【バンクーバー・ビーチガイド2017】BBQ!夏の海!花火!音楽!パレード!

   
  

最近は午後9時頃まで明るいので、仕事や学校帰りにビーチに行く方も多いのではないでしょうか?

今回は四方を海と山に囲まれたバンクーバーのビーチと、2017年度のビーチ・イベントをご紹介します。
 

イングリッシュ・ベイ・ビーチ(English Bay Beach)

イングリッシュ・ベイ・ビーチはダウンタウンの南側にあり、夏には夕日を眺めたり、日光浴をしたり、ビーチバレーをしたり、水遊びをする人たちで常に賑わっています。

ビーチ沿いにはCactus Club, Milestones, The BoatHouse Restaurantなどの人気レストランがあり、キレイな景色を見ながら食事やお酒を楽しむことができます。

English Bay

また、1990年から毎年開催されているHonda Celebration of Light(3カ国が競い合う花火大会)では、花火が一番キレイに見える場所として大勢の人が集まります。

今年のHonda Celebration of Lightの日程と参加国はこちら↓

7月29日(土): 日本(Akariya Fireworks:灯屋煙火店)
 
8月2日(水): UK(Jubilee Fireworks)
 
8月5日(土): カナダ(Royal Pyrotechnie)

昨年の参加国アメリカはディズニーがプロデュースということで話題になりましたが、今年はなんと日本が参戦!ぜひ7月29日(土)は日本を応援しにイングリッシュ・ベイ・ビーチ行ってみてください!混み合うので、いい場所を確保するために早めに行くことをオススメします。

セカンド・ビーチ(Second Beach)

セカンド・ビーチはイングリッシュ・ベイからスタンレー・パークに入ってすぐの所にあり、ピクニックやBBQ、バスケットをする人たちで賑わいます。BBQができる場所は芝生で覆われていて、水道やトイレなどの設備も整っています。

Outdoor Cinema

7月から9月にかけて、この大自然の中に巨大なスクリーンが設置され、毎週火曜日の夜に映画が上映されます。今年の開催予定はまだ発表されていませんが、夏の夜空の下で友人や地元の人たちと一緒に観る映画は格別です!しかも無料というお得感もあります。

また夏の間だけオープンするセカンド・ビーチ・プール(Second Beach Pool)と呼ばれるアウトドア・スイミングプールもあり、子供連れの家族で賑わいます。プールの目の前にはどこまでも続く海が広がっています。

Second_Beach_Pool
photo from Wikimedia Commons

 

サンセット・ビーチ(Sunset Beach)

サンセット・ビーチはイングリッシュ・ベイの南に位置し、ランニングしたり、サンセットを眺めたり、犬の散歩をしたりと、憩いのひと時を過ごすのに最適な場所です。

SunsetBeach_EnglishBay

サンセット・ビーチからイングリッシュ・ベイに向かう途中には2010年冬季オリンピック公式エンブレムのデザイン元となった、大きなイヌクシュクの石像があり、観光客であふれています。

イヌクシュクの頭の上にはよく鳥がとまっていて、海とサンセットを背景に、沢山の人が代わり交代で写真撮影をしています。

Sunset Beach Party

サンセットビーチが最も賑わうのは例年8月頃のプライド・パレードの日です。
サンセットビーチはプライド・パレードの終着点であり、フェスティバル会場になっています。大胆な格好をした人たちが沢山いて、目のやり場に困ります。

昨年はカナダ首相ジャスティン・トルドーさん一家もパレードに参加し、多くの方の歓迎を受けていました!

↓昨年のプライドパレード紹介記事

↓昨年のプライドパレードの様子

今年のプライド・パレードの情報の詳細はまだ出ていませんが、引き続きLVでもお知らせしますね。
今年も行進人数8万人、総動員約60万人を数える、カナダ西部最大級のプライド・パレード、お見逃しなく!
 

キツラノ・ビーチ(Kitsilano Beach)

ダウンタウンからバラード橋を越えて南側にわたると、キツラノからブリティッシュコロンビア大学(UBC)までビーチが続きます。

ダウンタウンからは22番 Macdonaldのバスに乗り、Arbutas Street x Cornwall Avenueで下車します。Burrard橋を越えて直ぐなので、運動がてらに歩いて行くのもオススメです。

周辺は高級住宅街になっていて、お洒落なショップやレストラン、カフェが立ち並んでいます。

Kitsilano Beach
photo from Panoramio

キツラノ・プール(Kitsilano pool)では、海と山、そしてダウンタウンを見渡しながら泳いだり、遊んだりと優雅な水遊びが楽しめます。

bardonthebeach
photo from kitsilano.ca

今年のバード・オン・ザ・ビーチ・シェイクスピアは
6月3日(金)- 9月24日(土)に開催されます。

*バード・オン・ザ・ビーチ・シェイクスピアの祭典の詳細はこちら
*キツラノ・プールの詳細はこちら

ロマンチックな夜を過ごしたい方は是非行ってみて下さいね。

 

ジェリコ・ビーチ(Jerico Beach)

ジェリコ・ビーチはキツラノとUBCの間に位置します。

ダウンタウンからは4番 UBCのバスで、キツラノビーチを超え、4th St. x 4000 Blockで降りて数分歩くと、ジェリコ・ビーチが見えてきます。

Jericho Beach

ビーチが広いので、ウインドサーフィンなどのスポーツをやっている人もみかけます。ここから見るダウンタウンの景色は最高で、日の出や夕日、夜景などの写真を撮るには良いロケーションです。

都会から離れて、ゆっくりと物思いにふけりたいときにオススメの場所です。


photo from thefestival.bc.ca

ジェリコ・ビーチが最も賑わうのは、毎年7月にバンクーバー・フォーク・ミュージック・フェスティバル(Vancouver Folk Music Festival)が開催される期間で、カナダ国内外から集結したアーティストの演奏が楽しめます。

チケットを買って会場に入らなくても、外まで音楽は聞こえてくるので、沢山の人たちが会場から聞こえてくる演奏を聞きながら、日光浴をしています。

今年のバンクーバー・フォーク・ミュージック・フェスティバルは7月13日(木)- 7月16日(日)に開催されます。
*バンクーバー・フォーク・ミュージック・フェスティバルの詳細はこちら

会場の周りには沢山のテントが並び、アクセサリーや洋服、クラフトなどがお手頃な価格で売っているので、音楽を聞きながらのショッピングもオススメです。
 

レック・ビーチ(Wreck Beach)

行ったことありますか?ヌーディストビーチとも言われる、ヌードWelcomeのビーチがレック・ビーチです。

Wreck Beach @ UBC

ダウンタウンから4番 UBCか10番のバスで、終点のUBCのLoop Bay 3まで行き、そこから西に向かって15分歩き、突き当たった NW Marine Dr.を右折すると、レック・ビーチへ続く階段が見えてきます。

階段は542段あり、行きは良いですが、帰りは結構ハードです。

Wreck Beach!

他のビーチ同様、ここでは沢山の人がギターや読書、海水浴や日光浴を楽しんでいます。
違いは、『ヌードである』ということです。中には水着を着た人もいるので、是非一度は行ってみて下さいね。

7~8月には全裸マラソン(Bare Buns Run)も開催され、100名程度のランナーが全裸、若しくは半裸で5kmを走ります。

今年の全裸マラソンは7月17日(日)に開催予定です。

 

その他のビーチ

上記以外にも

■ BC近くのスパニッシュ・バンク・ビーチ(Spanish Bank Beach)

■ スパニッシュ・バンク・ビーチとジェリコ・ビーチの間にあるロカルノ・ビーチ(Locarno Beach)

■ スカイトレイン・ナナイモ駅近くにあるTrout Lake Beach (トラウト・レイク・ビーチ)

など、バンクーバーには沢山のビーチがあります。

Locarno Beach, Vancouver

スパニッシュ・バンク・ビーチは静かで夜は真っ暗なので、バンクーバーでオーロラが観測できると噂がたったときには、暗闇の中で沢山の人がオーロラの登場を待っていました。トラウト・レイク・ビーチは名前の通り、トラウト・レイクで有名です。

スパニッシュ・バンク・ビーチ、ロカルノ・ビーチ、トラウト・レイク・ビーチ、セカンド・ビーチではBBQができます。

サンセット・ビーチ、スパニッシュ・バンク(西側)、ロカルノ・ビーチでは騒音は禁止されているので、音楽を流すときは低音にして下さいね。

Locarno Beach in Vancouver

各ビーチの住所、ライフガード、コンセッション、バレーボールコートの有無については、Tourism Vancouverがまとめたこちら↓の表をご確認下さい。

Vancouver Beaches

photo from Tourism Vancouver

ということでいかがでしたか?

ビーチに行く際は、日焼け止め、サングラス、レジャーマット、お水、フリスビー、そしてBBQをする場合、BBQコンロを持参しましょう!
ちなみに、ビーチでの飲酒は禁止されていますので、ご注意下さい。

楽しい&ちょっとクレイジーなイベント、そしてBBQ、日光浴、ヨガ、などなど、自然豊かなバンクーバーの恵みを存分に活かして、アクティブな夏にしてみてはいかがでしょうか?

まだ行ったことのないビーチがあれば、是非この夏行ってみて下さいね!

※上記の情報は2016年5月13日時点のものです。

Topへ