バンクーバーが北米で最も渋滞がひどい都市に(>_

   
  

毎年1位のロサンゼルスを抜いて、バンクーバーが初めて北米で最も交通渋滞がひどい都市になってしまいました(+_+)

(National Postより)

2013年、北米で交通渋滞がひどい順トップ10
(Traffic Congestion 2013 Index)
1. バンクーバー(カナダ)
2. ロサンゼルス(アメリカ)
3. サンフランシスコ(アメリカ)
4. ホノルル(アメリカ)
5. シアトル(アメリカ)
6. サンジョゼ(アメリカ)
7. トロント(カナダ)
8. ワシントンDC(アメリカ)
9. ニューヨーク(アメリカ)
10. モントリオール(カナダ)

以下はカナダ国内での交通の混み具合をパーセンテージで示した図です。
map1

この数字は、渋滞が全くない状態に比べてバンクーバーは約36%交通時間が長くなるということを意味しています。
例えば、通常1時間かかる車での通勤時間がバンクーバーでは約1時間20分となり、20分増えてしまうということです。

ちなみに混み具合の平均では、月曜日が最も渋滞が軽く、火曜日の朝と木曜日の夕方が渋滞のピークだそうです。
車をよく利用される方はぜひ参考にしてください。

いつかバンクーバーで渋滞が改善されるのを願いましょう!

Topへ