売れない時期でも売り抜く為のリノベーション

   
  

「フレッド吉村の寝ても覚めてもバンクーバー不動産」第5回
文/フレッド吉村

2019年1月の不動産市場統計が発表されましたが、昨年に引き続き一段と市場の冷え込みが厳しくなっています。

そんな中、今回は【売れない時期でも売り抜く為のリノベーション!】をテーマに、これから売却をご検討の方へアドバイスさせて頂きます。

第一印象が全て

買い手が物件を見学に来る際、まず始めに目に入るのは建物の外観で、第一印象の良し悪しはほぼその時点で決まります。手入れの行き届いた庭、新しい外壁やトリム(窓枠)のペイント、きれいにパワーウォッシュされた外装やポーチ、新しい玄関ドア、などはやはりポイントが高いといえます。コンドミニアムの場合、バルコニーの清掃やデッキ・タイルを敷くと効果的です。

設備のアップデート

内装の見た目も重要ですが、新しい屋根、暖房ファーネスホットウォーター・タンクといった設備のアップデートも効果的です。高い交換コストや毎月の維持費を気にする買い手も多いですので、これらが新品・保障付き、ハイ・エフィシエンシーモデル、オンデマンド(瞬間給湯器)などに替わっていると、物件に対する信頼、安心度がグッとアップします。

ベースメントの改装

戸建ての場合ベースメントなど、賃貸収入を生むセカンダリー・スイートは非常に重要です。実際に賃貸するかは別として、セカンダリー・スイートやIn-Lawスイートからの収入は、高額な物件価格や固定資産税などの維持費の上昇、金利上昇の影響により現在では不可欠となっています。貸し出しが出来るように改装がされていない、又はリクリエーション・ルームとして一世帯で使用している場合、2世帯に改装してバリューをアップする方法もお勧めです。

言うまでもなく、キッチンやバスルームは高得点!

キッチンやバスルームの改装は間違いなくバリューをアップさせます。特別にレイアウトや配管を変えない限り、比較的簡単にアップデートが可能です。古めの家でもキッチンをオープンレイアウトに変更するだけで、格段に新しくなります。バスルームを増やすのもポイントが高いです。

フロアー

ペイントと同様に最も簡単に部屋の印象をリフレッシュする事ができます。最近ではラミネートフロアーと呼ばれる木目調のラミネートが主流で、以前のハードウッドに比べて各段に安くなっています。施工も釘や接着をしないので、数日程度で完了します。色調なさまざまですが、今はモダンな白系のキャビネットに、少しグレー系や薄めの木目調が流行りです。

基本中の基本、やはりペイントはマストです!

一番簡単に安価にできるリノベーションです。特に痛んでいなくても家全体の清潔感、フレッシュ感がグッと増します。面倒でもベッドルームなどのクローゼット内も白で塗っておくと、手抜き感がなく買い手に好印象を与えます。合わせて窓のサッシなども綺麗に掃除しましょう。

コントラクターの選び方

これらリノベーションは分かっていても中々手が付けられないものです。特に共働きで育児に忙しいご家庭などでは、ご自身でされるのはほぼ不可能です。良いコントラクターを見つけるポイントは、相見積もりでフェアな相場を理解する、業者さんのポートフォリオ(施工実績)を見せてもらう、最近請け負った現場のお施主さんからリファレンスを貰う意匠や仕上がり予想は写真を使ってより具体的に明確にする、などが考えられます。安い見積もりだけで業者を選定したり、元々の打ち合わせ不足などは、後々トラブルの原因となりますの十分注意が必要です。流行のデザインを熟知しているインテリアデザイナーに一括してお願いするのも良い方法で、費用効果をさらに高めます。

まとめ

これらのアップデートは一度にやろうと思っても時間や費用面で中々進みません。事前に修繕やアップグレードプランを立て、予算を組んで序所に行いましょう。ご所有の不動産のメンテナンスは全て詳細に記録し、保証書やマニュアルなどもファイルして、いざ売却の時には【家の履歴書】なる物を作成し、思いっきりアピールしましょう!近々売却予定で時間な無い!という方はプロに任せて一気に仕上げてしまった方が楽です。それなりに大きな費用がかかりますが、効率の良いリノベーションをする事で、売却時にコスト回収、またはそれ以上の結果が期待できます。先ずはお一人で悩まずに、お気軽にプランをご相談ください。

フレッド吉村不動産売買のプロ・リアルター(REALTOR)

フレッド吉村

日本で一通りの学校教育、専門商社での営業実務経験を積んだ後、1994年4月に24歳でカナダ・バンクーバーへ渡航。現地日系旅行会社で働いたのち、2002年にBC州公認不動産仲介ライセンスを取得し、最大手のリマックス不動産グループに所属。以来16年、不動産売買のプロ、リアルター(REALTOR)として活躍中。日本の専門商社で培った建築資材の知識や、営業・交渉ノウハウ、日本人ならではのきめ細かなサービス精神をフルに活かす不動産売買のプロ。 不動産売買のご相談は以下より、お気軽にご相談ください。 【Facebook】バンクーバーの不動産 フレッド吉村 - リマックス不動産 【Web】2015 RE/MAX Group. F.Yoshimura

このコラムニストが書いた記事一覧はこちら

Topへ