【EF Education Firstさんに聞きました!】カナダ留学って何がいいの?

   
  

語学留学を検討中の方に多いのが、せっかく海外留学にチャレンジするので、英語の勉強だけでなく様々なアクティビティを満喫したいという声が寄せられます。「大自然に囲まれて過ごしたり、スポーツや異文化交流など、日本ではできない体験をしたい」という想いがあるようです。そんなマルチな活動をしたい方に人気の留学先が、カナダ。

今回は、留学の費用、体験談、カナダでのワーキングホリデーに関する情報を交えながら、カナダ留学に関する質問について、EF Education Firstの市川さんにお話を伺いました。

カナダ留学の魅力

クセのない英語と、移民に寛容なカナダ


EF Education Firstの市川さん

トロントやバンクーバーなどカナダの都市は、どこも大変インターナショナルです。道を歩いている人の国籍も様々です。現地の人々も外国からの移民の受け入れに寛容ですし、ショップなどでは店員さんとの世間話で盛り上がるなど、大都会なのに居心地のよい雰囲気に溢れています。一方で、他の英語圏と比べるとカナダの英語にはクセが少ないと言われています。発音や言い回しはアメリカ英語に似ていますが、地域による訛りなどが少ない分、カナダ英語は聞き取りやすく、海外留学が初めての方にもおすすめです。
カナダは、そのビザの柔軟性から、ワーキングホリデーに初めて挑戦する方にもお勧めの国です。英語力に不安があっても、最長で6か月間の就学が認められているので、語学学校に通いながら現地の生活に慣れることができます。ワーホリビザの期間中は、同じ雇用主の元で働くことができる為、仕事を変える必要もありません。

カナダ留学の疑問

語学学校はどこも日本人が多く英語力が伸びないと聞いて不安です。

語学留学を目指す方からよく聞かれる声が、「語学学校は日本人が多く、英語力がアップしないのでは」という内容です。スウェーデン発祥のEFは、ヨーロッパでの知名度が高いので、EFの語学学校で最も多い国籍はヨーロッパ圏、次いで南米諸国となっています。日本人は少なく、10%前後(各キャンパス共通)となっていますので、教室でも放課後でも英語力を磨くことができ、国際交流を深めることができます。

 
EFのプログラムは高いというイメージがあります。

EFは語学学校の運営会社のため、全てのお客様はEFの学校へ留学します。直営ですので仲介手数料などの発生はありません。EFの留学費用には授業料の他に、現地での滞在費用(ホームステイ・学生寮)、1日2回の食事、WiFiなどが含まれています。プログラム費用には日本での英会話レッスンも含まれており、出発前と帰国後6か月間、日本全国のEFオフィスでレッスンを受講できます。有効期間内はレッスンの受講数に制限はありませんので、英語レベルを保つためにもご活用頂くと宜しいかと思います。出発前~滞在中~帰国後まで、包括的にサービスを受けることができますので、トータルで考えるとオトクだと思います。
 
ワーホリに挑戦したいのですが、仕事探しなどはサポート頂けますか?

EFの語学学校にはJob Clubという機能があり、お仕事や住居探しをサポートするコーディネーターが常駐しています。携帯電話や銀行口座の手続きなど、ワーキングホリデーで必要な生活基盤について何でもご相談頂けますので、初めてのワーキングホリデーも安心してご参加頂けると思います。Job Clubには掲示板があり、地元の求人広告などが貼りだされていますので、気になる求人を見つけたらEFのスタッフへご相談ください。EFの語学学校では、面接の練習や履歴書の作成などもコーディネーターが指導します。

体験談

H.N.さん(男性)
バンクーバー校
1年間ワーキングホリデー
(12週間語学研修+9か月アルバイト)

Q:留学をしようと思ったきっかけは?
A:オンラインゲームがきっかけで外国人の友達ができたのですが、その友達と話せるようになりたくて英語を勉強し始め、その延長で留学をしました。
Q:出発前に何か準備はしましたか?
A:持って行くための、使い慣れたものや常備薬、厚めの服を揃えました。
Q:クラスの雰囲気やクラスメートの国籍を教えてください。
A:私がいたクラスは明るい雰囲気でした。国籍は、フランス、メキシコ、コロンビア、日本、スイス、ベルギーが多い印象でした。
Q:お気に入りの友人や出会いのエピソードを教えてください。
A:ハウスメイトが5人いたので、家が賑やかで楽しかったです。メキシコ人のハウスメイトがいたので、メキシコ料理にはまりました。
Q:ワーホリのアルバイトについて、仕事内容、職場の雰囲気など教えてください。
A:今はレストランで働いています。小さいお店ですがマネージャーが優しく、働きやすい環境です。
Q:語学学校卒業後の滞在方法について、アパートやシェアハウスの探し方、ハウスメイトの国籍など教えてください。
A:韓国人とブラジル人の住むシェアハウスへ入居予定です。アパートはクレイグズリストなどネットでも見つけることができます。
Q:今後の目標や計画などがあれば教えてください。
A:日本に帰国後も英語を使う仕事をしたいです。カナダで生活している間は英語を上達させて、日本ではできない経験をしたいと思います。

K. N. さん(男性)23歳
トロント校
4週間 語学コース

Q:留学をしようと思ったきっかけは?
A:英語を上達させたかったのですが、大学の研究室へ上がる前に行こうと思い、語学留学を決めました。
Q:留学へ出発する前の語学力は?
A:受験で沢山勉強したので読み書きは結構できたのですが、会話は自信がなく、外国の人を見かけると避けてしまうくらいでした。
Q:教出発前に何か準備はしましたか?
A:EFのプログラムに含まれていた、事前準備の英会話教室に週1-2回くらい通っていました。
Q:クラスの雰囲気やクラスメートの国籍を教えてください。
A:クラスはとても和気あいあいとした雰囲気で、先生と生徒の距離が近くて友達のような感覚。クラスに一体感がありました。国籍は、フランス、中国、韓国、南米、日本、中東諸国が多かったです。
Q:トロントでお気に入りのスポットがあれば教えてください。
A:私のおすすめは「トロントアイランド」です。学校から近いので、放課後や週末に行って、BBQやスポーツをしていました。都会なのに自然に溢れていてとてもリフレッシュできました。
Q:放課後や週末はどのように過ごしていましたか?
A:EFのアクティビティに参加してキャンプに行ったり、夜行バスでニューヨークへ遊びに行ったりとアクティブに過ごしていました。EFのアクティビティで行った、アルゴンキンパークでのキャンプは、現地のお客さんも参加していて、カナディアンの人々と交流する良い機会でした。
Q:これから留学する方へメッセージをお願いします!
A:自分から積極的に話しかけていくよう心掛けてください。相手も必ず答えてくれるし、そうするとコミュニケーションが楽しくなって、もっと英語を話すようになります。自らチャンスを作ることで、良いサイクルが生まれると思います。

カナダ留学の魅力を感じて頂けましたでしょうか。
綺麗な英語が身に着く、そして世界中から留学生が集まるカナダで、ぜひあなたらしい留学を叶えてみませんか?

ー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社
Webサイト/Facebook

1965年に、Education First『教育を第一に』をモットーにスウェーデンで設立し
た、イー・エフ・エデュケーション・ファーストは、世界最大級の私立教育機関です。現在では世界53ヵ国以上の国々に500を超える事業拠点、及び、直営語学学校を擁し、グローバルに教育事業を展開しています。イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社はイー・エフ・エデュケーション・ファーストの日本法人として1973年に設立され、言語教育、留学、オンライン英語学習など、さまざまなプログラムを提供しています。EFはアメリカの11か所、ニューヨーク、ボストン、シカゴ、ワシントンD.C.、マイアミビーチ、サンディエゴ、サンタバーバラ、サンフランシスコ、サンフランシスコ(ミルズ大学)、シアトル、ホノルルにて語学学校を展開しています。

Topへ