ケルト文化にどっぷりつかる!セントパトリックス・デーの意味と楽しみ方

   
  

PR


今年もこの時期がやってきました。

街が緑一色に染まる日、3月17日(木)は
セントパトリックス・デー(Saint Patrick’s Day)!
です。

st-patricks-day-background
Photo: Holiday Pictures

皆さんはセントパトリックス・デーについて、どれくらいご存知でしょうか?

飲む、ビール、緑、といったイメージが先行して、セントパトリックス・デーの本来の意味を忘れていませんか?

今回はセントパトリックス・デーの由来や「緑」が象徴するもの、セントパトリックス・デーの楽しみ方、パレードやアイリッシュ・パブ/バーについてまとめてみました。

知っておきたい5つのこと!

1. セントパトリックス・デーとは?

セントパトリックス・デー(Saint Patrick’s Day)はアイルランドでキリスト教を広めた聖職者(Saint)、パトリック(Patrick)の命日です。この日、3月17日はカトリックにおける祭日であり、アイルランド共和国の祝祭日でもあります。

アイルランドでは何世紀も前からこの日を祝う伝統が受け継がれてきましたが、正式に1903年より祝日となり、イギリスから独立後、徐々に祭礼日として広まっていきました。

2. 聖パトリックとは?

聖パトリックは、アイルランドの守護聖人です。彼はウェールズに生まれ、地主の息子として何不自由ない暮らしをしていましたが、16歳の時、村を襲った悪人に囚われ、アイルランドで奴隷として使われます。6年後に逃げ出し、修道院に逃げ込んだ聖パトリックは12年間修行に励み、432年から461年に亡くなるまでアイルランド中を布教活動して回り、各地に修道院・学校・教会を建てたと言われています。

St Patrick Shamrock
Photo: Roman Catholic Community

3. 「緑」が象徴するものは?

セントパトリックス・デーが近づくと、街が緑一色になりますが、なぜ「緑」なのでしょうか?

アイルランドは美しく緑多い風景から「エメラルド色の島」と呼ばれています。その為、「緑」はアイルランドのシンボルカラーであり、アイルランドのお祭り、セントパトリックス・デーには「緑」の服を着て、「緑」のビールを飲み、「緑」の食べ物を食べる風習があるからです。

4. 三つ葉のシャムロック

この時期に「緑」と同じくらい目にするのが、「三つ葉のシャムロック(クローバーの類似種)」です。シャムロックはアイルランド語でクローバーを意味しアイルランドの国章です。聖パトリックが『シャムロックの葉が3つに分かれているのは「三位一体」を表しているのだ』と説明し、キリスト教の布教に利用したことから、セントパトリックス・デーにはシャムロックの飾りをつける風習があるようです。

st-patrick-why-green
Photo: History

5. セントパトリックス・デーの過ごし方

セントパトリックスデーはアイルランドの宗教的な祝日なので、教会に礼拝に行くことも行事の一つですが、現在ではアイルランド国民だけでなく、世界中すべての人々が飲んで、歌って、踊り、アイルランドの豊かな文化や伝統に祝杯をあげ、共に祝う日となっています。

PR



バンクーバーのセントパトリックス・デー!

セントパトリックス・デーは、バンクーバーでも盛大に祝います。

CelticFest Vancouver 2016

今年で12回目を迎えるCelticFest Vancouverは、
3月10日(木)~3月17日(木)にわたって開催されます。

Ceilidh
Photo: CelticFest Vancouver

CelticFestとは聖パトリックを祭るフェスティバルで、期間中、路上売店、ストリートミュージックなど無料・有料のイベントがダウンタウン各地で開かれます。

イベントの詳細や時間はこちらから確認できます。

もっとも盛り上がるのが、週末にあたる12日(土)、13日(日)で、この2日間はCeltic Village & Street Marketが開かれ、ダウンタウンがケルト音楽やパフォーマンス、アートや食べ物などで賑わいます。この機会にケルトの文化に対する理解を深め、満喫しましょう。

[詳細]
日時①:3月12日(土)午前11時~午後6時
日時②:3月13日(日)午前10時~午後5時30分
場所:Granville st. (Robson st. と Nelson st. の間)
詳しい情報:こちら

 

そしてやはり、このイベントの見所は
セントパトリックデー・パレード
(St. Patrick’s Day Parade)です!!

St. Patrick's Day Parade
Photo: bored in vancouver

このパレードには毎年約2,000人が参加し、何千人という観客が集まります。

[パレードの詳細]
日時:3月13日(日)午前11時~
ルート:
Howe st. x Davie st.(北上)→ Howe st. x W. Georgia st. → Georgia st. x Granville st. ※地図上「緑」のライン
詳しい情報:こちら

 

Celtic Village & Street Market(赤)・パレードのルート(緑)↓

CF2016-Program-Guide-Map
Photo: CelticFest Vancouver

2014年のパレードの様子はこちら↓

その他、コンサートやスコッチウィスキーの試飲などの有料イベントがダウンタウンのパブやシアターで行われています。

「緑」を身に着けよう

パレード観賞やセントパトリックス・デー当日は、「緑」を身に着けて、現地の人と一緒にはしゃぎましょう!!

グッズはDollarma Storeで購入できます!また、パレードでは様々なグッズを配布しているので、何か貰えるかもしれません。

Dollarama

Irish Pub/Bar

3月17日、セントパトリックス・デーはアイリッシュ・パブ/バーに人が溢れます。
皆「緑」を身につけ、「緑」のビールを飲みます!

現地の人に混ってワイワイ飲みましょう~!

Green-beer-with-clovers-for-st-patrick-s-day
Photo: WHATS’ ON

[人気のアイリッシュ・パブ/バー]

■ The Blarney Stone (ガスタウン)
住所:216 Carrall St, Vancouver
ホームページ:http://blarneystone.ca/

■ The Irish Heather GastroPub(ガスタウン)
住所:210 Carrall St, Vancouver
ホームページ:http://www.irishheather.com/

■ Doolins Irish Pub(ダウンタウン)
住所:654 Nelson Street, Vancouver
ホームページ:http://www.doolins.ca/

■ Ceili’s Modern Irish Pub(リッチモンド)
住所:7311 Westminster Hwy, Richmond
ホームページ:http://www.ceilis.com/home

■ Vancouver St. Patrick’s Day Club Crawl(ダウンタウン)
こちらから$25のチケットを購入すると、ダウンタウンの4つのクラブ&アイリッシュパブの入場料が免除されるという、パーティ好きには最高のチケット!但し、3月12日(土)、学生のみ有効。

 

パブ/バーのホームページはセントパトリックス・デー仕様で、当日のイベント情報やスペシャルメニューがアップされているところもあるので、比較してみて自分の趣向に合ったパブ/バーを予め選んでおきましょう。

ID2つは忘れずに!!

それでは、思い出に残るセントパトリックス・デーにして下さいね!!

PR


Topへ