【英語ライフ】これは見たい!全裸でオッケー、驚きの自転車イベントが開催。

   
  

031: 全裸で自転車乗り?今年もバンクーバーで大々的に行われます。

Creativity will leave a lot of Vancouverite’s speechless on June 15 2013 when thousands of happy naked cyclists ride through Vancouver in “the greatest celebration of human powered happiness the world has ever seen.”

The World Naked Bike Ride (WNBR) is an international clothing-optional bike ride in which participants plan, meet and ride together en masse on human-powered transport (the vast majority on bicycles, but some on skateboards and inline skates), to “deliver a vision of a cleaner, safer, body-positive world.”

wnbr

(photo from google)

■単語チェック

1: leave ~~~ speechless: 唖然とする
2: human powered:人間によって
3: clothing-optional:洋服の着用が任意
4: en masse:大勢で一斉に
5: human-powered:人力

■和訳  

6月15日、多くのバンクーバー人は数千人の裸で楽しく自転車に乗っている人たちを見て、彼らの想像力に唖然とするでしょう。バンクーバー中を裸で自転車乗りするこのイベントは「世界が未だ見たことがない、人間によって創り出された幸せの祝杯」と言われています。

「世界ネイキッドバイクライド」 (WNBR)は世界各地で行われている洋服の着用が任意のイベントです。参加者は会ってルートを決めたりし、大勢で人力移動手段(ほとんどの人が自転車ですが、スケートボードやローラースケートの人もいます)を使って「きれい、安全で自分たちの体に自信を持てる世界ビジョン」を訴えて行きます。 

■和訳のポイント

1: leave ~~~ speechless(リーブ スピーチレス)

「leave speechless」は唖然とすると訳せます。「leave」-> おいて行かれるほどと加える事によって、唖然さを強調しています。

2: human powered(ヒューマン パワード)

「human powered」は人間の力みたいなニュアンスで使われています。他に、想像力・行動力などと、様々な人間の力を表せます。

3: clothing-optional(クロージング – オプショナル)

「clothing-optional」は洋服の着用が任意と訳せます。単語と単語の間のにハイフンがあるので、複合語ですね。

-「Clothing is optional at the event」
-> イベントでは洋服の着用は任意です。
-「It’s a clothing-optional event」
-> これは洋服の着用が任意のイベントです。

4: en masse(en masse)

「en masse」はラテン語で、大勢・全員一斉にという意味です。内閣総辞職は cabinet resignation en masse となります。英語にはラテン語の単語が多く取り入れられています。今回はよく省略されて使われている単語を紹介します。

– a.m. (Ante Meridiem):午前
– c.v. (curriculum vitae):総合的履歴書
– etc. (et cetera):その他
– e.g. (exempli gratia):
– lb (libra):ポンド(質量)

5: human-powered(ヒューマン – パワード)

「human-powered」は「clothing-optional」と同じく複合語です。でも、「human powered」と「human-powered」はどう違うの?この場合、複合語にしたのは勘違いを無くす為です。おまけで簡単な例を使って説明します。

■おまけ

ハイフン。これは英語が話せる人でもたまに「あれ?」となるみたいです。国や地域によって使い方が違ったり、更に個人レベルでも違う場合もあります。

基本的には複合語であればハイフンを入れます。では複合語って何?と思いますよね。複合語にするという事は、意味を明確にするというふうに考えましょう。
例文:「more important reasons」

皆さん、この文はどう訳しますか?追加の重要な理由、それともより重要な理由?「more」が「important」を修飾しているかどうか区別しにくいですよね。

解決法:
– 「more-important reasons」:より重要な理由
– 「more important reasons」:追加の重要な理由

2010年の Naked Bike Ride Vancouver のビデオはこちらから

原文はこちら -> World Naked Bike Ride Vancouver

Muneから今日の「英語ライフ」をお送りました。それではまた次回♪ 

英語ライフ
Topへ