冬はカナダよりアメリカ旅行がお得⁉バンクーバーから気軽に行ける観光都市6つ!

   
  

バンクーバーから気軽にお得に旅行したい人
雨季のバンクーバーから脱出して羽を伸ばしたい人
冬でも寒すぎないところへ旅行したい人
まだアメリカの各都市に行ったことがない人


(カリフォルニアの砂漠の中にあるサルベーション・マウンテンはインスタ映え抜群!)

「雨季のバンクーバーから脱出して、自由気ままに旅行したい」と思いませんか?(バンクーバー在住者なら、ね。思いますよね・・・?)

カナダで冬の旅行といえばオーロラ鑑賞が人気ですが、カナダ国内の旅行はなんだかんだで航空券が高くついてしまうこともしばしば。

そこで今回は日系旅行会社のNaviTour さん協力の元、旅行のプロがオススメするバンクーバーから気軽に行くことができるアメリカの観光都市を一挙にまとめました。

また、冬にカナダ国内を旅行するよりも、アメリカ旅行をオススメする理由についても教えてもらったので、あわせてご紹介します!

NaviTourさんが冬はカナダ国内旅行よりアメリカ旅行をオススメする2つの理由

まず、バンクーバーから気軽に行けるアメリカのオススメ観光都市を紹介する前に、「なぜ旅行のプロが冬はカナダよりアメリカ旅行をオススメするのか?」を説明したいと思います。

 

1. カナダ国内よりアメリカに行く方が航空券が安いことが多い

バンクーバーからカナダ国内を移動する場合、航空券代はけっして安くはないですよね。

それとは逆に、バンクーバーからアメリカに行く場合、カナダ国内旅行をするより航空費が安くなる可能性が高いんです!

その理由は、アメリカはカナダより航空会社が多く、価格競争で航空券も安くなっているから。

例えば、冬でも安いときは バンクーバー ⇔ ロサンゼルス の往復便が $ 300 前後で買えたりすることも!安いですよね~。

以下、カナダとアメリカでどのくらい違いがあるのか同じ日付で費用を比べてみました。

1. バンクーバー ⇔ ロサンゼルス $299

AC 550 25JAN バンクーバー ロサンゼルス 08:40 11:35
UA 460 28JAN ロサンゼルス バンクーバー 16:31 22:11
 

2. バンクーバー ⇔ イエローナイフ $ 535

WS 120 25JAN バンクーバー カルガリー 11:00 13:22
WS 197 25JAN カルガリー イエローナイフ 17:05 19:12

WS 3259 28JAN イエローナイフ エドモントン 06:00 08:01
WS 161 28JAN エドモントン バンクーバー 10:15 10:54

ということで、以上2つを比べてみるとロサンゼルス行きの方が単純計算で $ 236 も安いことが分かりました。

また、航空会社の出しているパッケージでは、バンクーバー⇔ラスベガス往復航空券+格安ホテル(2名1室)3泊パッケージ 1人当たり $ 350~という破格値も!

ラスベガスの格安ホテルはカジノでお金を落としてもらうために、部屋代を安くしているために実現する価格とのことです。

もちろんオーロラも人生で一度は見たいですが、「お金はできるだけ節約したい!でも、旅行もしたい!」という方はアメリカ旅行を考えてみるのも手です。

(※あくまで一例になります。航空費は日時や場所によって異なるので、参考程度にしてみてください)

 

2. カナダは冬に人気の観光地が限られる。アメリカは冬でも楽しめる観光地がいっぱい。

冬のカナダに行きたいところといえば、やっぱりオーロラ鑑賞ができるイエローナイフホワイトホースですよね。

その他にもカナディアンロッキープリンスエドワード島などの人気の観光地がありますが、基本的にカナダは冬になると寒いところ(東部はほんとに寒い!)が増えるため観光客が減少する傾向にあります。


(ロサンゼルスの夜景)

しかし、カナダと比べて大都市が多いアメリカは冬でも見どころ満載!観光客が絶えることがありません。

旅行する側としても、寒すぎるのはやっぱり嫌ですよね。それなら夏はカナダを存分に楽しんで、冬はアメリカに行くのが賢い選択といえるのかもしれません。

 

旅行のプロがオススメするアメリカの観光都市6つ


(ポートランドの夜景)

それではここから、ナビツアーさんに教えてもらったバンクーバーから気軽に行けるアメリカのオススメ観光都市6つをまとめてお届けします!あなたはどこに行ってみたいですか?

 

1. ロサンゼルス – カリフォルニアの魅力満載!西海岸最大の都市

カリフォルニア州最大の都市として知られているロサンゼルス。

まずは何と言ってもロサンゼルスの郊外アナハイムにある元祖ディズニーランド・リゾート!本場ならではの魅力を堪能できます。
ロサンゼルス国際空港からは有料シャトルバス「ディズニーランド・エクスプレス」が運行していて、ダウンタウンからは公共交通機関で行くことが可能です。

また、映画発祥の地として誰もが知っているハリウッドはもちろんのこと、高級ブランドショップが並ぶビバリーヒルズ、陽気で開放的な雰囲気が味わえるサンタモニカなど、一日の観光では足りないほど魅力がたくさん詰まっています。

 

★ハリウッド(ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド)

映画の街ハリウッド!スターたちの名前が刻まれている「ウォーク・オブ・フェイム」で有名な目抜き通り「ハリウッド・ブールバード」には、ろう人形館や博物館があり、ここでショッピングもたっぷりと楽しめます。

その他、アカデミー賞授賞式の会場であるドルビー・シアターや、一日かけて楽しみたい大人気テーマパークであるユニバーサル・スタジオ・ハリウッドに行くのもオススメ。

ハリウッドサインがよく見える展望ポイントとして知られているバビロン・コートもあるので、ここで記念撮影しておきましょう!

 

★サンタモニカ

西海岸らしい雰囲気に包まれているサンタモニカはビーチタウンとして有名です。特に素晴らしい夕陽を見ることができるサンタモニカビーチのサンセットは必見!

また、サード・ストリート・プロムナードは繁華街となっていて、ショッピングや食事を楽しみたいというあなたに最適。3階建ての屋外高級ショッピングモール「サンタモニカ・プレイス」にも行ってみてください。
 

★ビバリーヒルズ

セレブ感を十分に満喫できるビバリーヒルズは、ロデオ・ドライブを中心としたエリアが観光スポットになっています。この通りには有名高級ブランドショップが並んでいて、シャネルやグッチ、エルメスなど日本人にも人気のブランドも多数あります。

また、ビバリーヒルズといえば、やっぱりセレブ!超高級住宅が並び、誰もが知っている有名セレブたちの豪邸を外から見ることができますよ。特にロデオドライブはセレブ御用達と言われているので、運が良ければ有名人に会えるかも!

映画「プリティ・ウーマン」で主演のリチャード・ギアとジュリア・ロバーツが過ごした高級ホテル「ウィルシャー・フォーシーズンズ」もあるので、ファンの方は必見です。

 

★ベニスビーチ

サンタモニカの南にあるベニスビーチ。最近はオシャレな街としても知られていて、アボットキニーブルバードを中心にオシャレなブティックやバー、雑貨屋などが続々とオープン。ロサンゼルスの中でも人気のショッピングエリアです。

また、ベニスビーチの海沿いには露店が出ているので、歩いているだけでも十分楽しめるはずです。

2. サンフランシスコ – 絵画のような風景が堪能できる街

絵画のような風景を楽しむことができるカリフォルニア州中西部に位置するサンフランシスコ。

観光スポットの中でも必ず見ておきたいのは、世界的に有名な深紅の橋「ゴールデン・ゲート・ブリッジ」。霧が多いことで知られるサンフランシスコなので、記念撮影前には天候を確認しておきましょう。

また、街中をケーブルカーが走っているので、車内から街の風景をのんびりと眺めてみてください。オシャレなレストランもたくさんあるので、港町ならではの新鮮なシーフードも一緒に堪能しましょう。

 

★ケーブルカー

サンフランシスコの街には勾配のある坂道が多いので、観光も兼ねて利用したいのがケーブルカー。サンフランシスコの名物として知られていて、3路線中2路線が街の中心部(ユニオン・スクウェア)から発着します。

また、ケーブルカーやバス(ミュニバスと言う)を頻繁に利用する場合は、ミュニパスポートを購入すれば小銭を用意する必要がないので、なにかと便利です。

坂の上から海を見下ろすような風景写真はインスタ映えしますよ~!

 

★ゴールデンゲートブリッジ

サンフランシスコを語る上で絶対外せないゴールデンゲートブリッジは、アメリカ西海岸のサンフランシスコ湾と太平洋が接続するゴールデン・ゲート海峡に架かる吊り橋です。全長2,737mという圧倒的な規模で、かつては世界最長の吊り橋として知られていました。

少し離れた絶景ポイントから深紅の吊り橋を写真に収めるもよし、自転車をレンタルして実際に橋を渡ってみるもよし、はたまた空の上から眺めるもよし!ゴールデンゲートブリッジの楽しみ方はあなた次第です。

 

★フィッシャーマンズ・ワーフ

サンフランシスコ湾沿いにある観光名所として知られているフィッシャーマンズ・ワーフ。
フィッシャーマンズ・ワーフの中には、海のトンネルで人気の水族館なども入っているピア39というショッピングエリアもあり、ショップやレストランが軒を連ねて賑わっています。

ピア先端エリアでは、日向ぼっこをするあしかを観ることができるシー・ライオン・ドックもあるので、アシカ・ウォッチングに行ってみてはいかがでしょうか?

 
★アルカトラズ島

世界で一番有名といわれる刑務所があるアルカトラズ島は、フィッシャーマンズ・ワーフからフェリーで行くことができます。

アルカトラズ島は別名「監獄島」「ザ・ロック」として知られていて、1963年まで連邦刑務所がありました。観光では脱出不可能といわれた刑務所の内部を見ることができ、独房で記念写真を撮ることも可能。

アルカトラズ刑務所から脱獄したフランク・モリスの実話を基に制作されたクリント・イーストウッド主演映画「アルカトラズからの脱出(1979年)」を事前に鑑賞しておくと、もっと楽しめるかもしれません。

ナビツアーさんのオススメのサンフランシスコ・ツアー

★地上からでは味わえない空からの観光をたっぷりと!サンフランシスコ ヘリコプター遊覧飛行ツアー $ 190

★観光をお得に楽しめる サンフランシスコ エクスプローラーパス $ 65

★観光をお得に楽しめる サンフランシスコ GO CARD $ 66


日帰りで行けるサンフランシスコ郊外ツアーもありますよ~!

★見逃せないアメリカ国立公園の代表格!ヨセミテ国立公園 1日観光ツアー $ 200 ~
1984年にユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されたヨセミテ公園は、年間350万以上もの人が訪れるといわれています。また、1991年にスティーブ・ジョブズが結婚式を挙げた場所としても有名。雄大な自然を楽しみたいならココは外せません。

★世界的に知られるワイン産地ナパバレーでワイナリー巡り!ナパ プレミアムツアー $ 140~
サンフランシスコから車で一時間くらいのところにある世界的ワインの産地「ナパバレー」。オーパスワン、ロバート・モンダヴィなどナパを代表する有名ワイナリーを巡るワイン好き必見のツアーになっていますよ。

3. ラスベガス – エンターテイメントの宝庫で世界一周旅行!

ラスベガスは大きく分けると、ストリップ地区(多くのホテルやカジノに面した長さ約6.8㎞の大通り)ダウンタウン地区のふたつに分けることができます。

ストリップには世界中の国をデザインした高級志向の大型ホテルが点在していて、観光者に大人気。泊まって楽しむのはもちろんですが、大通りを歩くだけでも世界一周旅行をしたような気分を味わうことができます。

また、ラスベガスはグランドキャニオン、アンテロープなどのグランドサークル観光の拠点にもなっています。

 
ストリップにある代表的なホテルの例

★ウィン・ラスベガス

ラスベガスで一番ゴージャスなホテルといえばウィン・ラスベガスです。ホテルの裏側にはゴルフコースがあったり、人工の山や滝などもあり、緑豊かな自然の雰囲気を味わうことができます。

★パラッツォ

イタリア語で「宮殿」を意味するパラッツォ。なんと総工費16億ドルをかけて建設されました。イタリアブランドが集結した全室スイートのホテルを隅々まで探検してみてはいかがでしょうか。

★ベネチアン

水の都ベネチアが徹底的に再現されたベネチアン。運河にゴンドラがあったり、ヨーロッパの雰囲気が詰め込まれた宮殿さながらのエレガントなホテルに泊まれば、セレブ気分が味わえます。

★パリス

エッフェル塔、凱旋門、オペラ座を含むパリの観光名所が集まっているパリス。ライトアップされた夜景が美しいと評判です。

★ルクソール

世界初のピラミッド型のホテル+スフィンクスの像でエジプト感満点!ホテルの中にもエジプトをイメージしたオブジェが多々あります。

★ニューヨーク・ニューヨーク

1930~40年のマンハッタンの街並みが再現されたホテルです。1/2サイズの自由の女神を写真に収めましょう。


ちなみに、その他にも様々なテーマのホテルが軒並みあります。

・世界最大規模で迷子になる人多数!?「MGM グランド」
・ハリウッド映画をテーマにして、各部屋に映画の小道具がある「プラネットハリウッド リゾート&カジノ」
・南国のビーチリゾートの気分を味わえる「マンダレイ・ベイ」

その他、ラスベガスとグランドサークルについてはこちらの記事をチェックしてみてください。


アメリカのグランドサークルで絶対見逃せない8つの絶景+ラスベガスの観光名所5つ

 

4. シアトル – バンクーバーから気軽に行けるからこそ、奥深く楽しみたい

バンクーバーからバスや列車で気軽に行ける観光都市シアトルは、ワシントン州最大の都市。美しい街並みと自然が広がっています。移動手段で特にオススメなのは、アムトラック(全米を走る旅客鉄道)!西海岸の風光明媚な景色をたっぷり楽しめますよ。

シアトルでは日本人観光客に人気のスターバックスの1号店でしか手に入らないお土産を買ったり、パイクプレースマーケットで魚が空中を飛び交う迫力のパフォーマンスを観たりと、人気の観光地がいっぱい!

ちなみにナビツアーさんのツアーには、シアトルにあるボーイング社エベレット工場を見学できるツアーもありますよ。

この工場は飛行機の製造現場を一般公開している世界中でたったひとつの場所なので、飛行機ファンならずとも見逃せないスポットのひとつです!

 

★パイク・プレース・マーケット

現存するマーケットでは全米で最も歴史が古い「パイクプレースマーケット」。年間の訪問者数は1,000万人にのぼると言われていて、約200以上のショップが集まっています。

このマーケットで一番有名なものといえば、「パイク・プレース・フィッシュ・マーケット」!空飛ぶ魚のパフォーマンスを見ることができるかもしれません。
 

★スターバックス1号店

パイクプレースマーケットのすぐ隣にあるのは、1971年開業のスターバックス1号店

1号店では当時使われていた茶色のロゴが今でも掲げられていて座る場所もありませんが、ここでしか買えない「Pike Place Market」の文字が入ったマグカップが販売されているので、お土産や自分用に購入するのもオススメです。
 

★スペースニードル

1962年の万国博覧会時に建設されたシアトルを象徴するスペースニードル。高さは184mで、159m地点の展望台からはシアトル市街地だけでなく、レーニア山、エリオリンピック山脈、カスケード山脈やオット湾に浮かぶ島も見渡すことができます。

また、360度回転する展望レストラン「SKYCITY」も絶景を楽しみながら食事ができてオススメ。1階にはギフトショップもありますよ。

 

★チフーリ・ガーデン・アンド・ガラス

チフーリ・ガーデン・アンド・ガラスは、世界的に有名なシアトル出身のガラスアーティスト、デール・チフーリ氏の作品を展示している美術館のこと。

色鮮やかで独創的なガラスアートに圧倒され、夜にはガラスアートがライトアップ!一味違う雰囲気を味わうことができますよ。

また、スペース・ニードルのすぐそばにあるので、スペースニードルとセットで気軽に観光できるもおすすめポイントの一つです。
 

5. ポートランド – 消費税が無税!ショッピングをたっぷり楽しみたいならココ!

今、巷で話題!知名度・人気上昇中のポートランドは、オレゴン州最大の都市、そして「全米一住んでみたい街・環境に優しい街」として知られています。バンクーバーからだと車や列車で約8時間かかるので、その場合は1泊2日でゆとりのある旅がオススメ。

ポートランドの魅力はなんといっても、消費税が無税なところ。お土産を買うのに最適な都市と言えるかもしれません。

ダウンタウンから約5km北東にあるアルバータストリートには、オシャレなカフェやショップがずらりと並んでいるので、ゆったりとした時間の中でお買い物を楽しんでみてはいかがでしょうか。

また、西海岸でも有数のグルメシティとして有名。お手頃価格のメニューを提供するフードトラックが街中にたくさんあることでも知られているので、食べ歩きを楽しみたい方にもオススメです!地元のビールにも挑戦してみてください。

 

★パール・ディストリクト

いまやポートランドで一番オシャレなエリアとして知られるパール・ディストリクトは、ダウンタウンからストリートカーで約5分程度で行くことができます。

レンガ造りの倉庫が並ぶ光景を眺めたり、アートギャラリーを見学したり、オシャレなショップで買い物(何度も言いますが無税!)をのんびりと楽しみたい場所です。

 

★パイオニア・コートハウス・スクウェア
ポートランドのダウンタウン中心にある広場。市民がブロックを購入して建設された場所で、7万1,165個にもなるブロックひとつひとつに寄付者の名前が刻まれています。

また、この広場にポートランドの観光案内所があるので、ポートランド旅行の際は一番最初に訪れるのもオススメ。ダウンタウンにはオブジェが点在しているので、オブジェ探しの旅も面白いかもしれません。

 

★日本庭園

1967年に完成した日本庭園。市内を見下ろすことができるワシントンパーク内のウエストヒルズにあります。

日本人によってデザインされているので、アメリカにいながら日本の趣を感じることができる地元民にも人気の貴重な場所。四季折々の風情ある景色を味わうことができるので、冬でも十分に楽しめるはずです。

6. ニューヨーク – アメリカ最大の都市で最先端を肌で感じる

最後に紹介するのは、アメリカと言えば忘れてはならない+寒くても行く価値のある都市「ニューヨーク」。市域人口は800万人を超えます。(バンクーバー市は約60万人なので、いかに大きな都市であるかが分かりますよね。)

ロンドンと並んでトップクラスの世界都市であり金融センターでもあるニューヨークは、世界の文化やファッション、エンターテインメントなどの中心地と言えるので、街を歩くだけでも刺激があるかもしれません。

実はオンタリオ州トロントから飛行機で約1時間半という距離なので、まずトロント観光をして、ニューヨークもついでに満喫するのもいいかもしれませんね。

 

★自由の女神(Statue of Liberty National Monument)

ニューヨークといえば、リバティ島にある自由の女神像ですよね。1984年にはユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています。

自由の女神は「X-メン(2000)」「ゴジラ FINAL WARS(2004年)」など数々の映画にも登場していますが、あなたは自由の女神の足元にちぎられた鎖と足かせがあるのをご存知ですか?これは、弾圧や抑圧からの解放と、みんな自由で平等であることを表しています。

リバティ島にはマンハッタンからフェリーで行けるので、ぜひ間近で自由の女神の迫力を体験してみてください。リバティ島に上陸して自由の女神の冠(Crown)まで登りたい方は、早めにオンラインでチケットを予約しましょう。

 
★エンパイア・ステート・ビルディング(Empire State Building)

ニューヨーク市マンハッタン区にある超高層ビルで、ニューヨークのシンボルの一つ。1931年に竣工したエンパイア・ステート・ビルディングは1972年まで世界一の高さを誇るビルとして知られ、1986年にはアメリカの歴史建造物に指定されています。

ビルの86階にある屋外(!)展望台からは、ニューヨークの街並みを一望することができます。夕陽に染まる美しい摩天楼や夜景も素晴らしいので、夕方から夜にかけて行くのもオススメです。

 

★メトロポリタン美術館(Metropolitan Museum of Art)

ニューヨーク市マンハッタンにあるのはご存知、世界最大級の美術館として知られるメトロポリタン美術館。

世界中からあらゆる時代の作品がメトロポリタン美術館に集まっていて、一日で全館を巡るのは難しいと言われるほど収蔵品が多い(300万点以上!)ので、時間が許すだけ楽しみたいところです。

ミュージアムのショップにはセンスの良いお土産も揃っているので、ニューヨークのお土産をここでゲットするのもオススメ。


 

まとめ:アメリカ旅行は組み合わせ次第でさらにお得にできるかも!

最後になりますが、実はナビツアーさんによると、以下のように1ヵ所だけの観光ではなく2ヵ所以上を組み合わせれば、周遊券でもっとお得に旅行できるとのこと!

組み合わせの例
★ロサンゼルス+ラスベガス
★ロサンゼルス+サンフランシスコ
★シアトル+ポートランドなど

アメリカ観光をお得にする方法は、旅行のプロであるNaviTourさんにまずは聞いてみてはいかがでしょうか?


(サンフランシスコの街並み)

また、アメリカは観光スポットが一部に集まっていないことが多いので、「普段はツアーを利用しない」という方でも、ツアーに参加して手っ取り早く回るのもいいかもしれません。何より、全部連れて行ってもらえるので楽チンですよね~!

それに加えて、大都市の中では治安が悪いところもあるので、ツアーで回れば心強いですよね。


(冬のグランドキャニオン)

ということで、バンクーバーから気軽に行けるアメリカの観光地を6つまとめて紹介しましたが、あなたが行ってみたいところはありましたか?

LifeVancouverスタッフは個人的に、ラスベガスのホテル街で世界一周旅行した気分を味わう+冬のグランドサークルで雄大な自然を眺めて人生観を変えてみたいです!

あなたも、お得に冬のアメリカ旅行をしてみてくださいね!

ナビツアーさんにお問い合わせする

お名前 (必須):

メールアドレス (必須) :

メールアドレス (確認用):

お電話番号(必須):

 

お問い合わせ内容

※留意事項(必ずお読み頂いた上で送信ボタンを押して下さい。)

 

本ページでお問い合わせ頂いた内容については、LifeVancouverではなく ナビツアー・カナダ(Trans Orbit Canada Tours, Inc.) へ送信され、ナビツアー・カナダから連絡がございます。2営業日以上たっても返信や連絡がない場合は、メールアドレス間違いやエラーの可能性があります。直接ナビツアー・カナダへご連絡いただくか、お手数ですがもう一度お問い合わせフォームの入力送信をお願い致します。

 

(免責事項)※ここでご紹介する内容・プログラムなどは ナビツアー・カナダ(Trans Orbit Canada Tours, Inc.) によって提供されます。LifeVancouverでは上記でご紹介したすべての内容、プログラムの開催・参加の可否について一切の責を負いかねます。

 

Navi TOUR(ナビツアー)について

NAVI-TOURlogo
Navi TOURは世界各地に展開している日系旅行会社で、カナダではバンクーバー・ダウンタウンに支店をもちます。
バンクーバーをはじめ、ビクトリア、トロント、モントリオールなどカナダ全土において、豊富な種類のツアーを、と〜ってもリーズナブルな価格で提供しています!

Navi TOUR オフィシャルサイトはこちら
Facebook ページはこちら
その他の記事はこちらの特集ページから
電話番号:1-604-682-5885(北米内フリーダイヤル:1-866-682-5885)
営業日・時間:月-金9:00-18:00(土・日・祝日 休み)
住所: #422-470 GRANVILLE STREET, VANCOUVER B.C. V6C1V5

2016-07-30_00-23-06

Topへ