしてはかなり高いアルコール度数9.5%のStoutタイプ黒ビール、Russian Imperial Stoutなどがあります。



場所:1488 Adanac Street,Vancouver, BC V5L 3J7
TEL:604.427.7457
Webサイト:bomberbrewing.com

9: Andina Brewing Company


コロンビア出身の兄弟がはじめた南米スタイルのこちらは、今年2017年の3月にオープンしたばかり。
テイスティングルームというより、こちらのビールを楽しめるレストランが併設されていて、ここでは南米スタイルの料理とともに、Tabでのビールを楽しめるほか、Growler Bottleでの量り売りもされています。ちなみに、こちらのGrowler Bottleは陶器製のデザイン(上の写真)もあってとても可愛いです。
そして、このブリュワリーらしいビールとしてオススメなのが、アンデス地方スタイルのビールMelcochaという名前のこの南米ビールは、香ばしく甘い香りがするのが特徴。Melcochaとはキャラメルのようなコロンビアのお菓子で、このビールの味わいもそのお菓子をイメージさせるのだとか。


場所:1507 Powell Street, Vancouver, BC V5L 5C3
TEL:604.253.2400
Webサイト:andinabrewing.ca

10: Strange Fellows Brewing Company


こちらは正確にはイースト・ビレッジのエリア内ではないのですが、他のブリュワリーと近いところにあるので、こちらもご紹介します。こちらも、たくさんの種類のビールがバンクーバー圏を中心に流通しており、リカーショップで買える缶やビールで飲めるビール、バー・レストランで飲めるTap用ビールとがありますので、こちらでチェックを。
こちらのテイスティングルームではTAPで飲めて、量り売りで購入が可能。苦味が少ないタイプが好きな方はベルギースタイルのJongleur、ホップの香りが好きな方は、人魚の絵が目印のTalisman(ウェストコーストペールエールタイプ)がオススメです。


場所:1345 Clark Drive, Vancouver, BC,V5L 3K9
TEL:604 215 0092
Webサイト:strangefellowsbrewing.com

蒸溜所2ヶ所

1: Odd Society Spirits


こちらの蒸溜所では、地元のBC州で栽培された大麦やライ麦を使ったジンやウォッカ、ウィスキーなどが作られています。
こちらのテイスティングルームは、上記のカジュアルなビール醸造所と雰囲気が変わって、いっきにオトナな雰囲気が漂い、ここで作られた蒸留酒をベースにしたオリジナルカクテルが楽しめます。
BC州プリンスジョージエリアで栽培された麦をベースにしたウォッカEast Vanや、Canadian Single Malt Casksというウィスキーなどは、ローカルメイドなお土産としてもおすすめです。ここ以外にもバンクーバーのリカーショップでも買えるので、こちらでチェックしてみてくださいね。


場所:1725 Powell Street,Vancouver BC V5L 1H6
TEL:604-559-6745
Webサイト:oddsocietyspirits.com

2: Resurrection Spirits


2017年5月現在、実はまだオープンしていないのですが、近々オープン予定で現在工事中のResurrection。細かい情報はまだ不明ですが、ここで作られる蒸留酒(ウォッカやジンやウィスキーなど)をテイスティングルームで味わえるようになるそうです。蒸溜所内のツアーも予定されているそうです。



場所:1672 Franklin St, Vancouver, BC V5L 1P4
Webサイト:resurrectionspirits.ca

醸造所・蒸溜所めぐりの楽しみ方

スタンプを集める

イースト・ビレッジ内の醸造所(ブリュワリー)や蒸溜所をめぐって、スタンプを集めると32oz分のGrowlerボトルのビールがもらえるEast Village Brewery and Distillery Passport」というスタンプラリー用パスポートが、2017年の2月から発行されました。

裏面には、各ブリュワリーや蒸溜所の場所が掲載された地図もあって便利。

このパスポートに記載されているブリュワリーや蒸溜所に置いてありますし、下記のPDFからプリントアウトして利用できます。ぜひトライしてみてくださいね。

プリントアウト用PDF:East Village Brewery and Distillery Passport

イベントに参加する

今年はすでに終わってしまいましたが、ブリュワリーや蒸溜所をめぐるイベント「HOP CIRCUIT」が昨年から4月に毎年開催されています。

こちらは、イースト・ビレッジに限らず、イースト・バンクーバーエリア全体のブリュワリーが参加します。普段はオープンになっていないブリュワリーも参加して各所でテイスティングを楽しめたり、フードカートが出たりするので、毎年多くのクラフトビールファンがやってきます。
おそらく来年も4月に開催されると思いますので、主催するYeast Van Brewery DistrictのFacebookインスタグラムをチェックしておいてくださいね。

さて、皆さん気になるブリュワリーは見つかりましたでしょうか。ビールも蒸留酒も、知れば知るほど面白いので、ぜひこの機会に飲み過ぎには気をつけて、バンクーバーのクラフトビールを楽しんでください。
ちなみに、カナダでは19歳以上でないとお酒が飲めませんので、一応IDも忘れずに持っておいてくださいね!

地図

Topへ