訪日外国人の増加で人材不足中?!いま注目の医療通訳のスキルを身につけるには

   
  

これから新たに医療業界へ進む方、
医療に携わってきてさらなるキャリアアップを目指す方、

にぜひ注目してもらいたいのが、
バンクーバーで学べる医療通訳のスキル。
今回は、その医療通訳のプログラムについてご紹介します。

今、日本で医療通訳が注目されている背景

急増する訪日外国人

Shibuya

国土交通省・観光庁の最新のデータよると、2015年に日本を訪れた外国人旅行者は1973万7000人(推計)で3年連続で最高を更新。45年ぶりに出国日本人数を上回り、国際旅行収支は過去最高の黒字を記録しています。
日本の政府も、訪日外国人観光客の目標数を東京オリンピックの2020年までに4000万人とするなど、日本を訪れる外国人数はこれからさらに伸びていくことになります。


image from 国土交通省 観光庁

通訳不足が課題になっている医療現場

これにともなって今、医療業界でも外国人向けの医療支援の体制づくりが急務の課題になっています。

訪日外国人医療支援機構は、今年初めて医療関係者や旅行業界に向けたセミナーを開催。その中で、医療現場の最も大きな負担となっているコミュニケーションの難しさが挙げられ、厚生労働省もこのセミナー内にて、医療通訳の人材を本格的に育成していく必要性があることを強調しています。

参照:トラベルボイス「外国人旅行者向け「医療」支援の現状はどうなっているのか? 関係省庁の取り組みと今後の方針を取材した」2017年6月29日

医療通訳のスキルが使えるのはどんな職種?

医療通訳のスキルは、医療通訳士だけでなく、医療業界に携わる人全ての人々にとってスキルとして活用されています。
実際に、医療通訳のプログラムの卒業生は以下のような分野で活躍されています。


医療通訳士
看護師
検査技師
理学療法士
薬剤師
救急救命士
製薬会社
医療機器会社
一般ガイド通訳
医療事務
医科大学へ進学・在学

など

バンクーバーで医療通訳を学ぶTransMedのプログラムとは

バンクーバーで医療通訳を学ぶプログラムを提供しているのが、カナダで日本語医療通訳・医療コーディネートサービスを提供しているTrans Med(トランスメッド)さん。現役の医療通訳士による実践的な授業と、実際の医療現場でのインターンが人気です。

Trans Med(トランスメッド)
Trans Med(Trans Med Consulting Services Ltd.)は、バンクーバーやトロントを中心にカナダにおいて日本人向けに医療通訳や医療コーディネートサービスを提供しています。バンクーバーのメインランドクリニック内にオフィスをかまえ、医療通訳プログラムもメインランドクリニック内で行われています。
所在地:1061 Hamilton st. Vancouver, B.C. Canada V6B 5T4 (Mainland Clinic内)
Webサイトtransmedcanada.com

少人数クラスで3週間の実践的な集中受講

医療通訳プログラム

TransMedの医療通訳プログラムは、毎月開講される3週間のプログラム。
現役の医療通訳士から、医療、生体構造に関する英語の学習はもちろん、症状の説明、問診の取り方、 クリニックの受付や診察室を使ってのシュミレーションなど、実際にクリニックで使用するフォームや道具を授業に取り入れながら、実践的な内容で学びます。

クラスは少人数なので、一人一人にきめ細やかで、質問しやすいアットホームな雰囲気。生徒さんの要望に応じた内容を取り入れることもあります。

また3週間の集中講義のため、帰国日が迫っていて期間に制限がある方なども受講しやすく、授業も夕方からなので、昼間お仕事や学校に通っている方も受講ができます。

実際の医療現場でインターンシップ経験

医療通訳プログラム

オプションとして、クリニックや薬局で4週間のインターンシップを行うことも可能です。
カナダの実際の医療現場で貴重な経験ができるので、多くの人がインターンを通して様々な事を学び将来の仕事に役立てています。

現役受講生の皆さんの声

実際に、このTransMedの医療通訳プログラムを受講している皆さんに下記について質問してみました。

お伺いした事
1.医療通訳プログラムを受講することに決めた理由は?
2.他の医療英語のプログラムと比較して、TransMedのプログラムを受講しようと決めた理由は?
3.今後学んだスキルをどう活かしたいですか?
4.今後はどういったお仕事をする予定ですか?

1.もともと日本のクリニックで働いており、外国人の患者さまの症状を具体的に知ったり、お薬の飲み方などの説明をして、安心して帰ってもらえるようになりたかったので、受講を決めました。

2.生徒が4人だけという少人数制が魅力的でした。また、現地の医療機関でインターン経験は貴重な機会だと思いこちらのプログラムに決めました。医療という専門的な分野を学ぶのに、日本語で学べることも魅力のひとつでした。

3.日本帰国後はまた医療機関で働きたいと思っています。今回のプログラムの成果を活かしていきたいです。

4.日本の外国人の患者さまが多くいらっしゃるクリニックで、受付をしたいと思っています。

Kさん(20代)

1.日本にいた際、外国籍の方とクリニックや病院に行く機会がありました。しかし、医療英語をよく知らなかった為に私はうまく通訳出来ず、悔しい思いをしたのがきっかけです。また、2020年の東京オリンピックを控えてこういう分野を習得しておくのは無駄ではないと思いを受講を決めました。

2.医療英語を自身のキャリアアップになるべく繋げたいと思っていたので、専門的な名前や特殊な言い回し、また通訳のノウハウを学びたいと思っていたのですが、他社で体験レッスンを受けた際は物足り無く感じました。TransMedのプログラムのテキストを見た際に「こういう内容なら是非ここで学ぼう」と思い、受講に至りました。結果、聞いたことの無い単語や言い回しを学ぶことが出来ました。

3.クリニック等での通訳に役立てるほか、2020年のオリンピックに向けてもっと専門的な知識を身につけ、将来の自分の仕事に繋げたいです。

4.医療通訳のスペシャリスト

Yさん(30代)

1.カナダの医療制度に興味があったのと、もともと働いていた薬剤師として日本帰国後に復帰することを決めていたので、医療人として役に立つことを学ぶために決めました。

2.他の医療英語のプログラムは受講の最短期間が3ヶ月と長期だったり、医療英語のみを学べる学校が少なかった反面、このプログラムは3週間の医療通訳に特化集中でき効率的だったため決めました。

3.日本で海外の患者さんに対応する時や、疾患のこと、治療・薬について説明する際にプログラムで学んだことを活かしたいです。

4.医療現場で働く薬剤師に戻りましたが、今後さらに英語の勉強を続けて、医療と英語を活かせるようにしたいと思っています。

Kさん(20代)

1.医療英語を学ぶためにカナダに来たのですが、たまたまメインランドクリニックを受診をした際にパンフレットを見つけ、受講を決めました。

2.語学学校でも医療英語のコースを受けていましたが、一般的なことが多く、またすべての国籍の生徒向けなので、詳しいことは学べませんでした。こちらのプログラムでは日本人向けで、なおかつ医療英語のみに特化しているため、より細かな医療英語を学ぶことができたと思います。

3.現場で外国人の患者を対応することがあったので、今後もそういった際に非常に役に立つと思います。また、インターンシップで海外のカナダの医療事情を知ることができたので、日本との違いを含めて今後に生かすことができると思います。

4.せっかくの機会なので医療通訳検定を取得し、その方面に進むことができればと思っています。

Tさん(30代)

1.医療現場ですぐに使えるような実践的な生きた医療英語を学ぶため。

2.講師が日本人の方なので、英語が不十分な私でもニュアンスの違いなど細部まで理解できると思い決めました。また、プログラム終了後にインターンシップとしてクリニックや薬局で実習することができ、カナダの生の医療に触れることもTransMedのプログラムに決めた理由です。

3.今回学んだ事を、日本で薬剤師として病院や薬局、製薬メーカーで働く際(主に外国人の患者さんの対応時)に活かしていきたいと思います。また、現在さらなる医療英語の習得を目指して別の医療系カレッジに通っていますが、医療通訳プログラムで学んだことはカレッジの授業を受ける上で大いに役立っています。

4.来年ワーキングホリデービザを取得予定のため、このプログラムを含め習得した医療英語や通訳の知識を活かして、カナダの医療に少しでも貢献できるような仕事に就ければと思っています。

Mさん(30代)

1.日本で看護師をしており、医療英語に興味があったため。

2.実際の医療現場を見ることができるインターン制度があったのでこのプログラムしました。

3.東京オリンピックを控えこれから英語を需要が高まると思うので、病院に来た外国人の方の力になれるよう活かして行くつもりです。

4.日本帰国後も看護師を続けます。

Sさん(20代)

プログラム詳細

プログラム内容
・カナダの医療システムについて
・医療英語、生体構造に関する英語 (人体の名称・症状・薬・専門医等)
・医療現場でのコミュニケーション
・医療通訳ロールプレイング
・医療通訳者としての心構え
・ゲストスピーカーによる講義(カイロプラクター・心療カウンセラー等)
・無料体験(カウンセリング・カイロプラクティック等)
・インターンシップ(オプション)
 – クリニックまたは薬局での実習
 – 医療機関の見学(専門医・総合病院・検査機関など)
開講日 毎月1回(第1または第2月曜日スタート)
授与資格 プログラム修了証(サーティフィケート)
クラス人数 2〜4名
期間 3週間 (月~木、午後6時30分~8時30分)
インターンシップ(オプション) 4週間、15h/week

このプログラムの説明授業見学に参加する事も可能なので、医療通訳や医療英語に興味のある方は、まず下記のフォームからお問い合わせください。

お問い合わせ

お名前 (必須):

メールアドレス (必須) :

メールアドレス (確認用):

受講希望月

 

その他記載欄

※留意事項(必ずお読み頂いた上で送信ボタンを押して下さい。)

 

(免責事項)必ずご確認ください。
ここでご紹介した内容はTrans Med Consulting Services Ltd.から提供された内容です。LifeVancouverでは上記でご案内した内容について判断や保証をするものではありません。また、ここで入力された内容についてはTrans Med Consulting Services Ltd.へ直接送信されます。入力頂いたメールアドレスへ確認のメールが送信されますのでご確認下さい。もしメール届かない場合はアドレスの入力ミスなどが考えられます。もう一度確認の上、入力下さい。

 

Topへ