• 銀行

カナダでの銀行口座開設について。長期滞在では銀行口座を作っておこう!

   
  

bankワーホリや長期留学でカナダにやってきた時に、
まずしなければならないことと言えば、銀行口座開設

カナダでは、高額の現金を持ち歩くという習慣が無く、多くの人が「デビットカード(銀行のキャッシュカード)」か、「クレジットカード」を使用して普段の買い物をしています。 ほとんど全ての店でこれらのカードが使用可能です。 小銭を持ち歩かなくて済むのはもちろん、セキュリティー面からも、
長期で滞在する方は現地で口座を開設する事をオススメします

・カナダのメジャー5大銀行について

Cl_logo_TD

TD Canada Trust

バンクーバー支店では日本語で口座開設が可能な日本語デスクあります。手数料や小切手など日本とは違うシステムについて日本人スタッフが丁寧に教えてくれます。
日本語のホームページもあります。

CIBC

CIBC

トロントに本社を置く銀行で、カナダ国内のほとんどのセブンイレブンに ATM が設置されています。日本語通訳サービスは今のところないようです。

Scotiabank-logo

Scotia Bank

トロントに本社を置き、カナダ以外にもアメリカ、日本東京支店など、国外の支店数が最も多いです。下記支店には日本語を話せるスタッフがいるため、電話でアポを取ることで日本語でサービスが受けられます。

rbc_logo

Royal Bank of Canada

モントリオールとトロントに本社を置くカナダ最大の銀行。日本からの口座開設も可能ですが、手数料が少し割高のようなので特別な理由がない限り現地到着後の開設がオススメです。もし支店に日本語を話せるスタッフがいない場合は、どの支店でも日本語の通訳サービスが無料で受けられる。

RBCウェルス・マネジメント資産運用グループであれば、日本帰国後でも投資口座を維持し、資産運用を維持することが可能 ※最低金額25万ドル~、日本語での相談も可能(Email: shoko.sanchez@rbc.com / Tel: 1-604-257-7291)

 

BMO-logo

Bank of Montreal

トロントに本社を置くカナダで最も古い銀行。日本語通訳サービスは今のところないようです。

 

・口座の種類

Chequing Account
日本で言う「普通口座」です。 お金の引出しが自由に行えますが、プランによって月に無料で引き出し出来る回数や維持費が異なります。

Saving Account
日本で言う「定期預金」です。引出す度に手数料がかかったり、引出し回数・金額に制限があるのが一般的で、基本的にお金を貯金するために使用する口座です。

 

・必要な書類

身分証明書 2つ
パスポート、SIN カード、カナダの免許証、BCID、国際学生証など写真付きIDが2つ必要です。

住所を証明できるもの
銀行によって異なりますが、住所証明が必要な場合がほとんどです。

 
長期滞在の場合、銀行口座は最初にやっておきたいことの1つです。
ぜひとも確実にやっておきましょう。



contactlens_600px

 

 

 

Topへ