《 オールド・フェイスフル・ショップ 》レトロモダンな雑貨屋さん

   
  

「石川まりこのとっておきバンクーバー」第7回
文・写真/石川まりこ

1886年の大火以降に建てられた赤レンガの歴史的建造物が立ち並ぶギャスタウン周辺。2010年、その一角にちょっとレトロでモダンな雑貨店オールド・フェイスフル・ショップがオープンしました。

実はこの建物、経営者のウォルター・マニング Walter Manning の祖父が1903年にジェネラルストア(雑貨店)を始めた場所。1930年代に閉店してからは、床屋やビリヤードホール、カフェに転用され、1940年以降、荒れ果てて放置されていたのをウォルターが発見。共同経営者のサバンナ・オルセン Savannah Olsen とともに、雑貨店の再オープンを果たしたのです。

商品のコンセプトは、シンプルで上質。昔ながらの信頼できる品質。時を経て今もなお愛されるクラシックなデザイン。身の回りのモノにこだわる人々に使ってほしいと厳選した家庭雑貨が並びます。新商品の入荷に合わせて、ほぼ2週間ごとにレイアウトが変わるので、近くに行くたびに寄りたくなります。

現在扱っているアイテムで特におすすめなのは、オールド・フェイスフル特製のトラベル・キャンドル(CA$24.95)。純粋な植物性の木蝋100%。石油精製の副産物であるパラフィンや石油成分などを含まないので、室内の空気を汚さず、逆に浄化してくれるスグレモノ。ひとつずつ手作りされ、飴色のような金色の缶は再利用が可能です。気持ちが落ち着くラベンダーの香りがおすすめ♡

また、カナダ東部オンタリオ州のヒューロン湖畔で手作りされているシャーロット&キャステルのシーソルト・ソープ(CA$14.95)も毎日使いたい製品。100%ピュアな植物系オイルやココナッツミルクをベースに、厳選したエッセンシャルオイルやハーブ、微細な天然クレイを配合。塩で肌が引き締まり、クレイで毛穴の奥の汚れが吸着され、オイルで肌がなめらかに仕上がります。

店長のドナルド・ランブロウ Donald Lambrou は、この店のあたたかな雰囲気と本物志向のポリシーに魅せられて通っていたら、いつの間か働いていたとか。見事にたくわえられた彼のあごひげは、店のレトロなムードにぴったり。

主張しすぎないデザインの特製ランプは、店舗の裏で彼とスタッフが手作りしています。

丁寧に油引きされた木造の床、レトロな雰囲気を醸し出す赤レンガの壁、ノスタルジックに古びた飾り棚、ぬくもりを感じるやわらかな明かり、高い天井が演出する広々とした空間。何を買うわけでもなくふらっと立ち寄ったら、ずっと探していたモノが見つかる嬉しさ・・・。秘密にしておきたいけど、みんなにも知ってもらいたい、そんな魅力的なお店です。

石川まりこトラベルライター・ツアープランナー・ツアーガイド

石川 まりこ

11歳でひとり旅を始めて、中学・高校時代は日本全国を鉄道でめぐる。19歳で初めてアメリカに行き世界の広さを実感。23歳で中国を3ヶ月旅して、多様な文化を体感。その後、海外旅行添乗員として約50か国をご案内。現在はツアープランナー、ツアーガイド、トラベルライターとして、カナダ専門旅行会社 ARA Professional Travel & Support Inc. に勤務。ツイッターフリッカーでカナダの現地情報を発信中。

このコラムニストが書いた記事一覧はこちら

Topへ