《 ラバトワール 》ギャスタウンでおしゃれブランチ♪

   
  

「石川まりこのとっておきバンクーバー」第1回
文・写真/石川まりこ

19世紀の末、バンクーバーで最初の牢屋だった赤レンガの建物をレトロモダンに改装して、2010年にオープンしたラバトワール L’Abattoir

フレンチの技法を駆使したウェストコースト料理が大人気で、今ではギャスタウンで最も予約が取りにくい店のひとつです。

エアカナダの機内誌オンルート・マガジンで「カナダのベスト・ニュー・レストラン」に選ばれて以来、カナダのベスト・レストラン100店にも毎年ランクインされるようになりました。

バンクーバー島出身のオーナーシェフ、リー・クーパー Lee Cooper は徹底的に手作りにこだわる人。ソースやケチャップはもちろんのこと、パンやソーセージ、パテなど、原材料から選び抜いて、一から丁寧に作っています。

食材はできる限り地元のオーガニック農場から仕入れ、料理法は基本に忠実に、しかし常に新しい味を探っていると語るシェフ。

洗練された料理の数々が気取りなく楽しめるのも魅力のひとつ。メニューはシーズンによって変わるので、ウェブサイトで予習してから行くのもいいかも。

ディナーはもちろんですが、実は知る人ぞ知るブランチの穴場。エントランスにあるバーカウンターや2階のダイニングも素敵ですが、休日の午後にはガラス張りのアトリウムでまったりしたい気分。

自家製のイングリッシュマフィンに新鮮なオーガニックの卵とカナディアンベーコン、旬の野菜を盛り付けたエッグベネディクトが美味。オランデーズソースより濃厚なサバイヨンがとろりとかかり、ほんのり香る白ワインが大人の味わいです。

飲める方なら、軽くさわやかなカクテルとともに、ゆっくりおしゃべりしながらどうぞ♪

石川まりこトラベルライター・ツアープランナー・ツアーガイド

石川 まりこ

11歳でひとり旅を始めて、中学・高校時代は日本全国を鉄道でめぐる。19歳で初めてアメリカに行き世界の広さを実感。23歳で中国を3ヶ月旅して、多様な文化を体感。その後、海外旅行添乗員として約50か国をご案内。現在はツアープランナー、ツアーガイド、トラベルライターとして、カナダ専門旅行会社 ARA Professional Travel & Support Inc. に勤務。ツイッターフリッカーでカナダの現地情報を発信中。

このコラムニストが書いた記事一覧はこちら

Topへ