• トラベルプリペイドカード

【クレジットでも現金でもない】海外滞在で賢くお金を管理するトラベルプリペイドカードのススメ

   
  

留学や海外旅行、ワーキングホリデーでかかせないのお金の管理。学費や生活資金など、多額のお金の管理が必要になるので上手にやりくりする事が重要です。
そこで、今回そうしたカナダでの滞在でお金の管理につかえる便利な手段のひとつ海外滞在用トラベルプリペイドカードについてご紹介します。

それぞれのメリット・デメリットは?
日本からお金を持って行く方法

海外滞在で最も大切になるお金。そのお金を日本から持って行く方法はたくさんあります。
日本から現金で持って来る人もいれば、現地でつくった新しい口座に海外送金で家族から送ってもらう人、日本のクレジットカードを使う人など方法は様々。そして、いま海外滞在用のトラベルプリペイドカードを利用する人も増えはじめています。

  外貨円替 海外送金
(銀行間送金)
クレジットカード トラベルプリペイドカード
現金入手の便利性 空港や市内で両替する 銀行窓口、ATMから引き出す
(現地口座の開設が必要)
ATMから引き出す
(キャッシング枠が付与されている必要がある)
ATMから引き出す
盗難・紛失時 盗難・紛失時の補償がない キャッシュカード(現地銀行)の再発行に時間がかかる 盗難・紛失時のサポート 盗難・紛失時のサポート
活用性 あらゆる店舗で利用可 現金・カード(デビット機能付き現地銀行キャッシュカード)での利用可能 利用できる店舗が多い 利用できる店舗が多い
手数料 為替手数料が高い(通過により異なる) 送金手数料が高い(1回あたり数千円) 為替手数料などがかかる 為替手数料などがかかる

日本とこうも違う?!
思った以上にカード社会のカナダ

カナダ滞在中は、生活用品の買い物や外食、友人たちと出かけたりする他、お金を使う様々なシーンがでてきます。日本とは違い、欧米圏では現金をたくさん持ち歩くのは危険が伴うのでカードを使うのが主流です。カナダの現地の人たちは、クレジットカードとデビッド機能付きキャッシュカード、現金を織り交ぜてつかっています。
短期滞在の留学生や旅行者の人たちは、自国から持ってきたクレジットカード、海外滞在者用プリペイドカードを利用しています。

カードの種類

キャッシュカード
(現地口座)
デビッドカード クレジットカード トラベルプリペイドカード
銀行口座から現金の出入金や残高照会の照会などができるカード。ただし、カナダの現地到着後に口座開設が必要。 銀行が発行するカードで、口座残高の範囲内で買い物での即時決済が可能。海外で使えるのはVISA/JCB提携のデビットカードのみ。

発行している日本の銀行は限られている。カナダ現地銀行でのクレジットカードにデビッド機能が付いている事が多い。
買い物での即時決済できるショッピング機能、提携のATMから現金を引き出せるキャッシング機能がある。信用を基にして決められた限度額内で後払いする。 あらかじめカードにお金をチャージし、店頭でのお買い物やATMから現金を引き出すことが可能。国際送金代わりとしても利用できる。

トラベラーズチェックに代わる新しい海外での決済方法。トラベルプリペイドカード
旅行や出張など渡航の際に、多額の現金を持ち歩かなくても済むように発行される外国旅行者向けの小切手。それがトラベラーズチェックです。以前は現地で通貨に変更できる信頼できるものでしたが、日本国内では2014年3月31日に販売が終了しました。現在では、トラベラーズチェックに代わるものとして、トラベルプリペイドカードが発行されています。トラベルプリペイドカードは、残高の範囲内でのカード払いや、ATMから現地通貨を引き出せる機能など、クレジットカードと比べて使い過ぎの心配がありません。

カードを使う時・使えない時

カードを使う時の例(バンクーバーの場合)
・コンビニで購入するペットボトル1本
・Compass Cardの購入
※グレーターバンクーバー圏のバスや電車で使えるICカード。詳しくはこちら
・学校へ学費の支払い
・レストランやカフェで精算
・スーパーやドラッグストアで食料や日用品
・コミュニティーセンターでのジム利用費
・コンサートやイベントのチケットをオンラインで購入

カードが使えない時の例(バンクーバーの場合)
・バスで乗車券を買う時($2.75の小銭のみ)
・アパートのコインランドリーを使う時(小銭のみが多い)
・家賃の支払いの場合(カード類が使えるところもたまにありますが、ほとんどの場合、現金、チェック、銀行振り込み)
・一部のアジア系商店、中国系レストラン
・クロネコヤマトつめ放題パック用のダンボールを購入する際(LifeVancouverのオフィスで取扱中)
・Aquabusの乗車賃


比較的治安のよいカナダでも気を抜かないで!
海外での盗難・紛失被害額は152億円

2012年の日本人海外旅行者1849万人のうち推計159万人が何らかのトラブルに遭遇しており、その約75%は「盗難・紛失」被害。なかでも多いのが「現金」の盗難・紛失で、その被害総額は推計152億円になります。主な被害要因は「スリ」が約40%と最多で、「置き引き」などを含めると約80%以上に。カナダは比較的治安がよい国ですが、日本よりも盗難などの報告は多いのも事実です。日本とは違うことを認識して、普段から気を引き締めておかねばですね!

現金を持ち歩く場合の注意

●財布に入れておく現金は必要最低限にしておく。
●現金はできるだけ細かく。少額紙幣やコインでもっておく。

ちなみにLVスタッフたちも皆、普段は0~50ドルくらいの現金しか持ち歩きません。スリが多いエリアでは、コートのポケットから抜き取られたり、背中のリュックを開けられたり、カフェで足元に置いたままにしたバッグを持って行かれることもありますので、油断をしないように気をつけましょうね!

経験者の声
実際によくあるお金のトラブル

実際にカナダで生活をはじめると、お金に関して困った経験をする人も多くいます。下記は実際によく聞く体験談です。

現地でクレジットカードの盗難にあい、カード会社に止めてもらったものの再発行に時間がかかりお金の工面に苦労した

お金が足りなくなったので、日本にいる親から仕送りをしてもらおうとしても手続きの関係で送金してもらうのに時間と高い送金手数料がかかった。

外貨両替所が近くになく、ショッピング機能のみのクレジットカードしか持参していなかったので現金調達に苦労した


なんだかんだで重宝する!
トラベルプリペイドカードのココが便利

トラベルプリペイドカードの5つの便利さ

1.使いすぎる心配がない
クレジットカードではないので、残高の範囲内での利用ができ、使いすぎることもありません。

2.日本からの送金が可能
滞在中にお金が足りなくなっても日本の家族から、または自分の日本の銀行口座からカードへ送金ができます。

3.クレジットカードを持てない学生も使える
銀行口座を持てない未成年やクレジットカードを持てない学生でも利用できます。

4.盗難・紛失時もサポートがある
なくしたら戻ってこない現金とは違い、通常のクレジットカードやキャッシュカードのように盗難や紛失時のサポートサービスがうけられます。

5.ATMから現金を引き出せる
ATMから現地通貨の現金を入手することができます。

トラベルプリペイドカードの使い方

お店で支払う時
使い方はクレジットカードやデビッドカードと同じ。カード裏面には本人のサインが必要です。

1.支払いの際に、加盟店でカードを提示
支払いでそのトラベルプリペイドカードが使えるかを提示しましょう。

2.伝票にサイン、またはカードリーダーに暗証番号(PIN)を入力
サインを求められる場合(アメリカなど)、読取機に暗証番号を入れる場合(カナダなど)があります。金額を確認してそれぞれサインまたは入力をしましょう。

3.お客様控えと商品を受取
お客様控えは必ずもらいましょう。

 
ATMで現金を引き出す時
以下はATM操作の一般的な流れです。ATM機種によって手順が異なることもあります。

用語解説
【SELECT SOURCE ACCOUNT】 → 口座選択 【CREDIT 】→ クレジットカード 【SAVINGS】 → 預金 【CHECKING】 → 当座預金【BALANCE】 → 残高照会 【ENTER 】→ 入力 【PIN】 → 暗証番号 【WITHDRAWAL】→ 引き出す


最も人気のトラベルプリペイドカード
マスターカード「キャッシュパスポート」とは?

世界210以上の国や地域のマスターカード(MasterCard®)加盟店マスターカード対応ATMで利用できるのが、いま最も人気の海外滞在用トラベルプリペイドカード「キャッシュパスポート」です。
ATMで現金を引き出せるので、現地到着してすぐにカナダドルで食事や買い物をができます。またカードが使えるお店ならほぼマスターカード加盟店なので、かなりのお店で食事も買い物もカードだけで決済もできます。
※日本国内ではご利用いただけません。

 

キャッシュパスポートの魅力5つ

1.年会費や発行手数料ががいらない
ATMでの現金引き出し時(カナダは1回2ドル)、カードへの入金時に手数料がかかりますが、年会費やカード発行手数料、カード管理費は無料です。

2.申込から1週間程度で使える
申込から1週間程度でカードが自宅に届くので、出国前に急いでいる時も助かります。

3.銀行口座がなくても使える
カードアカウントに対して入金すればよいので、銀行口座がない未成年者でも申込が可能。

4.マスターカード加盟店やATMで使える
マスターカードは、カナダでもよく利用されるカードブランド。カードが使えるお店ならほぼマスターカード加盟店と言ってよいでしょう。

5.スペアカードがあるので盗難・紛失時も安心
キャッシュパスポートの特徴といえるのが、スペアカード。もし盗難や紛失にあっても予備のスペアカードがあるので、カード再発行を待つ必要がなく、すぐに日常通りに食事や買い物などができます。

 

旅行や留学での使い方
「キャッシュパスポート」の利用者アンケート

※留学ジャーナル調べ

キャッシュパスポートをどんなシーンで使っていましたか?(複数回答)

1位:キャッシュレスでの支払い(54人)
“デビッドカードとして、食事や買い物に使っていました。欧米では日本よりもはるかにカードでの支払いが普及しています。”(ボストン留学・20歳・女性)
“とにかく現金を持ち歩かずに済むので安心。トロントではどこでも使えて便利でした。”(トロント留学・22歳・男性)

2位:現地ATMから現地通貨を引き出す(45人)
“欧米でもATMはいたるところにあります。留学先や旅行先から外貨をおろして生活費に。まとまった現金をもたなくていいので安心できます。”(バンクーバー留学・21歳・女性)

3位:ネットショッピング(35人)
“クレジットカードを持っていない場合でも、滞在中、ネットショッピングにも利用できました。”(ロンドン留学・22歳・男性)

4位:学校の授業料や教科書代の支払い(12人)

5位:ホームステイや寮などの支払い(6人)

 

キャッシュパスポートのどんな点が魅力でしたか?(複数回答)

1位:スペアカードがあること(42人)
“メインのカードと一緒にスペアも発行されるので安心感がありました。もしカードをなくしてしまっても、再発行をまつことなくスペアを使えばいいので。”(シドニー留学・19歳・女性)
“スペアは使っていないもうひとつの財布に入れて、キャリーケースの中に保管していました”(ニューヨーク留学・21歳・女性)
2位:マルチカレンシー機能(33人)
“1枚のカードのなかに7つの通貨をチャージできるので、旅行の時には助かりました。おかげで休暇中にアメリカ、カナダ、イギリスと快適な旅行ができました。”(ロサンゼルス留学・19歳・女性)
3位:マスターカードのブランド力(28人)
“体感的にはどの街のどの店でも通用するという印象でした。”(サンディエゴ留学・20歳・男性)
4位:デビッド機能(27人)
5位:Webサイトで利用可能なATMが検索できる(18人)

アンケートに寄せられたその他の声

クレジットカードだけで大丈夫?
“クレジットカードは学生の場合だと限度額が少なく、キャッシング枠がないこともあります。現地ではクレジットカード一枚しか持ってきておらず困っている留学生も見ました。つい使いすぎてしまうのもデメリット。いくつかのカードを使い分けて資金管理をするためにも、キャッシュパスポートを申し込みました。”(ボストン留学・20歳・女性)

やっぱり安心できるスペアカード
“海外で使えるトラベルプリペイドカードにもさまざまな種類がありますが、スペアカードが同時に発行されるのはキャッシュパスポートだけだと、実際に留学した先輩が教えてくれました。この安心感は想像以上です。紛失したとしても再発行までの間をスペアでつなげばいいのですから。”(バンクーバー留学・21歳・男性)

欧米はキャッシュレス社会です
“実際にアメリカへ行って感じたのは、日本以上のカード社会だということ。コンビニでもフォスとフードでも、そして少額でもカードでの支払いが当たり前です。キャッシュレスでスマートな支払いをするのが常識の欧米に留学するならキャッシュパスポートは必須だと思います。”(ニューヨーク留学・21歳・女性)

インターネットまたは郵送かFAXで
「キャッシュパスポート」の申込の流れ


Topへ