《 シーゲルズ・ベーグルズ 》本店は24時間営業!

   
  

「石川まりこのとっておきバンクーバー」第6回
文・写真/石川まりこ

ベーグルとは、輪型にしたパン生地をゆでてから焼いたユダヤ式のパン。北米では、ユダヤ系移民の多いニューヨークとカナダ東部のモントリオールが有名です。

ニューヨーク風は、生地に塩と麦芽を練り込み、何も入れないお湯でゆでてから焼くため、外カリ中ふわで、きれいにまん丸。一方、モントリオール風は生地に塩を入れず、麦芽と卵を練り込み、蜂蜜入りのお湯でゆでてから焼き上げるため、しっかり詰まった感じで見かけはちょっとごつごつしてるけど、食感はもっちりもちもち。

1990年から地元の人々に愛されているキツラノのベーグル屋さん、シーゲルズ・ベーグルズ。一歩入るとなんだか懐かしい昔のパン屋さんの雰囲気。ショーケースに並んだ美味しそうなベーグルを見ていると、おなかがキュルキュル鳴ってきちゃう。今日のランチは何にしようかな。

創業者のジョエル・シーゲル Joen Siegel は、モントリオールのベーグル屋さんで修行を積んだユダヤ系カナダ人で、この店のベーグルは純然たるモントリオール風。薪窯にこだわって一つずつ丁寧に焼き上げる昔ながらの味が魅力です。

シーゲルズのベーグルは、胡麻、芥子の実、タマネギ、サンドライトマト、シナモンレーズンなど種類が豊富で、季節によりパンプキンベーグルなども登場。バターを塗って焼いただけのシンプルなトーストは、噛みしめるうちにベーグル独特の自然な甘味が楽しめます。

1~2日はビニール袋に入れて常温保存できますが、すぐに食べないなら冷凍保存がおすすめ。横半分にスライスしてから凍らせると、解凍せずにそのままオーブントースターで焼けるので便利♪

キツラノ本店で食べるなら、モントリオール・スモークミートのサンドイッチがおすすめ! ミートはモントリオールの専門店から直接取り寄せているこだわりよう。

ベーグル生地にスモークミートをたっぷり巻いて焼いたおかずパンも美味♪

甘いおやつにはルゴレ Rugoleh がお手軽。チョコレート&くるみ、芥子の実、ジャム・ナッツ・レーズンなどの種類があります。

ベーグルに塗るクリームチーズも種類が豊富で、お持ち帰りも可能です。風味豊かなスモークサーモンを乗せたオープンサンドなど、いろいろ試してみてくださいね。

キツラノ本店 年中無休24時間営業

グランビルアイランド店 毎日09:00〜19:00

石川まりこトラベルライター・ツアープランナー・ツアーガイド

石川 まりこ

11歳でひとり旅を始めて、中学・高校時代は日本全国を鉄道でめぐる。19歳で初めてアメリカに行き世界の広さを実感。23歳で中国を3ヶ月旅して、多様な文化を体感。その後、海外旅行添乗員として約50か国をご案内。現在はツアープランナー、ツアーガイド、トラベルライターとして、カナダ専門旅行会社 ARA Professional Travel & Support Inc. に勤務。ツイッターフリッカーでカナダの現地情報を発信中。

このコラムニストが書いた記事一覧はこちら

Topへ